月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

売れる商品説明文の書き方を解説!コツ・注意点・媒体別のテンプレートも公開

  
売れる商品説明文

『商品説明の文に書き方ってあるの?』
『商品名、色、サイズなど、基本的な項目だけで十分では?』

商品説明文の書き方にはコツがあります。
特にEC販売では、商品説明の文章で売上が変わってしまうこともあります。

EC販売を成功させるには、売れる商品説明文の書き方を習得する必要があります。

今回は、売れる商品説明文の書き方のコツと注意点を徹底解説いたします。
コラム記事の後半では、媒体別の商品説明テンプレートも公開していますので、ぜひご活用ください。

※今回のコラム記事で掲載している情報は、記事公開時点(2022年4月29日)のものです

売れる商品説明文の書き方【8つのコツ】

売れる商品説明文の書き方を紹介していきます。
コツは8つあります。

  • ペルソナを設定する
  • ベネフィットを伝える
  • わかりやすさを意識・要点を強調
  • SEOキーワードを盛り込む
  • 6W2Hの要素を盛り込む
  • 400文字前後にそろえる
  • 口コミ・レビューを引用する
  • 商品説明をほぼ書かない選択肢あり

ペルソナを設定する

売れる商品説明文を書く上でもっとも重視すべきは、ペルソナを設定することです。

ペルソナとは、自社の商品・サービスを好んで購入してくれそうな架空のユーザー像を指します。

ECサイトのような商用サイトの商品説明文は、不特定多数を対象にするのではなく、ペルソナをきちんと設定するほうが、よりターゲットに響く文章となりやすいです。

たとえば、キラキラ・ラインストーン付きのレディースピアスの商品説明を作成する場合、次のようなペルソナを設定してみます。

ペルソナの項目内容
年齢26歳
性別女性
職業大手企業のOL
年収350万
居住地関東近郊で1人暮らし
恋人彼氏あり
普段のライフスタイル・彼の仕事が忙しく月に1回しか会えない
利用シーン・クリスマスにきれいな私を彼に見てほしい
・ドレスアップ代は合計7千円ほどで抑えたい

上記の例のようにペルソナを綿密に設定し、ペルソナが惹きつけられそうな魅力的な文章を作成しましょう。

ベネフィットを伝える

売れる商品説明を作成するには、ベネフィットを伝えることを忘れてはなりません。

ベネフィットはメリットと混同されますが、それぞれの意味がことなります。
メリットはあくまで商品の特徴であり、ベネフィットは商品を購入することでユーザーが受けられる恩恵のことです。

前述したレディースピアスの例におけるベネフィットは『彼も惚れ直してくれるかも』という部分です。

ユーザーは、費用を使う対価を求めて商品の購入を決定します。
『自社の商品を購入するとこんなよいことがある』というペルソナの利用シーンを想定し、商品説明でユーザーのベネフィットを明確に提案してあげましょう。

わかりやすさを意識・要点を強調

売れる商品説明文を作成するには、わかりやすさを意識して要点を強調することも外せないポイントになります。

わかりやすさを文章で伝えるには、箇条書きをうまく活用することです。
商品名、品番、サイズ、色展開、バリエーション、素材など、誰の目から見ても一目で商品の特徴がわかるように意識しましょう。

商品のウリとなる部分の要点は、太字や囲いなどの文字装飾を使って強調すると、ユーザーにわかりやすく商品のよさをアピールできます。

SEOキーワードを盛り込む

商品説明文には、不自然でない程度にSEOキーワードを盛り込んでおくと検索対策に有利です。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大手ECモールでは、商品説明文のキーワードが検索対策に影響することはほぼありません。
しかし、自社ECサイトでは少なからずSEO効果が期待できます。

ただし、むやみにキーワードを詰め込みすぎると、検索エンジンであるGoogleからの評価を落としてしまいます。
あくまで適正な日本語の流れを意識し、不自然でない程度にキーワードを挿入しましょう。

6W2Hの要素を盛り込む

売れる商品説明文を作成するには、6W2Hの要素をくまなく盛り込むと、よりペルソナに響く文章に近づけます。

6W2H意味
6WWhen/いつ
Where/どこで
Who/誰が
Whom/誰に
Why/なぜ
What/何を
2HHow/どのように
How much/いくら

6W2Hを意識すると、前述した26歳・OLのペルソナに向け、以下のような商品説明文を作成できます。

商品説明文の例

12月(When)には「クリスマスっぽい」アクセサリー(What)が欠かせません。

でも、年末は何かと物入りなので、できればアクセサリー代は2,000円ほど(How much)に抑えたいもの。

「高見え」のラインストーン付きぶらさがりピアスなら、女子っぽさ抜群(Who)でクリスマスデート(Where)にもピッタリ(Why)。

セクシーかわいいモテピアスで、きっと彼(Whom)も惚れ直すはず!

400文字前後にそろえる

商品説明文の文字数は、400文字前後にそろえておくことが推奨されています。

400字を超えてもかまいませんが、あまりに長文だとユーザーが読むのも面倒になり、ECサイトを離脱されてしまう恐れにつながります。

商品名、キャッチコピー、サイズなど、必要な基本項目の挿入は必須です。
ただし、何がなんでも売りたい一心で、説明文が長すぎるのはさけましょう。

口コミ・レビューを引用する

口コミ・レビューを引用することも、売上アップにつながりやすい商品説明の作成方法です。

商品説明は、売り手が自社の商品を売るために懸命に説明している文章だと認知されているため、実際に商品を使った第三者の口コミ・レビューのほうが説得力が増します。

もちろん、商品説明欄に引用する口コミ・レビューは、ユーザーが商品に満足している内容のコメントであるに越したことはありません。

ただし、あまりにも不自然なほど商品を絶賛している口コミ・レビューを引用すると、怪しまれてしまうリスクもあります。
できる限りリアルで、自然な表現で商品を褒めてくれている口コミ・レビューを選びましょう。

商品説明をほぼ書かない選択肢あり

EC販売では、いっそのこと商品説明をほぼ書かない選択肢もあります。

そもそも、EC販売は画像が80%以上の要素を占めているといわれています。
画像ですべての情報が伝わるのであれば、商品説明を書くメリットが少ない見方があります。

特に、次のような要素にあてはまる場合は、気合いを入れて商品説明を長々書くメリットが薄い商品といえます。

  • 有名ブランド・メーカーの商品
  • 誰からも価格相場がわかりやすい商品
  • 定番の消耗品

「有名ブランド・メーカーの商品」は、良質な商品であることが一般に認知されているため、公式サイトと重複するような商品説明を長々と記載する意味が薄い商品です。

「誰からも価格相場がわかりやすい商品」や「定番消耗品」とは、ノーブランドのハサミやボールペン、ティッシュなど、価格相場や用途がわかりやすい商品のことを指します。

いずれも、画像だけでユーザーにどのような商品なのか想像付きやすいものばかりです。
自社が取り扱う商品ジャンルを目安に、商品説明の長さを使い分けましょう。

商品説明を書くときの注意点

商品説明を書くときには、次の5つの注意点があります。

  • 嘘・誇大表現をさける
  • 長すぎない
  • 競合他社と類似の説明はさける
  • デメリット・注意点も記載する
  • バリエーションの画像説明を挿入

嘘・誇大表現をさける

商品説明を書く上で一番の注意点は、嘘や誇大表現をさけることです。

販売者としては『何がなんでもでも商品を売りたい』という気持ちが先立ち、つい商品説明にオーバー目な表現を使いたい心境になります。

しかし、嘘や誇大表現を使って売った商品はあとでクレームとなり、悪い口コミ(悪評)につながりかねません。

販売者の顔が見えないEC販売では、口コミの内容が売上を左右するといっても過言ではありません。
安定して店舗の運営を継続するためにも、嘘や誇大表現に抵触する商品説明はさけるようにしましょう。

長すぎない

EC販売の商品説明文は、全体が長すぎないように調整することも肝心です。

販売者としては、商品の魅力を最大限伝えたいため『あれもこれも記載したい』という心境になりますが、ユーザー側にとって長すぎる文章は最後まで読む気がしなくなります。

販売者がせっかく丁寧な商品説明文を作っても、文章が長すぎるためにECサイトを離脱されては本末転倒です。
商品説明文の文字数は全体で400字、多くても500字以内を目安にまとめましょう。

競合他社と類似の説明はさける

競合他社と類似の説明は、できる限りさけることを意識しましょう。

同じような商品を比較検討しているユーザーにとっては、競合他社と似たような商品説明よりも、独自の商品説明が記載されている店舗に目を惹かれます。

競合他社より圧倒的に価格が安い場合は事情が変わりますが、似たような販売価格であれば、ユーザーにとってより有益な情報を提供できる店舗が有利となります。

商品説明の文言がなかなか浮かばない場合は、つい他社のまねをしたくなりますが、商品説明も「店舗の色」を打ち出す重要なプロモーションと考え、貴社ならではの独自性を打ち出すように心がけましょう。

デメリット・注意点も記載する

商品説明には、デメリットや注意点も記載しておくことも外せないポイントとなります。

ユーザー心理としては、どんな素晴らしい商品であってもメリットばかりでなく、デメリットとの両方の面から検証したいです。

たとえば、商品が海外製である場合は「日本製のように仕様が万全でないこともあります」と一言添えることで、あえてマイナス面を事前に告知してくれる信頼のおける販売者だとプラスの印象に変わることがあります。

そのため、商品説明文をよいことばかりで埋め尽くすのではなく、デメリットや注意点も記載してユーザーへの信頼獲得につなげていきましょう。

バリエーションの画像説明を挿入

商品に色や柄の展開がある場合は、個々のバリエーションの画像説明を記載しておくことも忘れてはなりません。

バリエーションの画像説明とは、出品商品に色や柄などのバリエーションがある場合、画像の何枚目が記載の色名、柄名に該当するのかを説明することです。

赤、黒、青など、明らかに誰の目から見てもわかる色展開であれば説明は不要です。
チャコールグレーやスモーキーピンクなど、独自に近い色名は画像を見ただけではユーザーを迷わせてしまう可能性もあります。

一方、バリエーションの画像説明を記載しておくことは、店舗側にとってもユーザーからの問合せの手間が削減されますので、忘れずに記載しておきましょう。

ECサイト向け商品説明文の書き方【媒体別】

ECサイト向けに商品説明文の書き方を、以下4つの媒体別に解説していきます。

  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • Amazon
  • 自社ECサイト

ヤフオク!

ヤフオク!

出典:オークファン出品テンプレート

ヤフオク!で出品する商品説明文は「オークファン」のテンプレートを利用するのがもっとも早い方法です。
オークファンは、商品の相場を検索できるサービスサイトです。

オークファンのテンプレートは、商品説明にカテゴリをクリックすると、各商品カテゴリ別に必須入力項目が自動で表示されます。

たとえば、カテゴリの「トップス」をクリックすると、サイズ、着丈、色、状態など、アパレルのトップスで入力すべき項目が表示されます。

基本項目以外では「新品・中古」のどちらかを記述し、中古であれば使用年数や商品の状態、使用用途も踏まえ、出品理由なども記述しておくと入札が入りやすくなります。

メルカリ

メルカリ

出典:【機能のご紹介】「いつもの説明」を簡単入力 !テンプレート機能をぜひお試しください

メルカリで出品する商品説明文は、メルカリのテンプレート機能を活用するのがもっともスタンダードな方法です。

中古商品が中心のメルカリでは、次のような項目が必須です。

  • 商品名
  • 定価
  • 素材
  • 重さ
  • 付属品・パッケージ有無
  • 商品の状態

おすすめコーディネートなど 最後に、メルカリでは注意事項を記載しておくことも忘れてはなりません。

個人間の中古商品取引が多いメルカリでは、新品であっても出品者が自宅にペットがいないか、喫煙者など、細かい条件を気にするユーザーがたくさんいます。

ペット飼育の有無、喫煙・非喫煙などの条件は明確に記載し、会社員で日中の対応ができない方は「日中はコメントが遅くなる」ことを記載しておくといいでしょう。

最後に、メルカリでは値下げ交渉が当たり前になっています。
値下げに応じてもよいと考えている場合は「お値下げをご希望の方はコメントください」と忘れずに記載しておきましょう。

Amazon

Amazonは、出店プランの小口出品と大口出品で商品説明文の書き方が変わります。

小口出品は、Amazonのカタログ上にある商品の「相乗り出品」という形式になるため、自身で商品説明文を作成することができません。

大口出品では、新規出品で商品説明文を作成する必要があります。

商品ベースでEC販売を行うAmazonでは、商品説明文を長々と書くよりも要点を端的に書くことが推奨されています。
具体的には、以下のような情報を箇条書きで明確に端的に記載しておきましょう。

  • 商品名
  • ブランド名・メーカー名
  • 品番
  • 定価
  • 素材
  • 重さ
  • 商品・付属品の状態(中古のみ)

商品に関する情報以外には、次のような出品者のアピールポイントを記載しておくことをおすすめします。

  • Amazon FBAの利用可否
  • 納期
  • 返品・返金可
  • 利用できる決済方法

FBA出荷の可否、納期、返品可否、決済方法などの情報は、Amazonでユーザーが購買する上で非常に気になる点です。
自身が対応できる内容を詳細に記載しておきましょう。

自社ECサイト

自社ECサイトの商品説明の基本項目は他媒体とほとんど同じですが、文章の作成には細心の注意を払う必要があります。

Amazonや楽天市場など、大手ECモールの出品者は商品説明が多少悪くても、媒体の信用力で商品が売れることがあります。
自社ECサイトは、商品説明に運営者の特性が如実に表れます。

言い換えれば、商品説明がよければユーザーからの信頼獲得、リピーター獲得につながるきっかけになります。
ただの作業として端的にすませるのではなく、心を込めて入念に作成しましょう。

自社ECサイトの商品説明は、商品名や寸法などの基本項目以外にも、運営者のプロならではの知識、アドバイスを挿入すると効果的です。

たとえば、革製品を専門にあつかう自社ECサイトであれば、革のお手入れの方法、洗濯方法、革製品が重くみえないコーディネートなど「プロだからこそ知っているミニ知識」を添えておきましょう。

使える英語の商品説明文テンプレート【越境EC向け】

ここでは、越境ECに使える英語の商品説明文のテンプレートをご紹介していきます。

英語の商品説明文は、日本語の商品説明文と記載する内容はほぼ同じです。

英語がよくわからない方でも翻訳ツールを使用して、以下の手順に従って英語の商品説明文を作成できます。

①商品名(キーワード)

まずは、商品名です。
商品名はSEO対策を含め、キーワードを盛り込みましょう。

商品の特徴を1単語ずつに区切って日本語で書き出し、英語に翻訳しながらキーワードを列挙していきます。

今回は、化粧品の海外通販を例にしてみましょう。
商品名に挿入するキーワードを1単語ずつ区切ると、次のようになります。

Dr. Sample, Organic, All-in-One Skin Care Lotion, 2 fl oz (59 ml)

  • Dr. Sample(ドクターサンプル/ブランド名)
  • Organic(オーガニック/商品の特徴)
  • All in One Skin Care Lotion(オールインワンスキンケアローション/品名)
  • 2 fl oz (59 ml)(2オンス59ml/サイズ・容量など)

商品名以外のキーワードが浮かばない場合は「Ubersuggest」などのツールを英語版で活用すれば、適正なキーワード候補を提示してくれます。

②商品説明

次は肝心の商品説明です。
商品説明は英語で「Description」ですので、商品説明文のタイトルとして記載しておきましょう。

次のような要素を盛り込み、英語で商品説明を作成していきます。

  • ブランド名・メーカー名
  • 品番
  • サイズ/ H(高さ)〇cm x W(幅)〇cm xD(奥行)〇cm
  • 商品の特徴
・All-in-One lotion that reduces the burden on the skin(肌への負担軽減になるオールインワンの化粧水)
・USDA Organic (USDAオーガニック)
・Certified Organic By: Oregon Tilth (オレゴンティルス・オーガニック商品認証済)

代表的な商品の特徴3~4点を端的に箇条書きにし、箇条書きした特徴について文章で説明します。

最後に商品を使うとどうなるのか、得られるメリットなどを記載します。
海外のユーザーは、長すぎる説明文はあまり好まれないため、端的にまとめて記載するほうがベストです。

③使い方

商品の使い方をユーザーに説明したい場合は「Suggested use」とタイトルを記入しましょう。

さまざまな国の方が閲覧する越境ECでは、手順①②のように箇条書きで、かつ短い文章で区切ると万人に伝わりやすくなります。

④注意事項

最後は注意事項です。
注意事項を記載しておきたい場合は「Warnings」とタイトルを記入します。

「Keep out of reach of children(お子様の手の届かないところに保管してください)」「Avoid contact with eyes(目の周りはさける)」など、購入に際し、ユーザーに注意しておきたいことを記載しましょう。

商品説明文を外注ライターに委託する場合の費用相場

商品説明文を外注ライターに委託したい場合、費用相場は以下のとおりです。

項目費用相場
専門業者・1商品:5,000円~10,000円
・最低発注総額:100,000円~
クラウドソーシング・1商品:1,500円~3,000円

商品説明文を外注ライターに委託する方法は、専門業者とクラウドソーシング(ランサーズ、クラウドワークスなど)が有力な選択肢となります。

専門業者に委託する場合の費用相場は、1商品あたり5,000円~1万円ほどです。
最低発注総額が10万円からの業者が多いことから、一定の商品数分をまとめて依頼することが前提です。

一方、クラウドソーシングを使う場合の費用相場は、1商品あたり1,500円~3,000円の間が多く、安価に依頼することができます。

専門業者よりもクラウドソーシングを使うほうが予算は各段に安価ですが、案件を請け負うライターはほぼフリーランスのため、途中放棄などのリスクを自社で負わなければなりません。

専門業者に委託すると費用は高額になりますが、途中放棄などのリスクは一切なく、打ち合わせ、企画、進行もプロが行ってくれます。

専門業者、クラウドソーシングのどちらを選ぶかは、費用とリスクのバランスをみて検討しましょう。

まとめ

今回は、売れる商品説明文の書き方のコツと注意点をお話させていただきました。

まとめますと、売れる商品説明文の書き方のコツは次の8つを抑えることです。

  • ペルソナを設定する
  • ベネフィットを伝える
  • わかりやすさを意識・要点を強調
  • SEOキーワードを盛り込む
  • 6W2Hの要素を盛り込む
  • 400文字前後にそろえる
  • 口コミ・レビューを引用する
  • 商品説明をほぼ書かない選択肢あり

商品説明を書くときの注意点は、以下の5つです。

  • 嘘・誇大表現をさける
  • 長すぎない
  • 競合他社と類似の説明はさける
  • デメリット・注意点も記載する
  • バリエーションの画像説明を挿入

「ヤフオク!」「メルカリ」「Amazon」などの新品と中古の両方が扱われている媒体では、商品の状態や使用年数などを詳細に記入しておきましょう。

自社で商品説明文の作成が難しい場合は、外部業者に文章作成を委託する選択肢があります。

商品説明文を外注ライターに委託する場合の費用相場は、以下のとおりです。

  • 専門業者:1商品あたり5,000円~1万円(最低発注総額は10万円から)
  • クラウドソーシング:1商品あたり1,500円~3,000円

商品説明文の書き方は、コツを抑えれば難しいことではありません。

特に自社ECサイトでは、商品説明文こそが自社の特性がハッキリと表れ、売上にも大きく影響します。
できる限り細心の注意払い、プロならではのアドバイスや知識の提供を心がけましょう。

ECサイト・ネットショップに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規