月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

WordPressにおけるトップページの編集方法や作り方を解説

  
トップページの編集方法と作り方

WordPressのデフォルトの設定では、トップページに投稿一覧が表示されます。
しかし、固定ページをトップページに設定することも可能です。

Webサイトにとって、トップページは看板や顔といえるものです。
トップページをオリジナリティのあるデザインにすれば、ユーザーに覚えてもらいやすくリピート率も上がります。

今回のコラム記事では、WordPressのトップページの編集方法について解説しています。
くわえて、トップページに必要な情報なども紹介しているので、トップページの作成でお悩みの方は必見です。

※今回のコラム記事で掲載している情報は、記事公開時点(2022年10月1日)のものです

WordPressのトップページとは

WordPressに限らず、トップページはそのWebサイトの看板です。
Webサイトの印象やイメージは、トップページによって大きく左右されます。

トップページとは、Webサイトのもっとも上位にあるページのことです。
トップページは「フロントページ」「ホームページ」と呼ばれることもあります。

WordPressでは、使用するテーマによってトップページのデザインやレイアウトが異なります。
トップページは、編集して自由にカスタマイズが可能です。

WordPressがデフォルトの状態では、トップページに最新の投稿一覧が設定されますが、固定ページを設定することもできます。

WordPressのトップページを編集するメリット

WordPressでトップページを編集するメリットは以下の2つです。

  • オリジナリティが出せる
  • 商品やサービスに合わせたレイアウトにできる

それぞれのメリットをくわしく解説します。

オリジナリティが出せる

WordPressのレイアウトやデザインは、テーマによって決定します。
同じテーマを使っていると、デザインやレイアウトが似るのも珍しくありません。

しかし、トップページをカスタマイズすることでオリジナリティが出せます。
オリジナリティが出せれば、ユーザーの印象に残ってリピート率が上がる可能性もあります。
また、ブランディングとしても効果を発揮するでしょう。

トップページをカスタマイズして、世界に一つだけのWebサイトにしましょう。

商品やサービスに合わせたレイアウトにできる

トップページをカスタマイズすることで、商品やサービスに合わせたレイアウトやデザインにできます。

WordPressの主な用途として、以下が挙げられます。

  • ブログ
  • コーポレートサイト(企業サイト)
  • ECサイト
  • 店舗やサービスを紹介したWebサイト
  • まとめサイト

WordPressはブログ以外にも、さまざまなWebサイトに使われています。
商品やサービスを紹介するWebサイトの場合、その商品に合った適切なレイアウトやデザインが求められます。

たとえば、食品を紹介するWebサイトなのに青色がメインでは食欲が湧きません。
紹介する商品やサービスの雰囲気に合わせたデザインが必要です。

WordPressなら、トップページをカスタマイズして商品やサービスに適切なデザインにカスタマイズできます。

WordPressのトップページに掲載すべき情報

WordPressのトップページに記載すべき情報は、以下のとおりです。

  • 何のWebサイトか
  • 何を提供しているか
  • どんな情報が掲載されているか
  • どんな特徴があるのか

どのような情報をなぜ掲載すべきなのか解説します。

何のWebサイトか

WordPressのトップページは、一目見ただけで何のWebサイトかわかることが必要です。

インターネットユーザーは、自分の求めている情報がそのWebサイトにあるかどうかを瞬時に判断します。
そのため、何のWebサイトかを明示する必要があります。

コーポレートサイトの場合は、以下のような対策をしましょう。

企業ロゴを目立つところに掲載する

何の企業なのか伝わるようにする

大きい画像やスライドショーでユーザーに訴求する

何を提供しているか

トップページには、何を提供しているのかを伝えることも重要です。

たとえば、コーポレートサイトの場合は業種のほかに、どのようなサービスを提供しているかわかるようにしましょう。
ECサイトや店舗のWebサイトの場合は、提供している商品のジャンルやサービスがわかるようにしてください。

なお、トップページだけで商品やサービスの内容をすべて伝えようとする必要はありません。
トップページは、各Webページを案内する役割があります。
そのため、商品やサービスの内容をくわしく掲載したWebページを作成して、そのWebページのリンクをトップページに設置するとよいでしょう。

どんな情報が掲載されているか

Webサイトの構成は多種多様です。
シンプルなコーポレートサイトもあれば、情報量やコンテンツが多いまとめサイトもあります。

どのような情報が掲載されているのかを伝えることは、とても重要です。
そのため、トップページにはユーザーが求める情報にたどりつきやすい仕組みを作りましょう。
内部リンクや検索窓、HTMLサイトマップなどを設置すると、ユーザーが情報にたどりつきやすくなります。

メインコンテンツやメニュー、ナビゲーション、フッターなどに情報をわかりやすく配置しましょう。

情報をできる限り整理し、ユーザビリティを高めましょう。

どんな特徴があるのか

商品やサービス、提供しているコンテンツの独自性や特徴などをアピールしましょう。

基本的にユーザーは複数あるサービスや商品を比較して、そのなかから選びます。
そのため、独自性や特徴のない商品やサービスは見向きもされません。

Webサイトのトップページで、提供しているサービスや商品の独自性を明確にしましょう。

固定ページをトップページに設定

WordPressで固定ページをトップページに設定する方法について解説します。
手順は、以下のとおりです。

表示設定

まず、WordPressの管理画面を開いて「設定」→「表示設定」をクリックします。

サンプルページ

「ホームページの表示」で「固定ページ」を選択し、トップページに表示する固定ページを選びます。
今回は「サンプルページ」をトップページに表示する設定です。

画面の一番下にある「変更を保存」をクリックすれば、トップページの変更は完了です。
トップページが変更されているかどうか、実際にアクセスして確認をしましょう。

固定ページの作成手順

トップページを固定ページに変更するためには、固定ページを新規作成することが必要です。
固定ページの作成手順について解説します。

新規追加

まず、WordPressの管理画面から「固定ページ」→「新規追加」を開きます。

タイトルとコンテンツを入力

新規固定ページを追加する画面が表示されますので、固定ページのタイトルとコンテンツ内容を入力してください。

URLを変更

タイトルとコンテンツ内容を入力したら、URLスラッグを変更しましょう。
URLスラッグとは、パーマリンクになる部分の文字列のことです。
日本語のURLスラッグはエンコードされて長くなるので、半角英数字で入力してください。

URLスラッグは、画面右側の「固定ページ」タグで表示されます。

テンプレートを選択

テンプレートがいくつかある場合は、適用するテンプレートも選択しましょう。

最後に画面右上の「公開」をクリックして固定ページを公開してください。
これで固定ページの新規作成が完了しました。

関連記事

固定ページの使い方や設定しておきたいポイントなどは、以下のコラム記事で解説中です。

WordPressの固定ページとは?使い方・作成方法を徹底解説

トップページに表示させるコンテンツの設定方法

固定ページをトップページに設定したら、次はトップページに表示させるコンテンツの設定です。

トップページに表示させたいコンテンツを挙げると、以下になります。

コンテンツ内容

コンテンツ説明
グローバルナビゲーションメニューの一種で、ヘッダー内に配置されている
フッターメニューメニューの一種で、フッター内に配置されている
サイドバーメインコンテンツのエリアと区別された領域のことで、左や右に配置される

「グローバルナビゲーション」「フッターメニュー」は、WordPressのメニュー機能で作成ができます。

「サイドバー」は、WordPressのウィジェット機能で作成ができます。

メニューの設定

メニューを編集

グローバルナビゲーションやフッターメニューの作成は、WordPressの管理画面から「外観」→「メニュー」でできます。

メニューを作成

次に「メニュー構造」の「メニュー名」に好きな名前を入力します。

「メニュー設定」では、必要な項目にチェックをしましょう。
「メニューの位置」に関しては、テーマによって設定できる項目が異なります。
グローバルナビゲーションまたは、フッターメニューのいずれかに該当する項目にチェックを入れましょう。

※グローバルナビゲーションとフッターメニューは別々に作成してください

今回はグローバルナビゲーションを作成するために「デスクトップ水平メニュー」「モバイルメニュー」にチェックを入れました。
必要な設定が終わったら「メニューを作成」をクリックしてください。

メニューに追加

続いて、作成したメニューに追加したいページを追加していきます。
画面左側にある「メニュー項目を追加」から、追加したいページにチェックをして「メニューに追加」をクリックしましょう。

メニューを保存

メニューを追加したら、画面右下にある「メニューを保存」をクリックして保存してください。

追加したメニューは、ドラッグ&ドロップで自由に順番を変更できます。

ポイント!

WordPressのメニュー機能でフッターメニューを作成できない場合は、後述するウィジェット機能を利用しましょう。

ウィジェットの設定

※旧ウィジェット(バージョン5.8より前)の設定画面で解説をしています

ウィジェット

サイドバーの設定は、WordPressの管理画面から「外観」→「ウィジェット」を選択してください。

ウィジェットを追加

「利用できるウィジェット」から、サイドバーに配置したいコンテンツを選択して「サイドバー」→「ウィジェットを追加」と進んでいきます。
今回はウィジェットの「固定ページ」をサイドバーに追加しました。

サイドバー

画面右にある「サイドバー」に先ほど追加したウィジェットが追加されているはずです。

そのほか、サイドバーに追加したいコンテンツがあれば、同じ手順で行いましょう。

ちなみに、ウィジェットの「固定ページ」は特定の固定ページを除外することもできます。
ウィジェットを配置したら、Webサイトで表示されているかどうか確認しましょう。

WordPressのトップページを編集するプラグイン

WordPressのトップページを編集するプラグインを2つ紹介します。

  • Elementor Website Builder
  • Landing Page Builder

Elementor Website Builder

Elementor Website Builder

出典:Elementor Website Builder

Elementor Website Builderはトップページや固定ページ、投稿のレイアウトを自由に変更できるプラグインです。
HTMLやCSSの知識がなくても、ドラッグ&ドロップだけでトップページや固定ページをカスタマイズできます。

「動画を入れる」「見出しを追加」「画像を左右に配置」「スライドショーの挿入」「カレンダーを設定」など、さまざまなことが可能です。

かなり高機能なプラグインですが、無料で提供されているため気軽に利用できます。
日本語に対応しているのも嬉しいポイントです。

Landing Page Builder

Landing Page Builder

出典:Landing Page Builder

Landing Page Builderは、Webサイト内にランディングページ(LP)を簡単に設置できるプラグインです。
テーマデザインに左右されない固定ページを作れるため、トップページの作成にも使えます。

Landing Page Builderではデザインテンプレートを配布しており、好みのテンプレートを利用することが可能です。
カスタマイズはドラッグ&ドロップだけで行うことができ、レスポンシブデザインにも対応をしています。

WordPressのおしゃれなトップページ

WordPressで作成された、おしゃれなトップページを3つ紹介します。

isuta

isuta

出典:isuta

isuta(イスタ)は「私の“好き”にウソをつかない。」がコンセプトの女性向けWebメディアです。

シンプルなデザインと、アイキャッチ画像を大きめに使った記事の配置で高いユーザビリティを実現しています。
カフェやファッション、占い、旅行など、さまざまな情報を毎日発信されています。

Webメディアや女性向けWebサイトは、isutaのデザインを参考にするとよいでしょう。

LIG

株式会社LIG(リグ)

出典:株式会社LIG(リグ)

株式会社LIG(リグ)は、コンサルティングやシステム開発、Web制作を中心に展開している企業です。

Webサイトのトップページを開くと、全画面の動画が表示されて大きなインパクトを与えます。
黒を基調とした配色はクールでおしゃれです。
1カラムのレイアウトになっているため、スマートフォンでとても見やすいことが特徴です。

コンテンツ量の少ないコーポレートサイトを作るとき、参考にしたいトップページです。

webクリエイターボックス

webクリエイターボックス

出典:webクリエイターボックス

webクリエイターボックスは、個人で運営されているWebデザイン系ブログです。

オリジナリティがあるのにシンプルなデザインが特徴です。
レイアウトは2カラムとオーソドックスなので、いろいろなWebサイトに応用が利くでしょう。

ブログのデザインに困ったら参考にしてみましょう。

まとめ

WordPressのトップページの編集方法について解説しました。

トップページは、Webサイトの看板であり顔です。
デザインによってWebサイトの印象は大きく変わります。

オリジナリティがあり、提供している商品やサービスに合ったデザインが求められます。

HTMLやCSSの知識がない方は、テーマやプラグインを活用してトップページをデザインするのがおすすめです。

ユーザビリティとオリジナリティあふれるデザインを目指しましょう。

WordPressに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規