お役立ちコラム

Classic WidgetsでWordPressのウィジェットを以前の表示に戻す方法

  
ウィジェットの表示を戻す方法

WordPressのバージョン5.8以降、ウィジェットにはブロックエディタが導入されました。

ブロックエディタのウィジェットは画期的なUIですが、使いづらいという声も大きいです。

『ウィジェットの設定画面を以前の状態に戻す方法はないの?』
『簡単に戻せるプラグインは?』
『クラシックウィジェット画面の使い方を教えてほしい』

今回のコラム記事では、上記のような疑問に答えます。
WordPressのバージョン5.8以前のウィジェット画面に戻して、快適な操作を実現しましょう。

※今回のコラム記事で掲載している情報は、記事公開時点(2022年11月30日)のものです

WordPress5.8からブロックエディタのウィジェットに変更

WordPressのバージョン5.8は、2021年7月20日にリリースされたメジャーアップデートです。

バージョン5.8のアップデートでは、WordPressの管理画面にあるウィジェットに大幅な変更がありました。
ウィジェット画面のUIが、ブロックエディタに変更されたのです。

ウィジェット

上記の画像は、従来のウィジェット画面です。
WordPressのバージョン5.8以降は、以下のようなウィジェット画面になりました。

新しいウィジェット

ウィジェット画面の変更に伴い、使い方も大きく変わっています。

また、細かい点ですが「新規投稿」の表示件数が、デフォルトの5件から変更できないといった不便な点もみられます。

以前のウィジェット画面に戻す方法

WordPressのバージョン5.8で実装されたブロックエディタのウィジェットですが、使いづらい方のために、以前のウィジェット画面に戻す方法を解説します。

以前のウィジェット画面に戻すには、2通りの方法があります。

  • Classic Widgetsをインストールする
  • functions.phpでブロックエディタのウィジェットを無効化

Classic Widgetsのインストール方法

WordPress5.8以前のウィジェット画面に戻すもっとも簡単な方法は、Classic Widgets(クラシックウィジェット)というプラグインをインストールすることです。

プラグインの追加

Classic Widgetsをインストールするには、WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

次に、画面の右上にある検索窓に「Classic Widgets」と入力をします。
Classic Widgetsが表示されたら「インストール」をクリックしましょう。

インストールが完了したら「有効化」をクリックして有効化してください。

Classic Widgetsに設定はなく、有効にするだけでウィジェット画面が以前のバージョンに戻ります。

functions.phpでブロックエディタのウィジェットを無効化

functions.phpを書き換えることで、以前のウィジェット画面に戻すこともできます。

functions.phpでウィジェットブロックエディタを無効化する場合は、子テーマの利用を強くおすすめします。
親テーマだと、テーマの更新によって変更が上書きされるからです。

functions.phpには、以下のソースコードを記入して保存しましょう。

function remove_widgets_block_editor() {
remove_theme_support( 'widgets-block-editor' );
}
add_action( 'after_setup_theme', 'remove_widgets_block_editor' );

なお、子テーマはChild Theme Configuratorというプラグインを利用すれば、数分で簡単に作成できます。

関連記事

Child Theme Configuratorの使い方は、以下のコラム記事で解説中です。

WordPressの子テーマをプラグインで簡単作成!【初心者おすすめ】

Classic Widgetsの使い方

Classic Widgetsの使い方を解説していきます。

追加

追加

ウィジェットをウィジェットエリアに追加するには、追加したいウィジェットをドラッグ&ドロップしましょう。

なお、下のほうのウィジェットをスクロールしてウィジェットエリアに追加するには、ドラッグの最中に上部の画面外にカーソルを移動させてください。
すると、ウィジェットをドラッグした方向に画面がスクロールされます。

編集

ウィジェットの編集できる内容は、各ウィジェットによって異なります。

編集

たとえば、ウィジェットの「カスタムHTML」だと、タイトルと入力欄が表示されます。

カスタムHTML

ウィジェットの「最近の投稿」では、ウィジェットタイトルと表示件数の設定が可能です。

各設定やウィジェットのタイトルを編集したら「完了」をクリックして保存しましょう。

並べ替え

ウィジェットの並べ替えは、並べ替えたいウィジェットをドラッグ&ドロップして、並べ替えたい場所にもっていきましょう。

ウィジェットエリアのある場所なら、どこにでも移動できます。

削除

削除

ウィジェットの削除は「削除したいウィジェット」→「削除」の順でクリックしてください。

なお、削除してしまうとウィジェットの設定もすべて消えてしまいます。

設定を保存しつつウィジェットエリアから削除したい場合は「使用停止中のウィジェット」を利用しましょう。

「使用停止中のウィジェット」は、ウィジェット画面の左側最下部にあります。
ドラッグ&ドロップで使用停止したいウィジェットを移動させましょう。

アクセシビリティモードの有効化・無効化

Classic Widgetsの画面には、アクセシビリティモードがあります。

アクセシビリティモードとは、ウィジェットの操作方法を変更するための仕組みです。

ウィジェットを操作

アクセシビリティモードが無効だと、ドラッグ&ドロップでウィジェットを操作できます。

アクセシビリティモードを有効にする

ウィジェット画面の右上にある「アクセシビリティモードを有効にする」をクリックすると「追加」「編集」などでウィジェットの操作ができるようになります。

まとめ

Classic Widgetsというプラグインを中心に解説しました。

2021年7月20日にWordPressのバージョン5.8がリリースされ、ウィジェットの画面が大きく変更になりました。

WordPressのバージョン5.8から採用されたブロックエディタのウィジェットは、まだまだ使いにくいとの声もあります。

ブロックエディタのウィジェットが使いにくい場合、Classic Widgetsを使って以前のウィジェット画面に戻すのがおすすめです。

Classic WidgetsはWordPressが公式にリリースしているプラグインで、インストールして有効化するだけで以前のウィジェット画面に戻せます。

快適にWordPressを利用するためにも、Classic Widgetsを活用するとよいでしょう。

WordPressに関する記事

ビズサイのホームページ制作で集客・収益アップ!

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規