E-A-Tを高める方法11選+a!SEO対策にもたらす効果や関係性を解説

      
E-A-Tを高める方法11選+a

Googleがコンテンツの評価基準として重視している「E-A-T」。

Webサイトを検索結果の上位に表示させるためには、E-A-Tの理解を深める必要あります。

『そもそもE-A-Tってなに?』
『E-A-T評価を高めるSEO対策の方法は?』

と悩むWebサイト運営者様向けに、今回のコラム記事ではE-A-Tの定義やSEOにもたらす効果、それぞれを高める対策方法について詳しく解説していきます。

12通りの対策方法をお伝えするので、導入できるものから手を付けてSEOの最新トレンドといえる「E-A-T」を制覇しましょう。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の3つの用語の頭文字をとった略語です。

Googleは、コンテンツを評価する際にE-A-Tを重視していることを公表しています。

有益な目的を持つページについては、専門知識の量、権威性、および信頼性(E-A-T)はとても重要です。

引用:GeneralGuideline

正しくE-A-Tを理解していなければ、効果的なSEO対策をするのは難しいでしょう。

また下記をみると、E-A-Tの重要度が圧倒的に高いことが読み取れます。

最高品質のページは、有益な目的を提供し、その目的が正しく達成できるように作られています。高評価〜最高評価は、MC(メインコンテンツ)の質と量、および評判とE-A-Tのレベルに基づいています。
何がページを最高品質にするのでしょうか? 付け加えるなら、高品質、最高品質のページは次の特性の1つ以上を満たさなければなりません。

・高度の専門知識、信頼性、および信頼性(E-A-T)
・十分な量のある、高品質なメインコンテンツ
・そのメインコンテンツのあるWebサイトに対する肯定的な評判

引用:GeneralGuideline

つまり、検索結果の上位を獲得するためには「Webサイトの評価」「コンテンツの質と量」「E-A-T」の3つを極める必要があるのです。

GoogleにE-A-Tが推奨されている理由

Googleがコンテンツにおける評価基準の最重要項目に「E-A-T」を掲げている理由は、Webサイトの信ぴょう性が低いことでユーザーに悪い影響を及ぼすからだと考えられます。

とくに生活やお金に関するジャンル「YMYL」は、正しく信頼性のある情報のみ検索結果に表示されなくてはなりません。

そのため専門性・権威性・信頼性といった3つの項目で厳しく審査できる「E-A-T」を導入したのです。

専門性(Expertise)

専門性は、Webサイトのテーマにおける専門性の高いコンテンツがGoogleから評価を得られます。

つまり、テーマやジャンルが幅広い「雑記サイト」よりも、ひとつのテーマやジャンルにした「特化型サイト」の方が高く評価されるということです。

そのジャンルにおける専門知識を持った人がコンテンツを作成していたり、監修したりしていればなおさら専門性が高くなります。

たとえば、トレーニングジムのWebサイトを一般人が執筆するよりもトレーナーが執筆をした方が専門性が高くなるでしょう。

では、もしあなたが今『保険に加入した方がいいのかな?』と悩んでいる場合、どちらのコンテンツを選ぶでしょうか。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

A 一般の主婦がおすすめの保険についてまとめたコンテンツ
手芸や育児に関するさまざまなジャンルのWebサイト
B ファイナンシャルプランナーがおすすめの保険についてまとめたコンテンツ
金融に特化された専門サイト

大半の人が「B」の専門知識を持ったファイナンシャルプランナーが作成したコンテンツを選ぶはずです。

このようにGoogleから優れた評価が得られるだけでなく、ユーザーにとっても専門性の高さは重要なポイントとなります。

  • 一次情報の発信(オリジナル性が高い)
  • 最新の専門用語が正しく使われている(有資格者による発言)
  • 著者・監修者が明記されている

権威性(Authoritativeness)

権威性では、コンテンツを誰が作成したのかということが問われます。

たとえば、肩こりの原因に関するコンテンツにおいて、Googleは医師ではないので正しい情報であるかが判断できません。

ですので「医師や整骨院の先生が執筆した」という事実があれば、高く評価を付けるのです。

バストアップの方法についてのコンテンツでは、素人が「このナイトブラがおすすめ」といった情報よりも、バストアップ専門のエステティシャンが専門的に解説している方が正しい情報だと認識します。

実際に、検索結果の上位を医療機関や公的機関など専門性が高いWebサイトが独占しているように、権威性の低いコンテンツは勝ち目がないことが分かります。

権威性は、専門的なスキルや知識、Webサイトの運営歴などの必要となってきます。

しかし、素人でも権威性の高いWebサイトを構築できる対策法もお伝えするので押さえておきましょう。

  • Webサイトの認知度・運営者の知名度
  • その分野における有名な人の発言
  • 受賞歴やメディア実績が豊富

信頼性(Trustworthiness)

信頼性は、ユーザーがコンテンツ内容を信頼できるかが問われます。

実在する人物がコンテンツを作成しているのかをGoogleはチェックしているようです。

たとえば、Webサイトでプロフィールを公開していたり、SNSで定期的に専門的な発信をしていたりすれば信頼性が高くなるでしょう。

なお、商品やサービスのレビューを公開する際には、ウソの情報をまとめるのではなく信ぴょう性の高いリアルな声を掲載しなければなりません。

Googleは、情報の引用元までリンクを辿ってチェックしているので、どこから得た情報なのかを明記しましょう。

  • 運営者情報・各種ポリシーの充実
  • ネット上で高く評価を得ている
  • 公的機関・医療機関などからの被リンク
  • 情報源が明示されている(一次情報)

E-A-TとSEOの関係性

E-A-TはSEOに大きな影響を与えるので、Webサイトを検索結果の上位に表示させたい方は理解を深めておきましょう。

E-A-Tは、Googleが公開している「品質評価ガイドライン(GeneralGuideline)」のなかでも重要性の高い分野です。

有益な目的を持つページについては、専門知識の量、権威性、および信頼性(E-A-T)はとても重要です。

引用:GeneralGuideline

とくに、人のお金や人生を左右する可能性をもつ「YMYLジャンル」は、E-A-Tを徹底する必要があります。

そもそも品質評価ガイドラインとは、GoogleがWebサイトの評価をする際に参考にしている資料のことです。
2015年に一般公開されるまでは、内部資料として非公開でした。

品質評価ガイドラインに沿ってWebサイトを構築すれば、必然的にGoogleから高い評価を得られるはずです。

すべて英語表記ですので、和訳する必要がありますがSEOを制するためには熟読した方がいいでしょう。

YMYLの対象ジャンルは要注意

YMYLとは「お金と人生」に関わるジャンルのことを指しています。

お金と人生に関わるジャンルは、人の生命にまで影響を与える可能性があるため、Googleは厳しく評価基準を設けていると公表しました。

低品質のYMYLページは潜在的に人の幸福、健康、経済的安定、または安全に悪影響を与える可能性があるため、YMYL領域のページ品質評価基準は非常に高くなっています。

引用:GeneralGuideline

具体的には、ユーザーがオンライン上で決済を行うWebサイトや病気、健康に関するWebページがあげられます。

YMYLは主に6つのジャンルに分けられています。

関連記事

YMYLのジャンルやSEOに効果をもたらす対策法について詳しくは、以下のコラム記事をご覧ください。

YMYLとは?6つの対象ジャンルとSEOに効果的な対策法

E-A-Tを高める方法11選

「専門性・権威性・信頼性の3つを高める」といわれても具体的にどのような対策をすればいいのか分からない方も多いはずです。

ここではE-A-Tを高める12通りの対策法を解説するので、できる範囲で実施してみましょう。

【その①】テーマに特化した専門性の高いサイトを作る

ひとつのテーマに絞った「特化型サイト」の方が専門性が高くなりやすいです。

さまざまなジャンルを網羅した「雑記サイト」は、特化型サイトよりもブレやすく専門性が低くなりやすい傾向にあります。

というのも、特化型サイトは基本的に3〜5つほどのカテゴリを用意し、ひとつのカテゴリ内に多くの記事が投稿されるためひとつのカテゴリが強化されやすくなるのです。

Googleは「ひとつのカテゴリ内に大量の記事がある=専門性が高い」と認識します。

一方、雑記サイトは複数のカテゴリに記事を投稿していくので、ひとつのカテゴリ内に記事が集まりにくくなります。

例をあげるのであれば、下記の2パターンのWebサイトをご覧ください。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

女性の美容サイト 肌ケア・ボディメイク・エイジングケア・バストケア・メンタルケアといった複数のカテゴリに分類されます
バストアップ専門サイト 貧乳・垂れ乳・離れ乳などバスト全般について3~4つ程度のカテゴリに分類されます

E-A-Tを考慮すると専門性の高さが重要ですので、後者のバストアップ専門サイトのような特化型サイトを構築した方がいいでしょう。

カテゴリ数の多少にかかわらず、ユーザーにとって専門性の高いWebサイトの方が安心してコンテンツを読むことができるはずです。

【その②】経験に基づいたコンテンツを作成する

経験に基づいた情報を記載することで、オリジナリティのあるコンテンツに仕上がります。

Googleは、ほかのコンテンツと内容が被っていることが発覚すると評価を下げてしまうので、オリジナリティを前面にアピールしましょう。

たとえば転職サイトを運営しており、自分が経験した求職活動について執筆すればオリジナリティが高まります。

E-A-Tでいうと「信頼性」に大きく関わってきます。

コンテンツに必要な情報に交えて、自分の観点から経験をプラスアルファで記述するといった一工夫が重要です。
もし、自分の経験したことがない分野であれば専門家にコメントをもらったり、監修をお願いしたりしてE-A-Tを高めましょう。

その場合、専門家のプロフィール欄をコンテンツ内に設けたり、SNSや公式サイトのリンク付けをしたりするなどの裏付けが必要です。

【その③】著者・運営者情報を明記する

著者や運営者情報があいまいなWebサイトは「E-A-Tが低い」と認識され検索結果の上位表示が難しくなります。

Googleの検索品質評価ガイドラインでは、下記のように記述されています。

すべてのページはWebサイトに属しており、以下について明確である必要があります。

・Webサイトの責任者(個人・会社・ビジネス・財団など)
・評価対象のページのコンテンツを作成した人物(個人・会社・ビジネス・財団など)

引用:GeneralGuideline

Googleは「誰が運営しているWebサイトであるか」「誰が執筆したコンテンツなのか」という2点をチェックしています。

そのため下記のような対策をして、Googleだけでなくユーザーにも安心感を与えられるWebサイトを運営しましょう。

  • 運営者のプロフィールページを設置する
  • 著者のプロフィール欄(実績・経歴)を設ける
  • 著者のSNSや公式サイトがあればリンク付けをする
  • Webサイト運営者に連絡をするための問い合わせページを設置する

問い合わせページ内には、電話番号・メールアドレス・住所などを明記すると、なお信頼性が高まるでしょう。

【その④】WHOIS情報を明記する

WHOISとは、登録ドメイン名・ドメイン契約者の名前・住所などの情報をユーザーが参照できるサービスのことです。

つまりWebサイトの運営者情報(個人情報)をユーザーがいつでも観覧できるようになります。

利用しているトップレベルドメイン(.comや.jpなど)によってWHOIS情報の公開内容がことなりますが、基本的には下記の内容が表示されます。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

ドメイン名 ドメインの名前
有効期限 ドメインの有効期限
状態 ドメインの状態
ネームサーバー ドメインのネームサーバー情報
登録者メールアドレス ドメインの契約担当者のメールアドレス
管理担当者メールアドレス ドメインの管理担当者のメールアドレス
登録年月日 ドメインを取得(契約)した日
レジストラ ドメインの管理組織

Googleは、WHOIS情報の公開状況も把握できるので、詳しく専用ページを設置することで信頼度が高まります。

企業情報であれば、WHOIS情報の公開に抵抗がないかもしれませんが個人であれば「WHOIS情報公開代行」を検討すると良いでしょう。

【その⑤】SSL化を導入する

SSL化を導入することで、ユーザーとサーバーの間で起こりうるトラブルを回避できます。

そもそもSSL化とは、WebサイトのURLの先頭にある「http」が「https」に改善したことを指しています。

「https」は、データ通信が暗号化されるので、セキュリティが強化されている状態です。

個人情報保護のためにもWebサイトの運営者は全ページをSSL化して、ユーザーへ安心を与える必要があります。

実際に海外の(MOZ)調査によると、2020年秋にはGoogleの検索結果上位にはSSL化されたWebサイトが98%を占めていると発表しました。

全WebサイトでSSL化を直ちに導入すべきですが、とくにオンライン決済を採用しているECサイトであればSSL化は必須です。

【その⑥】自然な被リンクが集まっている

ユーザーにとって有益な情報であれば、自然と被リンクが集まります。

ユーザーが「拡散したい」「自分の周りの人にも伝えたい」と思えるようなコンテンツ作りを心がけましょう。

Googleが無料で提供するガイドライン「Google検索セントラル」では、下記のように記述されています。

さらに、サイトの所有者によりページの編集時に配置されていないリンクや保証されていないリンク(不自然なリンク)を作成することは、Google のガイドラインへの違反と見なされる場合があります。

引用:リンクプログラム

つまり、ブラックハットなSEO対策として行われていた「偽装被リンク」を集める手法は通用しないということです。

「ユーザーが心から求めている情報を提供する」ということを第一に考えてコンテンツを作成すれば自然な被リンクが集まるでしょう。

【その⑦】信ぴょう性の高いWebサイトから引用・参照をする

E-A-Tの信頼性にあたる部分に、信ぴょう性が高いWebサイトから情報を収集することがあげられています。

信ぴょう性が高いWebサイトとは、公的機関や医療機関が発表しているデータなどを指します。

また引用する場合は「引用タグ」で囲み、引用元をリンク付けするようにしましょう。

個人ブロガーや口コミサイトの評価を引用しても信頼性を高めることはできないので、控えた方がいいかもしれません。

【その⑧】記事の公開日・更新日を公開する

すべての記事の公開日・更新日をWebページ内に記載するようにしましょう。

これは、GoogleのE-A-T評価を高めるだけでなくユーザーにとっても有益な情報となります。

『この情報って古いのかな?』『今も通用するの?』といった疑問や不安を解消することができます。

公開日・更新日の記載例(記事一覧ページ)

「記事一覧ページ」と「各Webページ内の上部」に投稿日を表示させるとユーザーファーストです。

公開日・更新日の記載例(各Webページ)

なお、各Webページには更新日まで表示させておけば新しい情報であるかが把握できます。

検索結果での日付情報の表示例

出典:Provide a publication date to Google Search

適切に日付情報を登録できればGoogleの検索結果に表示されるので、ユーザーの目に留まりクリック率の向上につながります。

【その⑨】記事を定期的に更新する

古い情報は、誤っている可能性があるので定期的に更新する必要があります。

例を挙げると、GoogleのSEO対策における情報もこれまで何度もアップデートされてきました。

SEO以外にも現在はまかり通っている情報が数日後には、誤った情報になってしまうかもしれません。

ですので、定期的にコンテンツ内容を見直して修正したり、追記したりしましょう。

最新情報を追ってコンテンツに反映するようにしなければ「古い情報が公開されているWebサイト=信頼性が低い」と認識されます。

とくに評価基準が厳しいYMYLジャンルでは、新規投稿されたWebページがインデックスされなくなったり、Webサイト全体の評価が下がったりするので注意が必要です。

【その⑩】検索キーワードを意識する

E-A-Tの評価を意識し過ぎて専門用語がずらりと並ぶ、堅苦しいコンテンツにならないように気を付けましょう。

とくに専門性や権威性をアピールするために難しいキーワードを使ってしまうと、ユーザーに抵抗感を与えます。

たとえば、トレーナーが執筆していることを前面に押し出すために下記のような文章を作ってしまうとユーザーは読解力が必要になるでしょう。

筋トレの効果を発揮させるには週に3回の頻度で取り組みましょう。なぜならば、筋繊維がダメージを受けて超回復できなくなるからです。

サッと読めることが最大の魅力であるネットの情報に、読解力が必要な文章は好まれません。

ユーザーの離脱率が高まり、Webサイト全体の評価が下がるので専門用語はかみ砕いて分かりやすくするべきです。

かりに専門用語を記載するときは、分かりやすい解説を添えて、斜め読みでも理解できる文章を心がけましょう。

ユーザーが検索するときにどのようなキーワードを使うのかを考えて、ユーザーファーストなコンテンツを作ることが重要です。

【その⑪】一次情報のコンテンツを作成する

Googleは、公的機関や医療機関のデータなど「一次情報を信頼する」と述べています。

また、専門家や医師が記載する一次情報もGoogleから高く評価を受けているようです。

ただし専門家や医師でなくても一次情報を記載することはできます。

たとえば、自身が経験した体験談をもとに執筆する情報は一次情報に分類されます。

ですので、コンテンツを作成する際には経験したことを自分の言葉で発信するといいでしょう。

さらにE-A-Tを高めるテクニック方法

ここまで解説してきた「E-A-Tを高める方法」に加えてプラスアルファで実践すべきポイントを2つお伝えします。

  • Googleマイビジネスの運用
  • Googleマイビジネスの口コミ管理

ではひとつずつ見ていきましょう。

【その⑪】Googleマイビジネスの運用

Googleマイビジネスとは、Googleが無料で提供しているビジネスツールです。

Googleマイビジネスに登録するためには、Google独自の審査を通過する必要があります。

Googleマイビジネスが運用できている時点で、すでに一定基準の信頼性の高さが確保されるといえるでしょう。

【その⑫】Googleマイビジネスの口コミ管理

Googleは、さまざまな評判を集めてWebサイトを評価しています。

SNSやGoogleマイビジネスの口コミをクローラーというロボットが巡回し、評判を集めて検索結果に反映します。

Googleマイビジネスは、一般ユーザーからの評判が集まりやすいので、導入してコメントにも丁寧に返信するといいでしょう。

ユーザーとの頻繁なコミュニケーションをとっているWebサイト運営者は、信頼性が高いとGoogleに認識されること間違いないでしょう。

まとめ

今回のコラム記事は、E-A-Tの定義、SEOにもたらす効果、E-A-Tの評価を高める対策方法についてまとめました。

E-A-Tは「どれか一つを高めればいい」というわけではなく、3つの要素をすべて満たすコンテンツがGoogleから高く評価されます。

最後にE-A-Tを高める対策法について表にまとめたので、Webサイトの運営に役立てて頂けると幸いです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

E-A-T 対策法
専門性 ひとつのジャンルに特化したWebサイトにする
専門家による監修や執筆
一次情報の発信(経験や体験に基づいたコンテンツ)
権威性 運営者名・著者名などの情報公開
専門性の高いWebサイトからの被リンク・評価
SNSなどの知名度
信頼性 会社情報の明示
コンテンツの公開日・更新日を記載
定期的に更新する(最新情報の公開)
公的機関・医療機関の一次情報から引用(情報源を記載)
WHOIS情報の公開
WebサイトのSSL化

E-A-Tを高める主な方法は以下の通りです。

  1. テーマに特化した専門性の高いサイトを作る
  2. 経験に基づいたコンテンツを作成する
  3. 著者・運営者情報を明記する
  4. WHOIS情報を明記する
  5. SSL化を導入する
  6. 自然な被リンクが集まっている
  7. 信ぴょう性の高いWebサイトから引用・参照をする
  8. 記事の公開日・更新日を公開する
  9. 記事を定期的に更新する
  10. 検索キーワードを意識する
  11. 一次情報のコンテンツを作成する

上記に加えて、E-A-Tを高めるためにやっておきたい対策は以下の通りです。

  • Googleマイビジネスの運用
  • Googleマイビジネスの口コミ管理

E-A-Tは、SEOにおいて重視すべき項目の一つですので、人に説明できるくらい理解を深めておきましょう。

SEO対策に関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)

完全無料制作 2021年4月1日 受付開始!先着500件限定