月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

会社概要ページの書き方を法人・個人事業主別に徹底解説

  
会社概要ページの書き方

コーポレートサイトにある会社概要は、頻繁に閲覧されるコンテンツです。
これからコーポレートサイトを開設する場合、会社概要の正しい書き方を理解する必要があります。

しかし、いざ会社概要のコンテンツを作成するうえで、

『会社概要の必要性がわからない』
『会社概要の正しい書き方が知りたい』
『会社概要を書くときの注意点が知りたい』

上記のような課題が生じるかと思います。

今回のコラム記事では、企業の担当者様へ向けて「会社概要の目的と役割」「法人・個人事業主別の正しい書き方」「書き方のポイント」を紹介しています。

会社概要ページの目的と役割

はじめに、会社概要ページの目的と役割を紹介していきます。
下記内容を理解してから会社概要ページの書き方を学びましょう。

会社概要は会社の基本データが記載されている

会社概要ページは、会社の基本データが記載されているWebページです。
「代表者名」「所在地」「事業内容」などが掲載されています。

会社概要の書き方は、ある程度決まっています。
このあとに紹介する正しい書き方を閲覧すれば、すぐに作成できると覚えておきましょう。

会社概要ページはなぜ必要?誰が閲覧する?

会社概要ページは自社に興味をもったユーザーが閲覧するため、非常に重要なコンテンツとなります。

たとえば、自社と取引したいと思っている方がいれば『信頼できる会社なのか』という判断をするために会社概要ページを訪れるということです。

そのほかにも、下記のようなユーザーに会社概要ページは閲覧されると覚えておきましょう。

  • 商品・サービスの購入を検討しているユーザー
  • 入社を検討する求職者
  • インターネットや口コミなどで自社を知り、どんな会社か調べているユーザー

会社概要ページに必要なコンテンツと正しい書き方【法人】

法人向けに会社概要ページの正しい書き方を紹介します。
下記のコンテンツは会社概要ページに必須となるので、なるべく掲載するようにしましょう。

  • 会社名
  • 代表者名
  • 所在地
  • 事業内容
  • 設立
  • 資本金
  • 従業員数
  • 主要取引先

会社名

会社名

会社概要ページには、会社名の記載が必要です。
日本語表記だけではなく「〇〇, Inc.」のように英語表記の記載もあったほうがベストでしょう。

代表者名

代表者名

会社概要ページには、代表者名の記載が必要です。
「取締役社長」以外に「常務取締役」「取締役」などを掲載している企業もあります。

所在地

所在地

会社概要ページには、所在地の記載が必要です。
事業をしている住所を記載します。

本社以外に支店がある場合も各住所の記載が必要です。

なお、住所では全角や半角のどちらかに統一しましょう。

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)では、住所の入力は全角が基本です。
コーポレートサイトとGoogleビジネスプロフィールの住所を統一する意味でも、全角にするといいでしょう。

事業内容

事業内容

会社概要ページには、事業内容の掲載も必要です。

会社設立時に必要な定款(ていかん)に記載したものと同様の内容を記載しましょう。

設立

設立

会社概要ページには、設立日の掲載も必要です。

会社設立日は「窓口」「郵送」「オンライン」など、登記提出方法によって定義が異なるので注意が必要です。

提出方法会社設立日
窓口申請書を提出した日
郵送申請書が法務局に到着した日
オンラインデータが受理された日

※参考:https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/launch-day/

資本金

資本金

会社概要ページには、資本金の掲載も必要です。

資本金は企業の手元資金となり、資本金が多いほど「安定した経営をしている」「安心して取引できる」といった印象を与えられるので、かならず掲載しましょう。

従業員数

従業員数

会社概要ページには、従業員数の掲載も必要です。
従業員数のほかに、いつごろの情報であるかの日付も一緒に掲載しておきましょう。

主要取引先

主要取引先

会社概要ページには、主要取引先の掲載も必要です。
海外の企業と取引がある場合は、国名も記載しましょう。

会社概要ページに必要なコンテンツと正しい書き方【個人事業主】

続いて、個人事業主向けの会社概要ページ書き方を紹介します。

基本的には、法人とほぼ同じ項目を記載しますが、異なる点が2つあります。
下記の2点以外は、法人と同じ項目で使用可能です。

法人個人事業主
項目会社名屋号、事業者名、店舗名
設立創業

屋号・事業者名・店舗名

屋号

個人事業主の場合は、会社名と記載せず「屋号」「事業者名」「店舗名」という項目を記載します。

個人事業主が会社名と記載すると、誤解を招いてしまうので注意が必要です。

創業

創業

個人事業主の場合は、設立ではなく「創業」と記載をします。

設立は会社などの法人を作ることを意味するので、使用しないようにしましょう。

会社概要ページにプラスで追加したいコンテンツ

会社概要ページにプラスで追加したいコンテンツを紹介します。
企業の信頼性を高めたい方は、下記コンテンツの追加も検討してみましょう。

  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • 地図
  • 沿革

企業理念

会社概要ページで追加したいコンテンツ1つ目は、企業理念です。

会社概要ページに「会社を創業するに至った思い」や「会社の価値観や存在理由」などを掲載します。

企業理念を掲載しておくと、他社との差別化につなげることもできます。

代表挨拶

代表挨拶

会社概要ページに追加したいコンテンツ2つ目は、代表挨拶です。

代表挨拶を掲載すると「どんな志で会社を経営しているのか」をユーザーに伝えられるメリットがあります。

「企業の信頼度が売上に直結する」「企業に対して親しみをもってもらいたい」といった場合は、代表挨拶を掲載すべきでしょう。

地図

地図

会社概要ページに追加したいコンテンツ3つ目は、地図です。
Googleマップ、交通機関のアクセス情報などを掲載します。

自社に訪問するユーザーが多い企業の場合は、地図を掲載しておくとよいでしょう。

沿革

沿革

会社概要ページに追加したいコンテンツ4つ目は、沿革です。

沿革とは、企業が現在に至るまでの経緯を掲載したコンテンツです。
「上場」「合併」「所在地の変更」など、企業の状況が変わった事柄を記載します。

沿革も企業の信頼性を高めるために重要なコンテンツとなるので、掲載をおすすめします。

会社概要ページの書き方のポイント

最後に、会社概要ページの書き方のポイントを紹介します。
下記ポイントを理解したうえで、会社概要ページを作成してみましょう。

  • 情報が多くなる場合は別ページも活用する
  • メールアドレスは記載しない
  • 代表挨拶では顔写真を掲載する
  • テーブル(表)

でまとめる

情報が多くなる場合は別ページも活用する

会社概要ページの書き方のポイント1つ目は、情報が多くなる場合は別ページも活用する点です。

「会社名」などの必須項目は、1つのWebページで完結するケースが多いです。
「企業理念」など会社概要ページにプラスで追加できるコンテンツを掲載する場合は、別ページも活用しましょう。

会社概要ページのコンテンツ量が多くなりすぎると、ユーザーにとって読みにくいコーポレートサイトになってしまうためです。

ただ情報を詰め込むだけではなく、閲覧のしやすさを重視して会社概要ページを作成するようにしましょう。

メールアドレスは記載しない

会社概要ページの書き方のポイント2つ目は、メールアドレスは記載しない点です。

メールアドレスを会社概要ページに掲載すると、営業メールやスパムメールなどが大量に届くリスクがあるためです。

メールアドレスを掲載したい場合は、会社概要ページではなく「お問い合わせフォーム」を設置するようにしましょう。

代表挨拶では顔写真を掲載する

会社概要ページの書き方のポイント3つ目は、代表挨拶では顔写真を掲載する点です。

代表挨拶のコンテンツを掲載するときには、テキストではなく、代表者の顔写真を掲載すると、企業の信頼度をさらに高めることができます。

顔写真の掲載が難しい場合は、イラストを掲載する方法でもよいでしょう。

テーブル(表)でまとめる

会社概要ページの書き方のポイント4つ目は、コンテンツをテーブル(表)でまとめる点です。

コーポレートサイトの多くは、会社概要ページがテーブルでまとめられています。

テーブルは、HTMLのtableタグを使用します。 最近では、スマートフォンでホームページを閲覧するのがあたり前です。
スマートフォンでもテーブルが見やすくなるように、レスポンシブ対応をしておきましょう。

なお、当サイト(ビズサイ)ではホームページ制作サービスを提供しています。
コーポレートサイトがレスポンシブ対応していない方、コーポレートサイトをリニューアルしたい方、などは当サイトにお任せください(くわしいサービスはこちら)。

まとめ

会社概要ページの書き方を紹介しました。

法人と個人事業主の会社概要ページに必要なコンテンツは、下記のとおりです。

会社概要ページのコンテンツ
法人個人事業主
・会社名
・代表者名
・所在地(住所や電話番号)
・事業内容
・設立
・資本金
・従業員数
・主要取引先
・屋号、事業者名、店舗名
・代表者名
・所在地(住所や電話番号)
・事業内容
・創業
・資本金
・従業員数
・主要取引先

会社概要ページにプラスで追加したいコンテンツは、下記のとおりです。

  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • 地図
  • 沿革

今回のコラム記事を参考にして、会社概要ページを作成してみましょう。

また、ビズサイではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイでは、ホームページの目的に応じて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

会社概要ページを含むコーポレートサイト制作にも対応していますので、お気軽にご相談くださいませ(くわしいプラン内容はこちら)。

ホームページに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規