月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

入力フォーム最適化(EFO)の方法10選【フォームの成功事例も紹介】

  
EFO10選

ホームページでは、売上や問い合わせ数を増加させるために、入力フォーム最適化(EFO)が必要になります。

ユーザーが直感的に操作できる入力フォームは、コンバージョン率向上に直結します。

しかし、入力フォームを最適化する上で、

『入力フォームの離脱率が高い』
『離脱率が高い原因が特定できない』
『入力フォームの最適化方法が知りたい』

上記のようなお悩みはないでしょうか?

本コラム記事では、ホームページ担当者様へ向けて「離脱が多い入力フォームの特徴」「入力フォームの最適化方法10選」「入力フォーム最適化の成功事例」を紹介しています。

入力フォーム最適化(EFO)とは

入力フォーム最適化(EFO)とは「Entry Form Optimization」の略で、入力フォームの完了率を向上させるための施策です。

入力フォームの最小化や自動入力機能などを実装して、ユーザーにとって使いやすい入力フォームに最適化していきます。

入力フォーム最適化を最優先で実施すべき理由

ホームページでは、入力フォーム最適化を最優先で実施しなくてはいけません。
その理由を2つ紹介します。

売上や問い合わせ数に直結するため

入力フォーム最適化を最優先で実施すべき理由1つ目は、売上や問い合わせ数に直結するためです。

入力フォームは、コンバージョンを達成するための最後の砦です。

ある程度、ホームページへのアクセスが見込めている場合は、入力フォームでの離脱を最小限に減らすことが、コンバージョンを向上させる近道になります。

費用対効果の改善のため

入力フォーム最適化を最優先で実施すべき理由2つ目は、費用対効果の改善のためです。

ホームページ運用で、費用対効果を高める場合、集客施策から実装するのではなく、入力フォームを最優先で最適化する必要があります。

たとえば、入力フォームを最適化する前に、Web広告を出稿したとしましょう。
Web広告に多額の費用をかけて、ホームページに集客しても、入力フォームで離脱するユーザーが多いと費用対効果は悪くなります。

しかし「入力フォーム最適化」→「集客施策」の順番で対策すると、多くのユーザーを集客しても、フォームで離脱するユーザーを最小限にできるので、費用対効果が高くなります。

離脱が多い入力フォームの特徴

入力フォーム最適化を実施する前に、離脱が多い入力フォームの特徴を理解しましょう。

下記内容に当てはまるものがあれば、そこから改善を始めてください。

  • 入力項目が多い
  • 入力フォームのページが複数である
  • 不要なリンクやバナーが多い
  • セッションタイムアウトになりやすい

入力項目が多い

入力項目が多いとユーザーの離脱率は増加します。

フォーム通過率

出典:B2Bサイトのフォームにおけるベストプラクティス研究|株式会社WACUL

株式会社WACULが実施した調査によると「入力フォームの項目数」と「フォーム通過率」には相関があることがわかっています。

入力項目を1つ減らすと、入力フォーム通過率は約2%向上するという結果も出ているので、入力項目は必要最低限にすべきといえるでしょう。

入力フォームのページが複数である

入力フォームのページが複数である場合も、ユーザーの離脱率は増加します。

ECサイトであれば「配送先入力フォーム」「決済入力フォーム」を分割していると、途中で離脱してしまうリスクが高くなるということです。

オリンピックグッズなどを販売する「Elastic Path社」では「複数のページ」と「単一ページ」どちらのコンバージョン率が高いかABテスト(※)を実施しました。

「サインイン」「配送先入力」「決済入力」「サンクスページ」の4つのページで構築された入力フォームよりも「単一ページ」のコンバージョン率が21.8%上回る結果となりました。

入力フォームが複数になっている場合は、単一ページへの統一も検討してみましょう。

※参考:A/B Test Case Study: Single Page vs. Multi-Step Checkout | Elastic Path

不要なリンクやバナーが多い

入力フォームに不要なリンクが多いと、ユーザーは離脱しやすくなります。

たとえば、ホームページの「フッター」「ヘッダー」には、メニューが設置されていますが、これらが入力フォームに表示されていると、離脱につながる可能性があります。

入力フォームでは、ユーザーが集中できるように、不要なリンクを排除した方がよいでしょう。

セッションタイムアウトになりやすい

セッションタイムアウトになりやすいと、フォームの離脱率は増加します。

セッションタイムアウトは、Webページを開いたまま特定の時間操作がないと、アクセスを遮断する機能で、セキュリティを保護する目的があります。

しかし、セッションタイムアウトまでの時間が短いと、ユーザーが回答を考えている間にアクセスが遮断されてしまい、離脱につながる可能性があります。

セッションタイムアウトの時間は、自社で設定できるのでGoogleアナリティクスの平均滞在時間データを参考にして、設定する対策が必要です。

入力フォームの最適化方法10選

入力フォームの最適化方法10選を紹介します。

下記内容を参考にして、コンバージョン率を向上させましょう。

  1. 入力フォームを最小化する
  2. 入力例(プレースホルダー)を記載する
  3. ラジオボタン・ドロップダウンを活用して入力の手間を軽減する
  4. 重複する入力フォームを削除する
  5. 自動入力機能を導入する
  6. ゴールを分かりやすくする
  7. 全角・半角の自動切り替え
  8. リアルタイムのエラー機能を導入する
  9. チャットボットの導入
  10. 離脱防止のポップアップを採用する

1.入力フォームを最小化する

入力フォームの最適化方法1つ目は、入力フォームの最小化です。

先ほどの「離脱が多い入力フォームの特徴」で紹介した通り、フォームの項目数が少ないほどコンバージョン率は向上するので、まずはフォームの最小化を実施しましょう。

削除する項目は、コンバージョンの目的によってことなります。
たとえば「問い合わせ獲得」が目的で、メールにて資料送付するのであれば 「郵便番号」や「住所」の項目は不要です。

まずは、自社にて最低限必要な項目を洗い出してみましょう。

2.入力例(プレースホルダー)を記載する

入力例(プレースホルダー)を記載する

入力フォームの最適化方法2つ目は、入力例(プレースホルダー)の記載です。

入力例が表示されていると、ユーザーが情報を直感的に入力できるメリットがあります。

たとえば、電話番号を入力するときに、ハイフンが必要なのか判断できないと、入力に時間がかかってしまいます。

しかし、入力例に「0123-456-789」と記載があれば、ユーザーも迷わずに電話番号を入力できるということです。

3.ラジオボタン・ドロップダウンを活用して入力の手間を軽減する

入力フォームの最適化方法3つ目は「ラジオボタン」「ドロップダウン」の活用です。

ラジオボタンやドロップダウンをうまく活用すると、ユーザーの入力の手間を軽減できます。

目安として、選択肢が5~6個以下のときはラジオボタン、それ以上のときはドロップダウンを活用するとよいでしょう。

4.重複する入力フォームを削除する

重複する入力フォームを削除する

出典:10 rules for making user-friendly web forms|Creative Bloq

入力フォームの最適化方法4つ目は、重複する入力フォームの削除です。

メールアドレスまたはパスワードを2回入力するなどの重複フォームは、ユーザーにストレスを与えるためオススメできません。

重複のフォームには、タイプミスを軽減する目的があります。

しかし、ほとんどのユーザーは一度入力したメールアドレスやパスワードをコピーして貼り付ける行動をするため、あまり意味のない施策です。

重複する入力フォームを採用している方は、削除を検討してみましょう。

5.自動入力機能を導入する

入力フォームの最適化方法5つ目は、自動入力機能の導入です。

自動入力機能を導入すると、ユーザーの負担が軽減されて、離脱を防ぐことができます。

自動入力機能には、主に下記2つの種類があります。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

種類特徴
自動補完機能一度入力したことのある値を候補として自動表示する
入力支援機能郵便番号を入力すると住所が表示するなどの機能

自社にあった自動入力機能を導入し、入力フォームを最適化してみましょう。

6.ゴールを分かりやすくする

入力フォームの最適化方法6つ目は、ゴールを分かりやすくすることです。

企業によっては、入力フォームを最小化しようと思っても、難しいケースがあるはずです。
そういったときは「ゴールまでのステップを表示する」対策が有効です。

MyEPSON

出典:「MyEPSON」 新規会員登録

ゴールまでのステップが表示されていると、自分が今どこにいるのかを判断できるため、離脱率が軽減します。

入力フォームの項目数が多い企業は、ぜひ試してみましょう。

7.全角・半角の自動切り替え

入力フォームの最適化方法7つ目は、全角・半角の自動切り換えです。

メールアドレスは「半角入力」、「氏名」「問い合わせ内容」は全角入力など、別々の値を記入する場合、ユーザーが全角・半角の切り替えをしなくてはいけません。

しかし、自動切り換えを活用すると、項目に合わせて自動で全角・半角が切り替わるので、ユーザーの利便性向上につながります。

また、全角・半角の自動切り替えは、メールアドレスなどのタイプミスも軽減されるので、活用してみましょう。

8.リアルタイムのエラー機能を導入する

入力フォームの最適化方法8つ目は、リアルタイムのエラー機能です。

ユーザーがフォーム入力後にエラーを通知するのではなく、入力している段階でエラーを通知します。

そのため、ユーザーがフォームに戻って入力し直す手間が発生しないメリットがあります。

9.チャットボットの導入

入力フォームの最適化方法9つ目は、チャットボットの導入です。

チャットボットとは、入力フォームをチャット形式にする機能です。

チャット形式は入力がしやすく、親しみやすさを与えるため、入力時のストレス軽減につながります。

近年、チャットボットを導入する企業が増えており、従来のフォームに比べて、コンバージョン率が2倍以上になった事例も報告されています。

10.離脱防止のポップアップを採用する

入力フォーム最適化方法の最後は、離脱防止ポップアップの採用です。

入力フォーム画面でブラウザの「戻る」をクリックすると、ポップアップが表示される仕組みになっており、離脱を引き止める役割があります。

また、ユーザーがあやまって、ブラウザの「戻る」をクリックしてしまったケースでも、再度項目を入力しなくてよいのもメリットです。

さらに入力フォーム最適化を目指すにはEFOツールがおすすめ

自社でさらに入力フォーム最適化を目指すにはEFOツールがおすすめです。

EFOツールとは、入力フォームの離脱率分析やフォーム入力支援などの機能を搭載したツールです。

上記で紹介した「全角・半角の自動切り換え」「リアルタイムのエラー機能」などは「jQuery」での実装が必要なので、プログラミングスキルが必須となります。

しかし、EFOツールを活用すれば、これらの機能を簡単なタグ設置だけで実装できます。

実際に、EFOツールを活用した入力フォームの最適化手順をみていきましょう。

※上記リンクを選択すると移動(ジャンプ)できます

【STEP①】EFOツールを選定

はじめに、入力フォーム最適化のための「EFOツール」を選定します。

おすすめのツールは下記3つです。

フォームアシスト

フォームアシスト

出典:フォームアシスト

フォームアシストは、国内のツール導入実績が5,000件を超えるEFOツールです。
30種類以上のアシスト機能をタグ設置のみで、かんたんに実装できます。

ウェブ解析士の資格を保有したスタッフが、入力フォーム分析をサポートするサービスも展開しています。
料金は要問合せとなります。

EFO CUBE

EFO CUBE

出典:EFO CUBE

EFO CUBE(イーエフオー・キューブ)は、導入実績4,200以上のEFOツールです。
26種類の入力補助機能と、12種類のデータ解析機能を搭載しています。

EFO CUBEを導入して、6か月後に成果が出なければ、全額返金保証が受けられるのも特徴です。
料金は月額5万円(税込)からとなっています。

SiTest

SiTest

出典:SiTest

SiTest(サイテスト)は、アジアでの導入数が60万サイトを超えるEFOツールです。
入力フォーム最適化だけではなく「ヒートマップ解析」「録画再生機能」「ポップアップ機能」なども搭載しています。

SiTestの料金は要問合せとなっていますが、無料トライアルを設けているので利用してみましょう。

【STEP②】データを収集する

EFOツールを導入したら、分析に必要なデータを集めます。
期間としては2週間~2か月を目安としてください。

データに関しては、Googleアナリティクスのデータも合わせて収集しておくと、より高度な分析が実現できます。

【STEP③】データを掘り下げて課題を発見する

次に、データを掘り下げて課題を発見していきます。

EFOツールによって分析できるデータはことなりますが、分析すべき代表的な指標は下記の通りです。

  • フォームビュー数
  • コンバージョン数
  • コンバージョン率
  • 平均コンバージョン時間
  • フォーム離脱率
  • 滞在時間

各指標は「スマートフォン」「パソコン」それぞれのデバイスごとに、分析するのがポイントです。

たとえば、スマートフォンの離脱率が高い場合は「入力項目が小さくてみにくい」「ボタンがタップしにくい」などの原因があるかもしれません。

こういった課題を各指標と照らしあわせながら、掘り下げていきましょう。

【STEP④】特定した課題に優先順位を付けて解決していく

最後に、特定した課題に優先順位を付けて解決していきます。

入力フォームの課題が複数みつかったのであれば、どの課題が離脱につながっているか考察して、優先順位をつけてください。

優先順位が高い課題から「改善前」「改善後」の入力フォームでABテストを実施して、改善後のパフォーマンスが高くなれば、それを採用します。

入力フォーム最適化は、この工程の繰り返しが重要だと覚えておきましょう。

入力フォーム最適化(EFO)の成功事例

最後に、入力フォーム最適化(EFO)の成功事例を紹介します。

下記内容を参考に、入力フォーム最適化を実装してみましょう。

Buffer(無料トライアル申し込みフォーム)

Buffer

出典:Buffer

Bufferは、SNS投稿のスケジュール管理や分析を実施する海外製のツールです。

Sign Up

出典:Sign Up

無料トライアルを開始するには「Eメール」「パスワード」を入力して「私はロボットではありません」にチェックを入れるだけで完了します。

本コラムで紹介した「入力フォームの最小化」のお手本といってもよいでしょう。

リアルタイムのエラー機能

出典:Sign Up

パスワードを入力する工程では「リアルタイムのエラー機能」が導入されているため、その場でエラーを確認できます。

Bufferの入力フォームは、ユーザーの利便性を最大限考慮したものだといえるでしょう。

Canva(有料アップグレードフォーム)

Canva

出典:Canva

Canva(キャンバ)は、チラシやアイキャッチなどが簡単に作成できるデザインツールです。

無料トライアル

出典:Canva

有料プランへのアップグレードフォームでは、明確性を意識した最適化がされています。

無料トライアルはいつでもキャンセルできる、トライアルが終了するときにリマインドをする旨、トライアル終了期間の提示などを伝えています。

ユーザーが、無料トライアルの申し込むときに、一番不安になるのが『知らない間に課金されないか』という点です。

この不安を取り除くための最適化がうまく実装されているので、有料アップグレードフォーム最適化の参考になります。

まとめ

入力フォーム最適化(EFO)の方法10選を紹介しました。

入力フォーム最適化を最優先で実施すべき理由は下記の通りです。

  • 売上や問い合わせ数に直結するため
  • 費用対効果改善のため

入力フォームの最適化方法は下記の通りです。

  1. 入力フォームを最小化する
  2. 入力例(プレースホルダー)を記載する
  3. ラジオボタン・ドロップダウンを活用して入力の手間を軽減する
  4. 重複する入力フォームを削除する
  5. 自動入力機能を導入する
  6. ゴールを分かりやすくする
  7. 全角・半角の自動切り替え
  8. リアルタイムのエラー機能を導入する
  9. チャットボットの導入
  10. 離脱防止のポップアップを採用する

今回のコラム記事を参考にして、フォームの入力完了率を高めましょう。

また、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイでは、ホームページの目的に合わせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

ホームページの新規制作やリニューアル制作の対応も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ(詳しいプラン内容はこちら)。

ホームページに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規