WordPressでプラグインのインストール方法を丁寧に解説【初心者必見!】

      
プラグインのインストール方法

WordPress(ワードプレス)には2021年11月時点で、約6万個もの公式プラグインがあります。

プラグインをインストールすることで、さまざまな機能をWordPressに追加できます。
たとえば、メールフォームやサイトマップの自動生成、WordPress高速化、画像の自動圧縮などがあります。

『プラグインのインストールってどうやるの?』
『プラグインのインストールができない…』

など、疑問が生じるかと思います。

今回のコラム記事では、WordPressのプラグインを使いこなすための基礎であるインストール、無効化、削除、更新などの方法について、初心者の方でもわかるように丁寧に解説しています。

プラグインを自由にインストールして、WordPressを思う存分カスタマイズしましょう。

WordPressのプラグインとは

WordPressのプラグインとは、WordPressにさまざまな機能を拡張するためのものです。
WordPress本体に搭載されていない機能を、プラグインをインストールすることで簡単に追加できます。

WordPressの公式サイトに登録されているプラグインのインストールは、WordPressの管理画面からできます。

プラグインでは、さまざまなことができます。
たとえば、メールフォームの設置、サイトマップの自動生成、スパムコメントの判定と削除、WordPressのバックアップなどです。

WordPressプラグインのインストール方法

WordPressプラグインのインストール方法は4つあります。

  • 管理画面(ダッシュボード)からインストール
  • ZIPファイルで手動インストール
  • FTPでアップロード
  • SFTP(SSH)でアップロード

上記のなかで、WordPressの管理画面からプラグインをインストールする方法が基本となります。

ただし、WordPress公式ではないプラグインはZIPファイルで手動インストールしたり、FTPでアップロードしたりする必要があります。

プラグインの4つの方法をくわしく解説していきます。

【1つ目の方法】管理画面(ダッシュボード)からインストール

公式プラグインは、WordPressの管理画面(ダッシュボード)からインストールできます。
管理画面からのインストールはWordPressの基本ですので、しっかり覚えておきましょう。

「新規追加」を選ぶ

まず、WordPressの管理画面にある左メニューから「プラグイン」→「新規追加」を選びます。

プラグイン名や機能を検索

次に検索窓にプラグイン名や機能を入れて検索します。

「BackWPup」を検索

ここでは「BackWPup」を検索してみます。
検索して表示されたら「今すぐインストール」→「有効化」をクリックして、インストールしたあとに有効化します。

設定や無効化は「プラグイン」→「インストール済みのプラグイン」から行えます。

【2つ目の方法】ZIPファイルで手動インストール

WordPressの公式サイトに登録されていないプラグインは、ダウンロードして手動インストールする必要があります。
プラグイン名で管理画面から検索して出てこない場合は、Googleなどで検索してZIPファイルを直接ダウンロードしてからアップロードしましょう。

プラグインのアップロード

ダウンロードしたZIPファイルは、WordPresにある管理画面の左メニュー「プラグイン」→「新規追加」に行き、画面上部にある「プラグインのアップロード」をクリックします。

次に「ファイルを選択」でダウンロードしたZIPファイルを選択し「今すぐインストール」をクリックします。

「プラグインを有効化」で有効化

インストールが完了したら「プラグインを有効化」で有効化しましょう。

【3つ目の方法】FTPでアップロード

ダウンロードしたプラグインは、FTPで直接アップロードすることもできます。

FTPとは、クライアントとサーバーとの間でファイルのやり取りをする仕組みのことです。

FTPでファイルの転送をするソフトウェア(FTPソフト)には「FFFTP」「WinSCP」「Core FTP」「FileZilla」「CrossFTP」などが有名です。

FTPソフトでのアップロード方法はサーバーによってことなりますが、おおよそ以下のような手順になります。

FTPソフトでのアップロード方法

  1. プラグインのファイルを手に入れる
  2. ZIP形式なら解凍する
  3. レンタルサーバーにFTPソフトで接続
  4. ファイルを「public_html/wp-content/plugins」にアップロード

【4つ目の方法】SFTP(SSH)でアップロード

SSHはSecure Shellの略で、ネットワークに接続された機器を遠隔操作するための手段です。

WordPressプラグインのアップロードはSSHからも可能です。

SSHからファイルをアップロードする方法をSFTP(SSH File Transfer Protocol)と呼びます。
一見するとFTPと変わりませんが、FTPより安全にファイルをアップロードすることができます。

SFTPには「FileZilla」「WinSCP」「FFFTP」などのソフトが対応しています。

プラグインがインストールできない原因

WordPressのプラグインをインストールできない場合、原因は主に4つあります。

  • FTPアカウントが未設定
  • PHPがセーフモード
  • ディレクトリのパーミッションが不適切
  • ディスク容量が足りない

くわしく解説していきます。

FTPアカウントが未設定

FTPアカウントが未設定だと、FTPソフトからプラグインをアップロードすることができません。

また、古いバージョンのWordPressをインストールしていると、管理画面からのプラグインインストール時にFTPアカウントを聞かれることがあります。
もしも、この症状が出たら「wp-config.php」に以下のコードを追記しましょう。

define('FS_METHOD', 'direct');

PHPがセーフモード

PHPとは、WordPressを動かしているプログラム言語です。

PHPはサーバーにインストールされており、通常モードとセーフモードがあります。
セーフモードが選択されている場合、プラグインのインストールを行うことができません。

PHPのモードはサーバー管理者によって決定されます。
セーフモードの解除方法は、サーバー管理者に問い合わせてください。

ディレクトリのパーミッションが不適切

「ディレクトリが作成できませんでした」とエラーメッセージが出る場合は、ディレクトリ(フォルダ)のパーミッションがきちんと設定されていない可能性が高いです。

パーミッションとは、ディレクトリに書き込んだり読み込んだりする権限のことです。
権限がないと新たなフォルダが作成できず、プラグインをインストールすることができません。

パーミッションの変更は、FTPソフトやレンタルサーバーのコントロールパネルから行います。

以下フォルダのパーミッションを「755」に設定変更しましょう。

  • /wp-content/upgrade
  • /wp-content/themes
  • /wp-content/plugins

ディスク容量が足りない

サーバーのディスク容量が足りない場合、プラグインを新たにインストールすることができません。

容量の小さなサーバーは、画像や動画をアップするとすぐにディスク容量が限界にきます。
ディスク容量が限界にきたときの対処法は2つです。

  • サーバーのプランを変えて、よりディスク容量を増やす
  • 不要なファイルを削除してディスク容量を回復させる

くわえて、WordPressには動画や画像を自動的に圧縮するプラグインもありますので、導入を検討しましょう。

プラグインの使い方(更新・停止・削除)

プラグインの使い方(更新・停止・削除)について解説します。

プラグインの更新方法

WordPressのプラグインはインストールするだけでなく、更新もしなければなりません。
プラグインがバージョンアップされる理由は以下です。

  • セキュリティ強化
  • バグの修正
  • 機能の追加や充実
  • WordPress本体の更新への対応

インストールした公式プラグインがバージョンアップされると、WordPressの管理画面に以下のような通知が届きます。

プラグインの更新

WordPressをセキュアに運営するためにも、プラグインの更新はしっかりと行いましょう。

なお、WordPress5.5からプラグインの自動更新が実装されました。
以下の手順でWordPressのプラグインを自動更新に設定できます。

自動更新に設定

  1. 管理画面のメニュー「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」でプラグイン一覧を表示
  2. プラグインのチェックボックスにチェックを入れる
  3. 「一括操作」と表示されているプルダウンを開き「自動更新を有効化」にする
  4. 「適用」をクリック

プラグインを停止

WordPressでインストールしたプラグインを停止したいときは、プラグインを無効化します。
プラグインを無効化する手順は以下の通りです。

プラグインを無効化

  1. 管理画面のメニュー「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」でプラグイン一覧を表示
  2. 停止させたいプラグインの「無効化」をクリック

プラグインを削除

必要なくなったWordPressのプラグインは削除しましょう。
削除手順は以下になります。

  1. 管理画面のメニュー「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」でプラグイン一覧を表示
  2. 削除したいプラグインを無効化する
  3. 無効化したプラグインを削除する

まとめ

WordPressは、さまざまな機能をプラグインによって追加できます。

メールフォームやスパムコメントの削除、サイトマップの自動生成、バックアップ、WordPress高速化など、思いつく限りの機能がWordPressのプラグインには存在します。

プラグインは必要に応じてインストールや無効化、削除ができます。
また、プラグインはWordPressのバージョンアップや機能の充実、セキュリティのために更新する必要があります。

プラグインの使い方を覚えて、WordPressを自由にカスタマイズしましょう。

WordPressに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)