美容業のホームページに必須なコンテンツやキーワードを紹介!

        

      
美容業のホームページに必須なコンテンツやキーワードを紹介!

美容業」のホームページにおける、必要なコンテンツやキーワードについて解説します。 ホームページ集客はホームページを作って終わりではなく、ユーザーにとって有意義なコンテンツを作り続けることが重要です。 美容業のホームページを調査してみたところ、多くの企業がホームページを持っていますが、集客に活かしきれていないケースも確認されました。 せっかくホームページを運用していても集客に繋がらなければ意味がありません。 美容業のホームページに必要なコンテンツやキーワードについて確認してみましょう。  

施術について説明

施術について説明 美容業と一口に言っても、様々な業種があります。

  • 美容室
  • ビューティサロン
  • エステ
  • アートメイク など

業種によっては施術に対するユーザーの理解度が全く違うという点には注意が必要です。 例えば、美容室は多くの人が定期的に利用するサービスなので、施術に対する理解があるユーザーは多いでしょう。 しかし、エステやアートメイクを利用するユーザーの数は美容室を利用するユーザーよりも明らかに少ないです。 そのため、施術内容をユーザーにわかりやすく説明してあげる必要があります。 「施術」や「メニュー」などのわかりやすいタイトルにしましょう。 英語表記などでオシャレするのも良いのですが、ファーストビューでユーザーに伝わらなければ意味がない点には留意するべきです。 また、美容室を例にした場合、カットについてはユーザーの理解度が高いのであまり具体的に説明する必要はありません。 しかし、ヘアカラーやパーマ、トリートメントなどの施術に対してはどうでしょうか? 美容室側にとっては当たり前の知識でも、ユーザー視点だとわからない点がたくさんあります。

  • パーマのバリエーションはどのくらいあり、それぞれどんな特徴があるのか?
  • トリートメントの種類や効果にはどんな違いがあるのか?
  • 各施術にかかる料金や時間はどのくらいなのか? など

誰が見ても施術内容を理解できるようなページ作りを心掛けましょう。 また、施術の種類が多いと迷ってしまうユーザーもいるので、オススメの施術がある場合は記載することで選びやすくなります。

ギャラリー

ギャラリー ギャラリーは美容業のホームページにおいて必須と言えるコンテンツです。 施術後や施術例の画像・動画を掲載することで、ユーザーに対して施術の完成形を見せることができます。 施術後のイメージをより具体的にすることができるため、最も売り上げに繋がるページだと言えます。 「ギャラリー」や「サンプル」、「デザイン」などとするのが良いでしょう。 美容業の中でも特に身体に直接施術を行う業種において重要なページになります。

  • アートメイク
  • タトゥー など

上記の業種においてはギャラリーが充実していることで大きな信頼に繋がるはずです。 完成形がイメージしづらいとユーザーが不安を感じてしまう恐れがあります。 画像とあわせて施術の説明があるとより効果的です。 どの業種にも言えることですが、ユーザーはホームページをスマートフォンなどの媒体で見ることがほとんどです。 特に美容業のユーザー層は若者や女性が多いため、スマホユーザーの比率は高いと言えるでしょう。 そのため、スマホで見た際に表示速度が遅かったり見づらかった場合、ユーザーがページから離脱してしまう可能性があります。 ギャラリーを作る場合、画像サイズや1ページ内での表示数などをしっかりと調整しましょう。

ブログ

ブログ ブログを更新することで、他の美容業ホームページと大きく差を付けることができます。 特に美容関係は流行の移り変わりが激しいので、常にホームページに最新情報を掲載する必要があると言えます。 ブログの記事が増えることでホームページ内のキーワードも増えるため、検索エンジンからの流入も増加します。 ブログの内容は取り扱っている施術と関連性がある内容が好ましいと言えます。 また、トレンドに乗っかった美容情報があると効果的です。 美容関係に興味があるユーザーの大半は若者や女性であり、常に美容の最新情報を欲している傾向があります。 過去のトレンド情報を更新してもユーザーに対して魅力的には見えない恐れがあります。 ユーザーからの信頼を獲得するためにも、専門性の高い美容情報を発信していきましょう。 美容業の場合、スタッフの技術や個性にも目が向けられます。 実際に「美容師 ブログ」や「スタイリスト ブログ」のようなキーワードからの流入も確認されています。 スタッフブログを更新することでスタッフへの理解度も上がり指名される確率も上がるでしょう。 ブログを更新する場合、美容関係を闇雲に更新するのではなく、お客さんになりそうなユーザーに対してアピールできる記事を書くことを心掛けましょう。 せっかくユーザーがホームページまで来てくれたのに、ユーザーに響かない記事を読ませても意味がありません。

  • 施術に対する不明点を解決する記事
  • 頭皮や肌などの美容関係の悩みを解決する記事
  • 美容関係のトレンドに対する専門スタッフの見解
  • お店のキャンペーンやお得情報 など

ブログの記事数が増えていくと過去の記事を探すのが手間になってきます。 ユーザーがブログを利用しやすいように、カテゴリーやタグはしっかりと分類しておきましょう。

SNSの運用

SNSの運用 美容業とSNSは切っても切れない関係だと言えます。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter など

特に上記のSNSはユーザー数も多いため集客に大きく貢献してくれるはずです。 美容業は競争が激しく、ホットペッパービューティーなどのサイトに登録するだけでは効率的な集客は不可能だと言えます。 その点SNSは無料で開設することができるので、広告費をかけることなく宣伝することができます。 SNSを使った集客の魅力は、ハッシュタグ機能などで多くのユーザーに発見してもらえる点です。 検索エンジンとは異なり最新の投稿が表示されることもあり、興味があるユーザーへのアピールもそこまで難しくはありません。 また、自分からフォローや拡散などのアクションもできるため、気軽にコミュニケーションが取れるのもメリットだと言えます。 近年では動画サイトのYoutubeを使った集客も注目されています。 美容系スタッフが施術を行っている動画や、ライブ配信でユーザーの質問に答えるなど、幅広い用途があります。 スマホが普及したおかげで、どこでも動画を再生することができるのも追い風になっています。 SNSでファンを作ることができれば一気に売り上げを伸ばすことも夢ではありません。 ホームページ内にSNSのタイムラインやリンクを設置して、より多くのユーザーに知ってもらいましょう。

流入が多いキーワードの特徴とポイント

美容業のホームページへの流入数が多いキーワードの特徴をまとめました。

「施術名+地域名」
ほとんどの美容業のホームページで流入が多かったキーワードです。 TOPや店舗情報がインデックス(表示)されやすい傾向があり、ビューティサロンのような抽象的な業種の場合は施術ページがインデックスされやすい傾向があります。 都道府県で区切ると範囲が広すぎるため、市町村(例:札幌)などで区切ることをオススメします。
「お店の名前」
次いで多かったのがお店の名前のみのキーワードです。 こちらはTOPがインデックスされやすい傾向があります。 上位表示されやすく売り上げに繋がりやすいキーワードですが、企業名がユーザーに認知されなければ検索されないキーワードでもあります。
「施術名+体の部位」
美容業のホームページで流入があった特徴的なキーワードで、例として「スタイリング+まつ毛」や「タトゥー+腕」などがありました。 意識してキーワードを含むことができれば、競合との差別化を図ることができます。

美容業のホームページを調査したところ、上記のキーワードからの流入が目立ちました。 特に地域名を絡めたキーワードからの流入が多いため、ホームページに地域名を含めるのは必須事項だと言えます。 「施術名+体の部位」はギャラリーなどの画像コンテンツがインデックスされている傾向があります。 TOPやギャラリー、施術内容に関するページへの流入がほとんどでしたが、その次に流入が多かったのはブログの記事ページです。 ユーザーの役に立つブログが書けるかどうかが集客に繋がるポイントだと言えます。

まとめ

美容業のホームページに必要なコンテンツについてまとめてみました。 美容業のホームページ集客で大切なのは、施術内容をわかりやすく伝えられるコンテンツです。 施術の流れや施術後の外見などが一目でわかるようなコンテンツ作りを心掛けましょう。 また、他の業種よりも流行やトレンドを意識することが重要になってきます。 ブログの更新やSNS運用も集客に大きく貢献してくれるはずです。 ファンを作っていくことで自然とホームページへの流入が増えていくはずです。 ホームページによる集客は長期的に見るとかなり大きな効果が期待できることがわかります。 焦らずに少しずつホームページを育てていきましょう。 ホームページのコンテンツやキーワードについてもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ホームページに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)