Wixの料金プランガイド【自社に合ったプランが分かります】

      

誰でも簡単にホームページが作成できるWix(ウィックス)には、さまざまな料金プランが設けられています。

Wixは無料でホームページを開設することは可能ですが、下記のようなお悩みはないでしょうか。

『Wixの無料プランと有料プランの違いが知りたい』
『各料金プランの特徴が知りたい』
『Wixの料金を節約する方法はないのか』

本コラム記事では、ホームページ担当者様へ向けて、Wixの「各料金プランの特徴」「自社に合った料金プランの見つけ方」「料金を節約する方法」を紹介しています。

※今回のコラム記事で掲載している情報は記事公開日(2021年7月21日)時点になります

関連記事

Wixの利用をお考えの方は、以下のコラム記事が参考になるはずです。

Wixの評判【各機能のメリット・デメリットも徹底解説】

Wixとは

Wix(ウィックス)とは、ドラック&ドロップ操作で簡単にホームページが作成できるサービスです。

Wixには複数の料金プランが用意されており、各料金プランによって制限があります。

個人・企業向けの「ホームページプラン」には4つの料金プランがあり、ネットショップ機能を必要とする企業向けの「ビジネス&Eコマースプラン」には3つの料金プランが設けられています。

まずは、それぞれの料金プランの特徴を見ていきましょう。

【Wix】ホームページプラン

Wixのホームページプランは、無料プランを含めて4つプランが設けられています。

  • 無料プラン
  • ベーシックプラン
  • アドバンスプラン
  • VIPプラン

各料金プランの特徴を見てみましょう。

無料プラン

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

項目 詳細
月額 無料
独自ドメイン ×
広告表示 広告表示あり
常時SSLセキュリティ
帯域幅 500MB
データ容量 500MB
動画アップロード ×
ビジネス用のロゴ作成 ×
カスタマーサポート

Wixの無料プランでは、基本的なホームページ作成が可能です。

データ容量と帯域がそれぞれ「500MB」の制限がありますが、Webページ数制限はありません。

しかし、無料プランの場合「独自ドメイン」が使用できず、Wixの広告がホームページに表示されます。

Wixの無料プランと有料プランの違い

Wixの無料プランと有料プランの違いについて見ていきましょう。

主な違いは下記の通りです。

無料プラン 有料プラン
独自ドメイン ×
広告表示 表示あり 表示なし

Wixの無料プランは、サブドメイン運用となります。

サブドメインの場合、ホームページのURLが「https://○○〇.wixsite.com」の形式になり「○○〇」の部分を自社で設定します。

URLを見ただけで、Wixの無料プランを利用しているのが、外部にも伝わってしまうデメリットがあります。

無料プラン

出典:Wix

また、ホームページ上に下記のような広告が表示されるのも無料プランの特徴です。

無料プランはこんな方におすすめ

Wixの無料プランは「サブドメイン」「広告表示あり」となるので「個人ホームページ開設」が目的の方に向いています。

容量も限られており、ビジネス向けのホームページ作成には適していません。

ベーシックプラン

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

項目 詳細
月額 990円
独自ドメイン
広告表示 なし
常時SSLセキュリティ
帯域幅 2GB
データ容量 3GB
動画アップロード 30分まで
ビジネス用のロゴ作成 ×
カスタマーサポート

※税込表示

ベーシックプランは、Wixの最も安価な有料プランです。

必要最低限の機能を搭載しており、広告表示もなく、独自ドメインも初年度無料で利用できます。

無料プランだと、動画を掲載するにはYouTube動画を埋め込む方法しかありませんが、ベーシックプランであれば、30分までの動画をホームページ上にアップロードすることが可能です。

ベーシックプランはこんな方におすすめ

ベーシックプランは、帯域が「2GB」でデータ容量が「3GB」の制限があるため、小規模なホームページ作成に向いているプランです。

「個人事業主用のポートフォリオ」等が目的であれば問題ないでしょう。

ただし、多数のメディアをアップロードする可能性がある場合は、容量が足りなくなる可能性があります。

アドバンスプラン

項目 詳細
月額 1,430円
独自ドメイン
広告表示 なし
常時SSLセキュリティ
帯域幅 無制限
データ容量 10GB
動画アップロード 1時間まで
ビジネス用のロゴ作成 ×
カスタマーサポート

※税込表示

アドバンスプランでは、データ容量が「10GB」で帯域は無制限なので多数のアクセスに対応可能です。

また、最高で60分の高画質動画をアップロードできるので、プロモーション動画やアニメーションも活用できます。

アドバンスプラン最大の特徴は「訪問者分析ツール」が活用できる点です。

「訪問者分析ツール」を導入すると「コンバージョン」「訪問者数」「直帰率」「ページトラフィック」等の分析が可能となります。

アドバンスプランはこんな方におすすめ

アドバンスプランは、データ容量が大幅に増えるので「スタートアップ企業」「中小企業」のホームページ作成に適しています。

容量をそこまで気にせず、ホームページも拡大できるので、ビジネス向けのプランとしてピッタリです。

VIPプラン

項目 詳細
月額 2,750円
独自ドメイン
広告表示 なし
常時SSLセキュリティ
帯域幅 無制限
データ容量 35GB
動画アップロード 5時間
ビジネス用のロゴ作成
カスタマーサポート 〇(優先対応)

※税込表示

VIPプランは、データ容量「35GB」までのホームページが作成可能な最上級のプランです。

他のプランとの違いは「ビジネス用のロゴ作成」が可能な点と優先的なカスタマーサポートが受けられる点です。

VIPプランはこんな方におすすめ

VIPプランは、画像や動画を多くアップロードするようなメディアサイトや情報量が多いホームページ作成に適しています。

ホームページ稼働率が高く、万が一問題があった場合も優先的にホームページを修正してもらうことが可能なので、本格的なビジネス向けのホームページにはピッタリです。

Wixホームページプラン比較

Wixホームページプラン比較は下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

プラン 無料プラン ベーシック アドバンス VIP
月額 無料 990円 1,430円 2,750円
独自ドメイン ×
広告表示 広告表示あり なし なし なし
SSLセキュリティ
帯域幅 500MB 2GB 無制限 無制限
データ容量 500MB 3GB 10GB 35GB
動画アップロード × 30分 1時間 5時間
ロゴ作成 × × ×
サポート 〇(優先対応)

※税込表示

個人ホームページや趣味のホームページ作成であれば「無料プラン」からはじめましょう。

ビジネスを目的としたホームページ開設であれば「ベーシックプラン」以上の加入が必要です。

Wixでは、いつでもプランをアップデートが可能なので、ホームページ拡大に合わせて徐々にアップデートすることもできます。

【Wix】ビジネス&Eコマースプラン

Wixのビジネス&Eコマースプランは「ネットショップ機能」「予約機能」を搭載した料金プランです。

3種類のプランがあり、さまざまな支払い決済にも対応しているのでネットショップや店舗ビジネス向けのホームページ開設を検討している方向けの料金プランとなります。

  • ビジネスプラン
  • ビジネスプラスプラン
  • ビジネスVIPプラン

各プランの特徴を解説していきます。

ビジネスプラン

項目 詳細
月額料金 1,980円
オンライン決済
独自ドメイン
帯域幅 無制限
データ容量 20GB
動画アップロード 5時間
カスタマーサポート
サブスクリプション
(定期販売)
×
複数の通貨対応 ×

※税込表示

ビジネスプランには、Wixでネットショップを立ち上げるのに必要最低限の機能が用意されています。

ビジネスプランで可能な機能は下記の通りです。

  • 独自ドメイン
  • 広告表示なし
  • Googleアナリティクスとの連携
  • SEO向けのサイトブースターアプリ
  • 訪問者分析ツールアプリ

各予約機能アプリ Wixの予約機能アプリは複数あり「Wixブッキング」「Wixレストラン」「Wixホテル」といった様々な業種に対応した予約機能アプリを活用することができます。

ビジネスプランはこんな方におすすめ

ビジネスプランは「新規ネットショップ」「小規模なネットショップ」「ローカルビジネス」に適しています。

売上手数料も無料のため、収益アップにつなげることも可能です。

ビジネスプラスプラン

項目 詳細
月額料金 2,860円
オンライン決済
独自ドメイン
帯域幅 無制限
データ容量 35GB
動画アップロード 10時間
カスタマーサポート
サブスクリプション
(定期販売)
複数の通貨対応

※税込表示

ビジネスプラスプランは、データ容量「35GB」動画アップロードが「10時間」まで可能なプランです。

ビジネスプラスプランを1年契約した場合は、Wixロゴメーカーを利用してロゴを作成することもできます。

関連記事

デザインスキルがなくても手軽にロゴ作成ができる「Wixロゴメーカー」については、以下のコラム記事で詳しく解説しています。

Wixロゴメーカーの使い方5STEP【ロゴデザインテクニックも紹介】

ビジネスプラスプランはこんな方におすすめ

ビジネスプラスプランは「多くの画像・動画を掲載するホームページ」「デジタル商品のダウンロード販売するホームページ」向きのプランです。

ネットショッピングの立ち上げ時では、35GBのデータ容量は必要ないのでネットショップが軌道に乗った後に契約するプランといえるでしょう。

ビジネスVIPプラン

項目 詳細
月額料金 4,180円
オンライン決済
独自ドメイン
帯域幅 無制限
データ容量 50GB
動画アップロード 無制限
カスタマーサポート 〇(優先サポート)
サブスクリプション
(定期販売)
複数の通貨対応

※税込表示

ビジネスVIPプランは、データ容量「50GB」の優先カスタマーサポートに特化した機能です。

ビジネスVIPプランでは「チャット」「電話」などの対応を優先的に受けることが可能です。

しかし、直接Wixカスタマーサポートに電話がかけられるのではなく、折り返し電話をもらうサポートになります。

ビジネスVIPプランはこんな方におすすめ

ネットショッピングの稼働率が高い場合は、ビジネスVIPプランが適しています。

ネットショッピングが稼働しなくなると売上に大きな影響が出る場合のみ、加入するべきプランといえます。

Wixビジネス&Eコマースプランプラン比較

ビジネス&Eコマースプランの比較は下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

プラン ビジネス ビジネスプラス ビジネスVIP
月額料金 1,980円 2,860円 4,180円
オンライン決済
独自ドメイン
帯域幅 無制限 無制限 無制限
データ容量 20GB 35GB 50GB
動画アップロード 5時間 10時間 無制限
カスタマーサポート 〇(優先サポート)
サブスクリプション(定期販売) ×
複数の通貨対応 ×

※税込表示

Wixでネットショップを立ち上げるのであれば「ビジネスプラン」から始めるようにしましょう。

音源データや動画コンテンツを販売する場合は「ビジネスプラスプラン」がおすすめです。

ネットショップの売り上げが増え、本格的なサポートが必要になったときに「ビジネスVIPプラン」に加入するのがおすすめです。

Wixのドメイン料金

続いて、Wixのドメイン料金について紹介します。

Wixでは他社からドメイン移管が可能な「独自ドメインプラン」が設けられています。

「独自ドメインプラン」の特徴について見ていきましょう。

独自ドメインプランの詳細

項目 詳細
月額 550円
独自ドメイン
広告表示 あり
常時SSLセキュリティ
帯域幅 1GB
データ容量 500MB
動画アップロード ×
ビジネス用のロゴ作成 ×
カスタマーサポート

※税込表示

ドメイン接続プランは、他社で契約しているドメインをWixに移管するためのプランです。

ドメインをWixに移管することで、Wix作成ツールを活用しホームページ開設することができます。

ただし、ドメイン接続プランには3つのデメリットがあります。

【デメリット①】データ容量が500MB

ドメイン接続プランでは、データ容量が「500MB」までといった制限があります。

一般的に1ページあたりの容量は「1MB ~ 3MB」といわれているので、ページ数的には問題ありませんが、これは画像コンテンツを多用しない場合です。

画像を多く掲載する場合は「500MB」だと少し物足りない容量といえます。

【デメリット②】広告が表示される

ドメイン接続プランでは、無料プランと同じようにWixの広告が表示されるデメリットがあります。

Wixの広告が表示されることは、企業としてのイメージが低下するリスクもあるので、ビジネスを目的としたホームページ作成ではドメイン接続プランはおすすめできません。

ドメイン接続プランでも月額550円(税込)の費用が必要なので、それであれば月額990円(税込)の「ベーシックプラン」に契約し広告を非表示した方が良いでしょう。

【デメリット③】移管可能な拡張子が限られている

ドメイン接続プランでは、移管可能なドメイン拡張子が限られているデメリットもあります。

Wixで移管可能なドメインの拡張子は以下の通りです。

.com, .org, .net, .biz, .info, .co, .tv, .guru, .email, .expert, .online, .photography, .pictures, .space, .rocks .tokyo, .xyz., .company, .club, .solutions, .today, .technology, .tips, .center, .directory, .ninja, .photos, .land, .agency, .gift, .holiday, .christmas, .shop, .art, .mx.

引用:Wix Support

移管可能な拡張子を確認した上で、ドメイン移管を検討しましょう。

関連記事

他社で管理しているドメインをWixに移管する方法や、Wixで独自ドメインを取得する方法については、以下のコラム記事で解説しています。

Wixの独自ドメイン取得ガイド【接続できないときの対処方法も紹介】

Wix料金の支払い方法

続いて、Wix料金の支払い方法について紹介します。

Wixでは、料金の支払いを「月支払い」「1年分一括支払い」「2年分一括支払い」から選択可能です。

契約期間が長いほど料金を節約することが可能ですが、料金を全て前払いする必要があります。

料金プランページの表示価格に注意

Wixの料金プランページにある表示価格には注意が必要です。

Wixの料金プランページ

出典:Wix

上記図に記載されている料金は全て「1年契約をした場合の月額料金」となります。

仮に「ベーシックプラン」を1年契約ではなく、月々の契約とした場合、毎月Wixに支払う金額は、990円(税込)ではなく、1,430円(税込)となります。

例として「ベーシックプラン」の契約期間別の料金詳細を見てみましょう。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

契約期間 1月あたりの料金 詳細
2年契約 880円 月契約よりも
年間6,600円お得
1年契約 990円 月契約よりも
年間5,280円お得
月契約 1,430円

※税込表示

お支払い周期の選択

出典:Wix

契約期間別の料金は支払い画面で確認できるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

料金を節約する方法

Wixでは、契約期間以外にも料金を節約する方法があります。 料金節約方法を2つ紹介します。

Wixキャンペーンを利用する

Wixキャンペーン

出典:Wix Support

節約方法1つ目は、Wixキャンペーンを利用する方法です。

Wixでは不定期でキャンペーンプロモーションを実施しており、キャンペーン時に有料プランに登録すると料金を節約することが可能です。

また「WebsitePlanet.com」や「Coupons PROMO CODES」といったアフェリエイトサイトでもWixの無料クーポンも発行されているので、こちらを活用しても料金を節約することができます。

VPNを利用する

節約方法2つ目は、VPNを利用する方法です。

Wixは各国によってプラン料金がことなります。

例えば、日本のVIPプランは月額2,750円(税込)ですが、メキシコのVIPプランは約1,746円です。

日本にいながらメキシコのWixに登録できれば、料金を節約することが可能です。

海外サービスに登録するには、VPNを活用します。

VPNとは、インターネット上に設置する仮想のネットワークです。

特定の人だけが利用できるネットワークとなるため、自宅にいながら会社のLANにアクセスしたり、海外でしか配信されていないコンテンツを利用する用途で使用されています。

VPNを利用すれば、安全にメキシコのWixに登録し、料金を節約することが可能です。

VPNサービスは無料で提供されているものも多いですが、安全に考慮するのであれば有料サービスを利用します。

「HideMyAss」のようなメジャーなVPNサービスを利用すれば、月額300円程度で利用が可能です。

Wixの料金プランについての注意点

Wix料金プランの注意点について紹介します。

Wixでは、プラン料金の他にも費用が発生する可能性があります。

下記内容を加味した上で、Wixの導入を検討しましょう。

  • 2年目以降は独自ドメイン更新費用が発生する
  • メールアドレス取得は別途費用がかかる
  • Wixアプリは有料が多い
  • データ容量使い放題プランがない
  • 有料プランを解除すると無料サイトに切り替わる

2年目以降は独自ドメイン更新費用が発生する

注意点1つ目は、2年目以降は独自ドメイン更新費用が発生する点です。

Wixの有料プランに加入すると、独自ドメインが無料で取得できますが、これは初年度のみです。

取得したドメインにもよりますが、年間で約1,300円~1,800円ほどのドメイン費用を2年目以降に支払う必要があると覚えておきましょう。

メールアドレス取得は別途費用がかかる

注意点2つ目は、メールアドレス取得に別途費用がかかる点です。

取得したドメイン名のメールアドレスを取得する場合は、Wixと「Google Workspace」を連携する必要があります。

この時、別途費用として月額680円(税込)がかかります。

Google Workspace(旧:Gsuite)はGoogleが提供するクラウド型グループウェアサービスです。

メールだけではなくGoogleの「Google Meet」「カレンダー」「ドライブ」「スプレッドシート」などを一括で管理できるサービスとなっています。

Wixアプリは有料が多い

注意点3つ目は、有料アプリの多さです。

Wixには、ホームページ機能を簡単に拡張できるアプリが複数用意されています。

アプリは無料で利用できるものもありますが、多くのアプリは有料です。

1つのアプリあたり平均300円~1,500円の月額料金が発生します。

代表的なアプリと料金について紹介します。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

Wixアプリ名 特徴 料金プラン
Wixイベント イベント作成・管理やチケット販売が可能 約2,216円
(プレミアムプラン)
Wixミュージック 曲をアップロードし、アルバム、プレイリストを作成 約1,006円
(プレミアムプラン)
Live Chat & Chatbots ライブチャット、電子メールを一括管理 約1,108円
(チャットプレミアム)
Social Media Stream SNSとWixホームページを連携が可能 約659円
(SILVERプラン)
Rollover Image Effects アニメーション作成が可能 約442円
(ROLLOVERプラン)

※税込表示

Wixには便利な機能を搭載したアプリが数多くあります。

しかし、WordPressのプラグイン(機能拡張アプリ)とWixを比較すると有料の割合が多く、Wixで様々なアプリを導入すると結果的にコストが高くなる可能性があります。

Wixはカスタマイズ性に優れたホームページ作成サービスですが、カスタマイズにはある程度の費用がかかると覚えておきましょう。

関連記事

Wixのアプリについて詳しく知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

Wixのおすすめアプリ20選!【無料アプリや使い方も紹介】

データ容量使い放題プランがない

注意点4つ目は、Wixにはデータ容量使い放題プランがない点です。

Wixの「ホームページプラン」「ビジネス&Eコマースプラン」ともにデータ容量無制限プランは存在しません。

例えば「ベーシックプラン」を契約したあとに「アドバンスプラン」→「VIPプラン」とアップグレードしなくてはいけない状況も十分考えられます。

有料プランを解除すると無料サイトに切り替わる

注意点5つ目は、Wix有料プラン解約についてです。

Wixの有料プランを解約した場合は、ホームページは削除されずに無料プランのホームページに切り替わる仕組みになっています。

Wixの広告が表示され、独自ドメインもサブドメインに切り替わります。

新しいホームページを別途作成する場合、以前のホームページが残っているとSEO的に悪い影響があるので、Wix内でのホームページ削除が必要です。

ビジネス管理が可能なWix Ascendも活用しよう

Wixには、ビジネス管理が可能になる「Wix Ascend」というマーケティングツールが用意されています。

「Wix Ascend」にも3つの料金プランがあるので「Wix Ascend」の特徴と各料金プランについて紹介します。

Wix Ascendとは

Wix Ascendとは、ユーザーへの認知から商品購入その後の分析業務を一括で管理できるビジネスツールです。

ビジネスに必要な機能が備わっているだけではなく、各作業フローを自動化することも可能となっています。

先ほど紹介した、Wixアプリがパッケージになっているため、アプリを個々で導入するよりもコストを抑えることができます。

Wix Ascendの代表的な機能は下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

機能 詳細
連絡先リスト 自動でユーザーの連絡先リストを作成
サイト会員 サイト会員ごとに異なるWebページへのアクセス許可
Wix Inbox チャットのやり取りを一括管理
Wix チャット モバイルアプリからもチャットが利用可能
ビデオメーカー PR動画作成ツール
Wixオートメーション 訪問者が特定の行動を取った通知する
Wix請求書 ネットショップ用の請求書発行サービス
見積書 見積もり書類作成サービス
SEOレポート 上位表示のためのサポートが受けられる
メルマガ配信 連絡先リストからメルマガ配信が可能
マーケティングツール Web広告の分析や他分析ツールとの連携が可能
タスク管理 To-Doリストを作成し
リマインダーを受信 クーポン ネットショップ用のクーポン発行が可能

「Wix Ascend」では、上記のような便利なツールが利用できます。

続いては「Wix Ascend」の3つの料金プランについて見ていきましょう。

  • Ascendベーシック
  • Ascendプロ
  • Ascend無制限

Ascendベーシック

項目 詳細
月額料金 1,017円
メルマガ配信 毎月5回まで
フォーム追加 10個まで
タスク管理 ×
請求書 最大5個まで
オートメーション作成 最大7個まで
動画作成 5 本まで

※税込表示

Ascendベーシックは、企業の成長に欠かせない基本的なビジネス機能を搭載したプランです。

月額1,017円(税込)で利用が可能となっています。

Ascendプロ

項目 詳細
月額料金 2,442円
メルマガ配信 毎月20回まで
フォーム追加 最大20個まで
タスク管理 最大5名まで
請求書 無制限
オートメーション作成 毎月最大20個まで
動画作成 毎月最大 10本まで

※税込表示

Ascendプロプランは、ビジネスをさらに加速させるためのプランです。

Wix Ascendの中でも一番人気のプランとなっており、月額2,442円(税込)で利用可能です。

Ascend無制限

項目 詳細
月額料金 4,984円
メルマガ配信 無制限
フォーム追加 無制限
タスク管理 無制限
請求書 無制限
オートメーション作成 無制限
動画作成 毎月最大 15本まで

※税込表示

Ascend無制限は、ビジネス向けの最上級のプランです。

ほとんどの機能が無制限で利用でき、月額4,984円(税込)で利用可能です。

まとめ

Wixの料金プランガイドを紹介しました。

今回のポイントは下記の通りです。

  • 個人・企業は「ホームページプラン」がおすすめ
  • ネットショップは「ビジネス&Eコマースプラン」がおすすめ
  • Wixの無料プランは、サブドメインで広告表示がある
  • ドメイン移管に特化した「独自ドメインプラン」もある

Wix料金プランの注意点は下記5つです。

  1. 2年目以降は独自ドメイン更新費用が発生する
  2. メールアドレス取得は別途費用がかかる
  3. Wixアプリは有料が多い
  4. データ容量使い放題プランがない
  5. 有料プランを解除すると無料サイトに切り替わる

Wixには、多くの料金プランが用意されています。

料金プランを選定する際は、自社ホームページの目的を明確にした上で選定しましょう。

自社のWebマーケティングに力を入れていきたい場合は「Wix Ascend」の活用もおすすめです。

また、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイでは、ホームページの目的に合わせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

また、ネットショップ(ECサイト)の制作サービスも提供しております。

ホームページ制作サービスについてはこちら
ネットショップ制作サービスについてはこちら

ホームページ作成ソフトに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)