Wixの独自ドメイン取得ガイド【接続できないときの対処方法も紹介】

      
wix独自ドメイン取得ガイド

HTMLやCSSなど専門知識がなくてもホームページの作成ができるサービスがWix(ウィックス)です。

ビジネスを目的としたホームページ運用の場合、信頼性の証明のためにも独自ドメインは必要です。

しかし、Wixで独自ドメインを取得する上で、

『Wixで独自ドメインを取得する方法が分からない』
『独自ドメインを取得する費用が知りたい』
『外部で取得したドメインをWixに移管する方法が知りたい』

上記のような課題が生じるかと思います。

本コラム記事では、企業のホームページ担当者様へ向けて「Wix内で独自ドメインを取得する手順」「外部からドメインを移管する手順」「ドメイン接続できないときの対処方法」を紹介しています。

関連記事

Wixでホームページを作成する方法については、以下のコラム記事で解説中です。

Wixの使い方完全ガイド【ホームページの作り方を10STEPで紹介】

Wixで独自ドメインを取得する方法は2つ

Wixで独自ドメインを取得する方法は2つあります。

  • Wix内で有料プランに加入してドメインを取得
  • 外部で取得したドメインをWixに移管する

2つの方法の料金についても解説しているので、参考にしてください。

Wix内で有料プランに加入してドメインを取得

1つ目は、Wix内で有料プランに加入して独自ドメインを取得する方法です。

Wixでは複数の有料プランが用意されており、ホームページを有料プランにアップデートすることで独自ドメインを取得できます。

有料プランにアップグレード(年間契約)すると「1年間無料のドメインクーポン」が発行されるので、実質1年間は無料でドメインが利用できます。

2年目以降は、有料プラン利用料の他に独自ドメイン代の支払いが必要です。

ドメイン代に関しては、取得するドメインの種類(トップレベルドメイン)によって料金がことなります。

Wixで独自ドメインを取得する料金

Wixで独自ドメインを取得するには、有料プランに加入する必要があります。

Wixには、個人やビジネス向けの「ホームページプラン」とネットショップに対応した「ビジネス&Eコマースプラン」が設けられています。

ホームページプランの有料プランには、下記3つが用意されています。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

ベーシック アドバンスプラン VIPプラン
月額 990円 1,430円 2,750円
広告表示 なし なし なし
帯域幅 2GB 無制限 無制限
データ容量 3GB 10GB 35GB
動画アップロード 30分まで 1時間まで 5時間まで
向いている方 小規模ホームページ 中小企業 メディアサイト

※税込表示

ビジネス&Eコマースプランの有料プランには、下記3つが用意されています。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

ビジネスプラン ビジネスプラス ビジネスVIPプラン
月額 1,980円 2,860円 4,180円
広告表示 なし なし なし
帯域幅 無制限 無制限 無制限
データ容量 20GB 35GB 50GB
動画アップロード 5時間まで 10時間 無制限
向いている方 小規模なネットショップ 画像や動画を多くアップロードする方 ネットショップの稼働率が高い

※税込表示

関連記事

Wixの料金プランの詳細については、以下のコラム記事で解説しています。

Wixの料金プランガイド【自社に合ったプランが分かります】

外部で取得したドメインをWixに移管する

2つ目は、外部で取得したドメインをWixに移管する方法です。

「お名前.com」や「ムームードメイン」といった外部のドメイン取得サービスからWixにドメインを移管します。

ドメインの種類(トップレベルドメイン)によっては、Wixでドメイン代を支払うよりも安くなるケースもありますが、移管するための手続きが必要です。

ドメイン移管するのにかかる料金

Wixにドメインを移管する場合は、先ほどで紹介した有料プランもしくは、月額550円(税込)の「ドメイン接続プラン」に加入する必要があります。

Wixの無料プランでは、ドメイン移管ができないので注意が必要です。

また、ドメイン接続プランには「帯域幅=1GB」「データ容量=500MB」「広告表示あり」といった制限があります。

ドメイン接続プランよりも広告表示のない「ベーシックプラン」への加入がおすすめです。

Wixで独自ドメインを取得する3つのメリット

Wixで独自ドメインを取得する3つのメリットを紹介します。 独自ドメイン取得を検討している方は、下記内容を参考にしてください。

  • 自社の資産になる
  • ホームページの印象が良くなる
  • SEO対策につながる

自社の資産になる

独自ドメインを取得すると、ホームページが自社の資産になります。

Wixの無料プランの場合は、サブドメイン運用となるため、ドメインの所有権はWix側にあります。
そのため、ホームページ自体は自社の資産になりません。

仮に、Wix自体がサービスの提供を終了した場合には、ホームページが消えてしまいます。

しかし、独自ドメインを取得すれば、自社の資産としてホームページを残すことが可能です。

ホームページの印象が良くなる

ホームページの印象が良くなるのも、独自ドメインのメリットです。

Wixの無料プランでサブドメイン運用をする場合、ホームページのURLは「https://○○〇.wixsite.com」になります。

「wixsite.com」が固定となるため、URLをみただけで、Wixの無料プランでホームページを作成したことが伝わってしまいます。

無料のホームページとなると、企業イメージ低下のリスクも考えられるので、信頼性を証明するためにも独自ドメイン取得は必要です。

SEO対策につながる

SEO対策につながるのも独自ドメイン取得のメリットです。

独自ドメインは、サービス提供元に依存しないドメインとなるので、自社で管理を徹底すればSEOに有利なホームページを作成できます。

一方、サブドメインはサービス提供元に依存する形となるので、良くも悪くもSEOの影響を受けてしまう可能性があります。

そのため、SEO対策の効果を最大限発揮させるには、サービス提供元の影響を受けない、独自ドメインでの運用がおすすめです。

関連記事

Wixで今すぐできるSEO対策については、以下のコラム記事で解説しています。

WixのSEO対策10選【Wixでも上位表示は狙えます】

Wixで独自ドメインを取得する手順

Wix内で独自ドメインを取得する手順を紹介します。

【STEP1】プランのアップグレード

今すぐアップグレード

出典:Wix

プランをアップグレードしたいホームページを立ち上げて「今すぐアップグレード」を選択します。

ベーシックプラン

出典:Wix

加入したい有料プランを選択します。

「ホームページプラン」に加入している場合は、上記のような画面が表示されるはずです。
今回は「ベーシックプラン」を選択します。

周期を選択

出典:Wix

契約周期を「2年」「1年」「月額」から選択します。
選択後は「お支払いに進む」を選択しましょう。

支払い情報

出典:Wix

支払い情報を入力します。

【STEP2】ドメイン名を選択

ドメイン登録

出典:Wix

支払いが完了したら、取得したいドメイン名の文字列を入力して検索しましょう。

希望のドメインを選択

出典:Wix

すでにドメインが使われている場合は登録できませんが、画面のようにドメインを提示してくれるので、希望のドメインを選択してください。

【STEP3】ドメインを登録する

契約期間を選択

出典:Wix

独自ドメインの契約期間を選択します。
選択後は「次へ」を選択してください。

連絡先

出典:Wix

連絡先情報を入力して「次へ」を選択します。

プライベート登録の有無

出典:Wix

プライベート登録の有無を選択しましょう。

独自ドメイン保有者の個人情報をインターネット上で公開したくない場合は「プライベート登録」を選択してください。

「プライベート登録」と「パブリック登録」の違いについては、コラム記事後半で詳しく紹介しています。

支払い

出典:Wix

最後にドメイン代の支払いをすれば完了です。

年間契約で独自ドメインの無料クーポンを取得している方は「クーポンコードを入力」から使用してください。

外部で取得したドメインをWixに移管する手順

続いて、外部で取得したドメインをWixに移管する手順は下記の通りです。

今回は、ドメイン取得サービスの「お名前.com」を例に紹介します。

【STEP1】独自ドメイン取得(お名前.com側)

お名前.com

出典:お名前.com

お名前.comにアクセスして、独自ドメインを取得します。
ただし、Wixに移管できるドメインの拡張子には制限があります。

下記ドメイン以外を取得しないように注意してください。

現在移管可能なドメインの拡張子は以下の通りです:.com、.org、.net、.biz、.info、.co、.tv、.guru、.email、.expert、.online、.photography、.pictures、.space、.rocks、.tokyo、.xyz.、.company、.club、.solutions、.today、.technology、.tips、.center、.directory、.ninja、.photos、.land、.agency、.gift、.holiday、.christmas、.shop、.art、.mx

引用:Wixヘルプセンター

利用しない

出典:お名前.com

Wixのサーバーを利用するので、レンタルサーバーは「利用しない」を選択して、支払い手続きを完了してください。

完了画面

出典:お名前.com

申し込み完了画面が表示されれば完了です。

【STEP2】Wixの設定

ダッシュボード

出典:Wix

Wixのダッシュボードを開き、画面下部にある「今すぐ接続」を選択します。

登録済みのドメイン

出典:Wix

「登録済みのドメインを接続」を選択してください。

ドメイン名入力

出典:Wix

先ほど取得したドメイン名を入力します。
この時、下部の接続方法を「ポインティング」に切り替えます。

スタート

出典:Wix

上記画面が表示されたら「スタート」を選択してください。

DNSコード

出典:Wix

ステップ4/4に表示されているDNSコードをコピーします。

CNAMEは「ホスト名」と「値」をコピーしてください。
Aタイプは「値(IPアドレス)」のみをコピーします。

【STEP3】ネームサーバー設定(お名前.com側)

ドメイン設定

出典:お名前.com

お名前.com Naviにログインして、タブにある「ドメイン設定」を選択します。
取得したドメイン名を選択して「次へ」を選択しましょう。

設定

出典:お名前.com

「DNSレコード設定を利用する」にある「設定」を選択します。

VALUE

出典:お名前.com

「VALUE」に先ほどコピーしたAレコードのIPアドレスを入力します。
ホスト名は空欄でOKです。

入力したら「追加」を選択します。

CNAMEレコード

出典:お名前.com

続いて、CNAMEレコードを入力します。
CNAMEレコードでは、先ほどコピーした「ホスト名」と「値」を入力してください。

入力後「追加」を選択します。

確認画面に進む

出典:お名前.com

最後にページ下部にある「確認画面に進む」を選択しましょう。

【STEP4】移管を開始(Wix側)

レコードを更新しました

出典:Wix

Wixのダッシュボードに戻り「レコードを更新しました」を選択します。

設定完了

出典:Wix

「ドメインの接続完了まで少々お待ちください」と表示されれば設定完了です。
ドメインが接続されるまで、最大48時間かかります。

Wixでドメイン接続できないときの対処方法

Wixでドメイン接続できないときの対処方法について紹介します。

ドメイン接続がうまくいかない方は、下記内容を参考にしてください。

ドメインが正しくに割り当てられているか確認

Wixでドメインが接続できないときは、ドメインが正しくホームページに割り当てられているか確認してみましょう。

リダイレクト

出典:Wix

ダッシュボードからドメイン管理画面を開き、ドメインの接続情報を確認します。

複数のホームページをWixで作成しており、違うホームページにドメイン割り当ててしまった場合は「プライマリドメインへのリダイレクト」を実施すれば、Wix内でのドメイン移管が可能です。

ドメイン管理画面の「…」→「Wixにドメイン移管する」を選択すれば、ドメインを移管できます。

ホームページを公開していない

Wixで作成したホームページを公開しているか確認しましょう。

ホームページが非公開になっていると、ドメイン接続が完了してもホームページは閲覧できません。

公開

出典:Wix

ホームページを公開していない場合は、編集画面の右上の「公開」を選択しましょう。

Wixで独自ドメインを取得する際の4つのポイント

Wixで独自ドメインを取得する際のポイントについて紹介します。

独自ドメインを取得するときは下記内容も実践してみましょう。

  • 1年間無料ドメインクーポンを使用
  • Wixで設定したドメインのSSL化を確認
  • プライベート登録またはパブリック登録の選択
  • メールアカウントの取得

1年間無料ドメインクーポンを使用

Wixでは有料プランにアップグレードすると、1年間無料のドメインクーポンを取得できるので活用しましょう。

しかし、1年間無料のドメインクーポンを取得できるのは、契約期間「2年」「1年」のみとなっています。

「月額」の契約では、ドメイン代を初年度から支払う必要があるので注意が必要です。

Wixで設定したドメインのSSL化を確認

Wixで独自ドメインを取得したあとは、SSL化の設定を確認しましょう。

SSLは、インターネット上でのデータ通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐための設定です。

SSLを有効にするとURLが「http」→「https」に変わります。 特にネットショップでユーザーがクレジットカード情報を記入する場合、SSL化は必須です。

Wixは、以前まで手動にてSSL化に切り替える必要がありましたが、2021年時点でホームページを作成すると自動でSSLが有効化されるようになりました。

念のため、作成したホームページURLの冒頭が「https」に切り替わっているか確認しましょう。

プライベート登録またはパブリック登録の選択

プライベート登録

出典:Wix

Wixでは、独自ドメインを取得するときに「プライベート登録」または「パブリック登録」を選択する必要があります。

パブリック登録は、独自ドメインの登録をしたときの個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を「WHOIS」に表示させます。

WHOISとは、インターネット上で各ドメインの所有者に関する情報を提供する、オンライン上の電話帳のようなものです。

そのため、WHOISでドメインの登録情報を検索すると個人情報が閲覧できます。

一方、プライベートドメインは、Wix側の情報が代わりにWHOISに掲載されるので、ドメイン所有者の個人情報が閲覧される心配はありません。

企業ではなく、個人でホームページを開設する場合はプライベートドメイン登録をしておいた方が安全といえます。

ただし、プライベートドメイン登録は年間300円の費用がかかります。

メールアカウントの取得

Wixでは、独自ドメインと同じメールアドレスを取得できます。

独自ドメインのメールアドレスは、企業の信頼性を高めるためにも重要となるので、ビジネスを目的としたホームページであれば取得をおすすめします。

WixはGoogleと提携しているため、独自ドメインごとに「Googleハングアウト」や「Googleドライブ」と連携することも可能です。

関連記事

Wixで独自ドメインからメールアドレスを取得する方法については、以下のコラム記事をご覧ください。

Wixでメールアドレスを取得する方法【アドレス変更・追加方法についても徹底解説】

まとめ

Wixの独自ドメイン取得ガイドを紹介しました。

Wixで独自ドメインを取得する方法は下記2つです。

  1. Wixの有料プランに加入してドメインを取得する
  2. 外部で取得したドメインをWixに移管する

独自ドメインを取得するメリットは下記の通りです。

  • 自社の資産になる
  • ホームページの印象が良くなる
  • SEO対策に繋がる

Wixで独自ドメインを取得する手順は下記の通りです。

  • 【STEP1】プランのアップグレード
  • 【STEP2】ドメイン名を選択
  • 【STEP3】ドメインを登録する

外部で取得したドメイン(お名前.comの場合)をWixに移管する手順は下記の通りです。

  • 【STEP1】独自ドメイン取得(お名前.com側)
  • 【STEP2】DNSコードをコピー(Wix側)
  • 【STEP3】ネームサーバー設定(お名前.com側)
  • 【STEP4】移管を開始(Wix側)

Wixで独自ドメインを取得する際のポイントは下記の通りです。

  • 1年間無料ドメインクーポンを使用
  • Wixで設定したドメインのSSL化を確認
  • プライベート登録またはパブリック登録の選択
  • メールアカウントの取得

企業において、独自ドメインでホームページ運用するのは必須といってもいいです。

Wixでホームページの作成と同時に独自ドメインを取得していきましょう。

また、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しております。

ビズサイでは、ホームページの目的に合わせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます(詳しくはこちら)。

ホームページ作成ソフトに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)