Jimdoのメール設定完全ガイド【Outlook/Gmailへの転送方法も紹介】

      
Jimdoメール設定完全ガイド

Jimdo(ジンドゥー)の有料プランに加入していれば、独自ドメインのメールアドレスを取得できます。

コーポレートサイトの場合であれば、独自ドメインのメールアドレスにすることで企業の信用度が高まるメリットがあります。

しかし、Jimdoでメールアドレスを取得する上で、

『メールアカウントの作成方法が分からない』
『メールソフトやデバイスに連動させる手順が知りたい』
『JimdoのWebメール設定方法が分からない』

上記のような課題が生じるかと思います。

本コラム記事では、企業のホームページ担当様へ向けてJimdoの「メールアカウント作成方法」「他メールソフトへの連動方法」「Webメール設定方法」を紹介しています。

関連記事

Jimdoでホームページを作成する方法については、以下のコラム記事で解説中です。

Jimdoの使い方【PC・スマホのマニュアル】

Jimdoメール設定にはメールアカウントが必要

Jimdoからメール設定をするには、メールアカウントの開設が必要です。

まずは、下記手順に従ってメールアカウントを開設しましょう。

【STEP1】独自ドメインの取得

Jimdoでかんたんホームページ作成!

出典:Jimdo<

Jimdoでメールアドレスを取得するには、Jimdoの有料プランに加入して、独自ドメインを取得する必要があります。

Jimdoの編集画面にある「アップグレード」を選択して、独自ドメインを取得しましょう。

関連記事

Jimdoで独自ドメインを取得する手順は、下記のコラム記事で解説しています。

Jimdoの独自ドメイン取得完全ガイド【ドメイン名選定のコツも紹介】

【STEP2】メールアカウントの購入

メールアカウントを購入する

出典:Jimdo

独自ドメインを取得後は、Jimdoの管理メニューから「ドメイン・メール」→「メールアカウント」を選択して「さらに詳しく」をクリックします。

メールパッケージ

出典:Jimdo

メールオプションを選択します。
オプションは下記2つから選択可能です。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

プラン 詳細 年額料金
メールパッケージ 容量10GBのメールアカウントを10件追加 6,600円(※)
追加メールアカウント 容量10GBのメールアカウントを1件追加 990円(※)

※税込表示(初年度のみ割引きあり)

追加メールアカウント

出典:Jimdo

選択後に「銀行振り込み」または「クレジットカード」で支払いを完了します。

【STEP3】メールアカウントの作成

まだメールアカウントが作成されていません

出典:Jimdo

メールオプション申し込み後、Jimdoの管理メニューから「ドメイン・メール」→「メールアカウント」を選択します。
その後「メールアカウントを作成する」を選択します。

新しいメールアカウント

出典:Jimdo

「任意のメールアドレス」「登録者名」「パスワード」を入力します。

メールアカウント・Webメール

出典:Jimdo

上記の画面が表示されると、メールアカウントの作成は完了となります。

Jimdoのメール設定には2つの方法がある

Jimdoのメール設定には「Webメール」「メールソフトやデバイスに連動」の2つの方法があります。

下記内容を参考に自社の運用しやすい方法で、メール設定を実施しましょう。

Webメールとして利用する

Webメールは、Jimdoのメールサービスを利用する方法です。

ブラウザからいつでもメールの内容を確認できるので、さまざまな用途に対応できます。

しかし、初期設定が英語表示となるため、言語変更が必要です。

また、セキュリティ対策に関しても、自社でスパムフィルタ設定をしなくてはいけません。

メールソフトやデバイスに連動させる

2つ目の設定方法は「Gmail」「Outlook」などのメールソフトを連動する方法です。

Webメールと違い、メールソフトはセキュリティ対策がしっかりしており、使い慣れたメールソフトをそのまま利用できるメリットがあります。

しかし、連動のためのメール設定が難しいのがデメリットです。

JimdoのWebメール設定方法

はじめに、JimdoのWebメール設定方法を紹介します。

JimdoのWebメールの場合、特に設定しなくても利用可能ですが「言語設定」「スパムメール設定」「メール署名を作成」等をしておけば、スムーズに運用できます。

【STEP1】JimdoのWebメールにログイン

Jimdoログイン

出典:Jimdo Webmail

こちらにアクセスして、JimdoのWebメールにログインしましょう。

ログイン完了後

出典:Jimdo Webmail

ログインが完了すると上記の画面に移動します。
全て英語表示となるため、まずは言語設定を実施しましょう。

【STEP2】言語設定

Settings

出典:Jimdo Webmail

画面右上にあるメールアドレスの横にある 「≡」→「 Settings 」を選択してください。

日本語

出典:Jimdo Webmail

「General Settings 」→「Language & Date/Time」内にある「Language」を「日本語」に変更して、最後に画面右下にある「Save」を選択します。

日本語に切り替わっていれば完了です。

出典:Jimdo Webmail

日本語に切り替わっていれば完了です。

タイムゾーン

出典:Jimdo Webmail

必要に応じてタイムゾーンも「Asia/Tokyo」に変更しておきましょう。

【STEP3】スパムメール設定

スパム設定

出典:Jimdo Webmail

設定メニューから「スパム設定」を選択します。
「優先タブ」にあるスパムフィルタステータスを「有効」にします。

「スパムメールの扱い」では、スパムメールを受信したときの対処法が選択できるので、こちらも設定しておきましょう。

最後に画面右下にある「保存」を選択すれば完了です。

【STEP4】メール署名を作成

メール署名

出典:Jimdo Webmail

JimdoのWebメールでは、メール署名設定も可能です。
「設定」→「メール作成」→「署名」→「新しい署名の追加」を選択します。

署名を追加

出典:Jimdo Webmail

署名を追加して、最後に画面右下の「はい」を選択しましょう。

保存

出典:Jimdo Webmail

最後に「保存」を選択すれば完了です。

自動応答メールは日本語に対応していない

日本語非対応

出典:Jimdo Webmail

JimdoのWebメールでは「設定」→「受信メール」→「ステータスオン」を選択すると、自動応答メールを実装できます。

しかし、この設定は日本語に対応していないため、半角の英数字のみの設定となります。

Webメールの画面は日本語で表示されるので、誤って設定しないよう注意してください。

メールソフトやデバイスに連動させる設定方法【Gmail編】

続いて、Jimdoのメールアカウントと「Gmail」を連動させる設定方法を紹介します。

Gmailを活用している方は、下記内容を参考にしてください。

【STEP1】Google Workspaceに登録

無料利用を開始

出典:Google Workspace | ビジネスアプリとコラボレーション ツール

まずは、Google Workspaceに登録しましょう。
「無料試用を開始」を選択して、アカウントを作成しましょう。

ビジネス情報の入力

出典:Google Workspace

ビジネス情報を入力していきます。

ご利用のドメイン

出典:Google Workspace

自社のドメイン入力が求められるので、Jimdoで作成したドメイン名を入力しましょう。

出典:Google Workspace

ドメイン登録が完了したら、Google Workspaceのログイン情報を設定します。

【STEP2】本人確認

本人確認の実施

出典:Google Workspace

アカウント作成後は、本人確認があります。
電話番号を入力して本人確認を実施しましょう。

【STEP3】ドメイン所有権の証明

ドメイン所有権の証明

出典:Google Workspace

本人確認が終了すると、管理ページにログインできます。
こちらで登録したドメイン所有権の証明を設定していきます。

認証方法の選択

出典:Google Workspace

認証方法は下記4つの方法から選択できます。

  • TXTレコードを作成する
  • CNAME レコードを作成する
  • メタタグを追加する
  • HTMLファイルをアップロードする

Jimdo内で独自ドメインを取得した場合は「メタタグを追加する」、それ以外では「Gmail」と連動は実施できないので注意が必要です。

メタタグの追加

出典:Google Workspace

表示されているメタタグをコピーします。

【STEP4】Jimdo管理画面でヘッダー編集

ヘッダー編集

出典:Jimdo

Jimdoの管理メニューから「基本設定」→「ヘッダー編集」を選択して、メタタグを貼り付けます。

ドメイン所有権を証明

出典:Google Workspace

Google Workspaceの管理画面に戻り「ドメイン所有権を証明」を選択します。
この手順で承認されれば完了です。

【STEP5】Jimdo側の設定

メールサーバーの設定

出典:Jimdo

最後に、Jimdoの管理メニューから「ドメイン・メール」→「ドメイン」を選択し、メールアカウントに使用するプロバイダを「Google Workspace(旧G Suite)」に変更します。

Googleログイン

出典:Jimdo

Google Workspaceにログインして、Jimdoと紐づけが完了すれば「Gmail」との連動は完了となります。

メールソフトやデバイスに連動させる設定方法【Outlook編】

続いて、OutlookとJimdoメールアカウントを連動させる設定方法を紹介します。

事前にOutlookアカウントを作成した上で、実行してください。
また、下記で紹介する方法は、Outlook 2016 (Windows)での連動手順となります。

【STEP1】アカウントの追加

アカウント情報

出典:Outlook

Outlookを立ち上げて「ファイル」→「アカウントの追加」を選択します。

Outlook

出典:Outlook

「詳細オプション」→「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れて、Jimdo独自ドメインのアドレスを入力します。

【STEP2】IMAPのアカウント設定

IMAP

出典:Outlook

サービスの選択画面で 「IMAP」を選択しましょう。

IMAPアカウント

出典:Outlook

下記内容を記入します。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

アカウントの種類(A) IMAP
受信メールサーバー(I) secure.emailsrvr.com
送信メールサーバー(SMTP)(O) secure.emailsrvr.com
受信サーバー(ポート) 993
送信サーバー(ポート) 465

暗号化方法は「SSL/TLS」を選択してください。

また「受信」「送信」の「セキュリティで保護されたパスワード認証でのログオンが必要」にチェックを入れます。

IMAPアカウントの設定

出典:Outlook

Jimdoのメールアカウントのパスワードを入力します。

アカウントが正常に追加されました

出典:Outlook

アカウントが正常に追加されれば完了です。

【STEP3】Jimdo側の設定

Outlookに変更すれば完了

出典:Jimdo

最後にJimdoの管理メニューから「ドメイン・メール」→「ドメイン」を選択し、メールアカウントに利用するプロバイダを「Outlook」に変更すれば完了です。

Outlookのアカウント追加が認証されない場合の対処法

POP

出典:Outlook

上記で紹介した方法でOutlookアカウントが追加できない場合は「IMAP」ではなく「POP」で設定してみましょう。

POPアカウントの設定

出典:Outlook

記入内容は下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

アカウントの種類(A) POP
受信メールサーバー(I) secure.emailsrvr.com
送信メールサーバー(SMTP)(O) secure.emailsrvr.com
受信サーバー(ポート) 993
送信サーバー(ポート) 465

暗号化方法は「SSL/TLS」を選択します。

また、下記3つの項目には全てチェックを入れてください。

  • このサーバーでは暗号化された接続が必要
  • セキュリティで保護されたパスワード認証でのログオンが必要(送信側)
  • セキュリティで保護されたパスワード認証でのログオンが必要(受信側)

「IMAP」と「POP」の違い

Outlookでは「IMAP」「POP」どちらかを選択して、メールアカウントを連動できます。
両者には下記のような違いがあります。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

連動方法 特徴
POP パソコンにメールデータを保存する
IMAP メールデータはパソコンにダウンロードや保存をしない

IMAPは、パソコンにメールを保存しないため、POPよりもセキュリティ面に期待でき、容量を気にする必要がありません。

そのため、OutlookとJimdoを連動するときには「IMAP」がおすすめです。

Jimdoのメール設定でよくある質問

最後に、Jimdoメール設定でよくある質問について紹介します。

Jimdoでメールを受信できない場合

Jimdoでメールを受信できない場合は、スパム設定が原因の可能性があります。

セーフリスト

出典:Jimdo

JimdoのWebメールであれば、画面右上にある「≡」から「設定」→「スパム設定」→「セーフリスト」を選択して設定を確認しましょう。

信したいメールアドレスを入力

出典:Jimdo

上部のセーフリスト内に受信したいメールアドレスを入力します。

例えば「ABC@test.com」というメールアドレスから受信ができない場合は「@test.com」をセーフリスト内に追加しましょう。

セーフリストに追加されたドメインは、スパムフィルタを経由しないので、受信できるようになるはずです。

JimdoのWebメールにログインできない

メールアカウント

出典:Jimdo

JimdoのWebメールにログインできない場合は、Jimdoの管理メニューから「ドメイン・メール」→「メールアカウント」を選択します。

その後、該当するメールアカウント横の「パスワード変更」で新しいパスワードを発行してからWebメールにログインしてみましょう。

パスワード変更

出典:Jimdo

新しいパスワードを2回入力するだけなので、以前のパスワードも必要ありません。

また、パスワードは「英文小文字」「英文大文字」「数字」「記号」を含めた「8文字以上」のルールがあります。

Jimdoのメールサーバー容量が知りたい

Jimdoのメールサーバー容量

出典:Jimdo

Jimdoのメールサーバー容量は、Jimdo Webmailの管理画面の右上にある「≡」で確認できます。

1アカウントにつき「10GB」までの制限があります。

まとめ

Jimdoのメール設定完全ガイドを紹介しました。

Jimdoのメールアカウント開設手順は下記の通りです。

  • 【STEP1】独自ドメインの取得
  • 【STEP2】メールアカウントの購入
  • 【STEP3】メールアカウントの作成

Jimdoのメール設定には下記2つの方法があります。

  1. Webメールとして利用する
  2. 「Gmail」「Outlook」などのメールソフトやデバイスに連動させる

JimdoのWebメール設定方法は下記の通りです。

  • 【STEP1】Google Workspaceに登録
  • 【STEP2】言語設定
  • 【STEP3】スパムメール設定
  • 【STEP4】メール署名を作成

Jimdoと「Gmail」や「Outlook」に連動させる設定方法は下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

JimdoとGmailの連動方法 JimdoとOutlookの連動方法
【STEP1】Google Workspaceにログイン 【STEP1】アカウントの追加
【STEP2】本人確認 【STEP2】IMAPのアカウント設定
【STEP3】ドメイン所有権の証明 【STEP3】Jimdo側の設定
【STEP4】Jimdo管理画面でヘッダー編集
【STEP5】Jimdo側の設定

今回のコラム記事を参考にして、メールアカウントの作成や設定を行いましょう。

ホームページ作成ソフトに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)