月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

効果の高いOne To Oneメールの作り方

  
効果の高いOne To Oneメールの作り方

One To Oneメールは、効果的にメールマガジンを配信するために有効な手法です。

メールマガジンの配信を始めたばかりであれば、以下のような疑問が生じると思います。

『One To Oneメールって何?』
『One To Oneメールの作り方は?』

今回のコラム記事では、メールマガジンの配信を始めたばかり、これから始めようとしているメルマガ担当者様に向けて、One To Oneメールの作り方だけでなく、MAやセグメント配信を用いて効率よく効果的に配信する方法について、解説をしていきます。

One To Oneメールとは

One To Oneメール(1 to 1メール)とは、顧客一人ひとりの属性や行動履歴、顧客データに基づいて配信されるメールを指します。

一般的には、メールの冒頭や件名に「○○様」と名前を差し込むことがOne To Oneメールと説明されることがあります。

しかし、One To Oneメールは名前だけでなく、メールの内容や配信タイミングに関しても、顧客にあわせて最適化されたメールを指します。

たとえば、配信タイミングに関しては、日時を指定して一斉にメールを配信することが一般的でした。

最近では、メール配信システムによってはAIを活用することにより、顧客が最も開封しやすいタイミングを予測してメールを送信することが可能になりました。

また、メール会員がログイン状態で自社の製品ページを一定回数以上閲覧していれば、製品デモを訴求するメールを自動で送信するといったことも、メール配信システムによっては可能です。

このように、One To Oneメールとは、顧客一人ひとりにあわせてメールの内容や配信タイミングを最適化したメールを指します。

One To Oneメール作り方

One To Oneメールは、送信者の名前を入れることにより、メール受信者の興味を引くだけではなく、次のステップへ誘導する、顧客フォローに活用できます。
また、限定性を強調することにより、購買につなげることも可能です。

ほかにも、One To Oneメールには、ユーザーの行動履歴のデータを元にメールを作成することができ、メールの反応率の向上が期待できます。

さらに、ユーザーの会員ランクをメールに挿入することで、メールを受け取ったユーザーへの訴求効果を高めることができます。

これらのOne To Oneメールの作成方法に関して解説をしていきます。

受信者の名前を入れる

One To Oneメールを作成する際には、送信先の名前を入れることにより『自分宛てのメールが届いた』と、ひと目で分かるため、開封率やクリック率の向上といった効果が期待できます。

それぞれのOne To Oneメールの活用パターンに関して、例を挙げながら説明します。

パターン1:次の購買ステップへ誘導する

資料請求をした顧客に送付するサンキューメールの件名に、名前と次のステップへの誘導を入れる手法です。

件名に「資料請求ありがとうございました ○○様だけに無料セミナーへご招待」と入れることにより希少性が強調され、資料請求の次のステップであるセミナー参加へと誘導しやすくなります。

パターン2:顧客フォローに活用する

メールでの問い合わせがあった顧客に対して「○○様 先日のお問い合わせ後いかがでしょうか?」と、フォローのためのOne To Oneメールを自動で配信することにより、ユーザーに対して手厚いサポートを提供できます。

購入につながるような問い合わせであれば、質問に回答して終了するだけでなく、その後のフォローも手厚くすることで、購入につながりやすくなるでしょう。

パターン3:限定性を強調する

名前の挿入をして注意を引くだけでなく、数や時間の限定も併用することにより訴求効果を高めることが期待できます。

件名に以下のような限定性のあるフレーズを入れ、製品の購入を促すことが可能です。

「資料請求いただいた○○様へ 先着10名キャンペーンのご案内」
「資料請求いただいた○○様へ 2月7日までキャンペーンのご案内」

受信者に興味のあるキーワードを入れる

メール受信者のWebサイトの閲覧履歴や商品の購入履歴、申し込んだセミナーの内容といった行動履歴から、顧客が興味のあるキーワードを抽出したメールに差し込むことも効果的です。

「○○製品 オンラインデモ実施中」
「○○新製品 入荷のご案内」
「○○セミナーに参加された方 限定キャンペーン」

会員ランクを入れる

通販サイトなどで会員ランクを導入しているのであれば、会員ランクを挿入し特典も入れることで訴求効果を高めることができます。

「ゴールド会員 ○○様限定 10%OFFキャンペーン」
「プレミアム会員 ○○様限定 特別セミナーご招待」

会員ランクがない場合でも、会員制度があるのであれば「Web会員 ○○様限定 10%OFFキャンペーン」のように訴求できるため、幅広く活用できる訴求方法です。

MAを活用し効率よく配信

MAとは、マーケティング・オートメーションと呼ばれるメール配信を自動化するツールです。

One To Oneメールのメリットは、一斉配信のメールと比較して開封率やクリック率を向上させる効果が期待できます。

しかし、One To Oneメールは、個人の属性や行動履歴を元にメールを作成する必要があるため、メールの作成や配信に手間がかかるというデメリットがあります。

MAでメールを作成し配信ルールを設定すれば、資料請求をした顧客に対して3日後にフォローメールを顧客の名前入りでメールを自動的に送るという、メール配信の自動化が可能になります。

そのため、MAを用いることにより、One To Oneメールの効果的なメール配信が可能であるというメリットを活かしながら、デメリットであるメール作成や配信の手間をかけずにメールを自動で送ることが可能となります。

One To Oneメールの運用を本格的に行うのであれば、MAの導入も検討するとよいでしょう。

セグメント配信を活用する

セグメント配信とは、属性情報や行動履歴によってメール配信対象を絞り込んでメールを配信する方法です。

One To Oneメールの場合も、件名などに名前を入れる以外は属性情報や行動履歴によってメール配信対象を絞り込みメールを送ることが多いため、基本的にセグメント配信と同じ方法だと理解して問題ありません。

セグメント配信を行うことにより、開封率、クリック率、コンバージョン率といった数値の向上が期待できます。

効果的にセグメント配信を行うためには、以下のようにセグメントを切るとよいでしょう。

  • 属性情報(住所、年齢、性別、職業、収入、家族構成)
  • 行動履歴(購入履歴、資料請求、問い合わせ、ホワイトペーパーのダウンロード、特定のWeb ページの閲覧、セミナー申し込み)
  • 顧客が商品・サービスを購入するまでのステータス(購入済み・今すぐ客・まだまだ客)

このように顧客の情報を元にメールをセグメント配信することにより、効果的にメール配信を行うことができるでしょう。

ただし、セグメント配信を行う場合は、One To Oneメールと同様に一斉配信のメルマガよりも、費用や労力がかかるというデメリットが存在します。

そのため、効果が出たセグメント配信に関しては、 MA を用いてメール配信を自動化することにより、効果の高いメール配信を自動的に行う仕組みを構築することができます。

セグメント配信をしたあとに効果測定を行いながら、効果のよかったセグメント配信のみを実施するとよいでしょう。

関連記事

セグメント配信については、以下のコラム記事でくわしく解説をしています。

セグメント配信(メルマガ)とは?配信のメリット・成功事例を解説

まとめ

今回はOne To Oneメールの作り方だけでなく、MAやセグメント配信を用いて効果的に配信する方法についても解説をしました。

効果の高いOne To Oneメールの作り方に関して、重要なポイントは以下のとおりです。

受信者の名前、興味のあるキーワード、会員ランクを入れることで訴求効果がアップする

MAを活用し、効果の高いメールを効率よく配信する

セグメント配信を活用し、効果的なメール配信を行う

One To Oneメールを上手に活用し、メールマガジンの効果を最大化できるように努めましょう。

なお、当サイト『ビスサイ』では、ホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しております。

ビズサイでは、ホームページの目的にあわせて3種類のプランをご用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日の期間でホームページ制作ができます。

ドメインからメールアドレスを作成できるので、メルマガ配信と同時にホームページを新規で立ち上げたい、ホームページのリニューアルをしたい方は当サイトがピッタリです(くわしいサービスはこちら)。

マーケティングに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規