月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

塗装会社のホームページ作成ガイド【集客が見込めるコンテンツが理解できます】

  
塗装会社ホームページ作成ガイド

近年、ホームページを作成する塗装会社が増えています。

塗装会社では、紙媒体のチラシなどのオフラインでも集客ができていましたが、時代の変化により、オンラインでのユーザー獲得が必須になっているためです。

しかし、これから塗装会社のホームページを作成する上で、

『塗装会社におけるホームページの必要性がわからない』
『ホームページを作成する方法が知りたい』
『どんなコンテンツを掲載すれば良いかわからない』

上記のような課題が生じるかと思います。

今回のコラム記事では、塗装会社の担当者様へ向けて、ホームページの「必要性」「作り方」「作成のコツ」を紹介しています。

塗装会社にホームページが必要な理由

はじめに、塗装会社にホームページが必要な理由を紹介します。

下記理由を理解した上で、ホームページ開設を検討しましょう。

  • ユーザー信頼を獲得できる
  • 営業担当者として24時間機能する
  • 塗装会社はインターネット上で探されている
  • ユーザーとコミュニケーションが取れる
  • コストパフォーマンスが高い集客方法

ユーザー信頼を獲得できる

ユーザーの信頼獲得のためにも、ホームページが必要です。
塗装会社のホームページは、ユーザーの信頼獲得につながります。

たとえば、塗装会社の認知度が同じ場合で「ホームページをもっている塗装会社」と「ホームページがない塗装会社」であれば、ユーザーの多くは前者に問い合わせをするでしょう。

塗装会社のホームページでは「従業員の紹介」「施工事例」などのコンテンツを掲載するため、これがユーザーの信頼獲得に影響を与えます。

営業担当者として24時間機能する

塗装会社のホームページを開設すると、営業担当者として24時間機能します。

ホームページがない場合には、電話受付や営業などのオフライン集客がメインになりますが、営業時間内のアプローチしかできません。

しかし、ホームページがあれば、塗装会社を探すユーザーに対して、24時間自社のPRができるメリットがあります。

塗装会社はインターネット上で探されている

塗装会社は、主にインターネット上で探されているため、ホームページは必要といえます。

たとえば、自宅の外壁塗装を検討するユーザーの多くは検索エンジンにて「地名 外壁塗装」と検索して業者を探すのが多いです。

ホームページがないと、ユーザーが塗装会社を選定するときの、土俵にも上がれないため、必ずホームページが必要ということです。

ユーザーとコミュニケーションが取れる

ユーザーとのコミュニケーションのためにも、ホームページは必要です。

たとえば、塗装会社がホームページ上で、住まいのメンテナンス・リフォームに関する情報発信を行うとします。

そこから、ユーザーとコミュニケーションを取ることで、契約に発展するケースもあるでしょう。

塗装会社がホームページを開設すると、オフラインでは関わるのが難しかった潜在ユーザーとコミュニケーションを図ることができます。

コストパフォーマンスが高い集客方法

ホームページは、コストパフォーマンスが高い集客方法なので塗装会社には必要です。

チラシを作成して、周辺住民にPRするのも有効な集客ですが、短期的な効果しかありません。

また、チラシを配布する度に費用がかかるので、決してコストパフォーマンスがよいとはいえないでしょう。

しかし、ホームページは一度開設してしまえば継続的に集客が見込めます。

運用も自社で実施すれば、費用を抑えることもできるので、コストパフォーマンスが高い集客方法を探している方には、ピッタリといえるでしょう。

関連記事

ホームページをはじめとした塗装会社の集客方法については、以下のコラム記事でくわしく解説しています。

塗装会社の集客方法を6STEPで紹介【下請けからの脱却が狙えます】

塗装会社ホームページのダメな例

続いて、塗装会社のホームページのダメな例を紹介します。

「ホームページ開設を検討している方」「ホームページを開設したが成果がない方」は下記内容に当てはまっていないか確認しましょう。

  • ユーザーが知りたい情報にたどりつけない
  • 従業員の顔が見えない
  • 施工エリアが不明

ユーザーが知りたい情報にたどりつけない

ユーザーが知りたい情報にたどりつけない塗装会社のホームページは、問い合わせにつながりません。

たとえば、ユーザーが「塗装 料金」と検索してホームページに訪問した場合、料金表のコンテンツがみつからないと、すぐに離脱する可能性があります。

ユーザーがどんな情報を求めて、ホームページに訪問するかは「Googleサーチコンソール」というツールを使って分析します。

Googleサーチコンソールでは、ユーザーがどんなキーワードを検索して、ホームページに訪問したかがわかるので、この分析結果を元にコンテンツを作成するのが望ましいです。

従業員の顔が見えない

従業員の顔が見えないホームページも、問い合わせにはつながりません。

ユーザーのなかには「職人さんは怖い」というイメージをもっている方も多いので、ホームページで人柄などを伝える必要があります。

戸建ての外壁塗装の場合、施工期間は1~2週間程度といわれていますが、毎日職人さんと顔をあわせるので、事前にどんな人柄かを把握しておきたいユーザーも多いと覚えておきましょう。

施工エリアが不明

施工エリアが不明のホームページも、問い合わせにはつながりません。

料金も大切ですが、まずユーザーが確認したいのは施工エリアです。

自分の住む地域でも対応してくれるかを確認したあとに、本格的な情報収集に移るユーザーが多いので、トップページに施工エリアを分かりやすく記載しておく必要があります。

塗装会社のホームページに必要なコンテンツ

塗装会社のホームページに必要なコンテンツを紹介します。

ホームページを開設するときは、下記コンテンツを作成するようにしましょう。

  • 会社情報
  • 独自の強み
  • サービス紹介
  • 施工の流れ
  • 料金紹介(シミュレーター)
  • 施工事例
  • 問い合わせフォーム
  • 採用情報

会社情報・従業員紹介

株式会社ミヤケン

出典:株式会社ミヤケン

塗装会社のホームページには、会社情報・従業員紹介のコンテンツが必要です。

「所在地」「会社設立日」など、基本的な会社概要を記載します。

また「代表者のあいさつ」や「従業員紹介」などのコンテンツもあると、ユーザーに安心感を与えます。

独自の強み

高橋塗装店

出典:高橋塗装店

塗装会社のホームページには、独自の強みを記載したコンテンツも必要です。

「材料選びに力を入れている」「徹底したアフターフォロー」など、自社の強みを紹介して、ユーザーが得られるメリットも提示しましょう。

独自の強みは、ユーザーが塗装会社を選定する上で、重要なポイントにもなるので、時間をかけて作成する必要があります。

サービス紹介

ウォール・ケア・キョウムラ

出典:ウォール・ケア・キョウムラ

塗装会社のホームページには、サービス紹介のコンテンツも必要です。

「外壁塗装」「屋根塗装」「防水塗装」など、自社で対応できるサービスを記載しましょう。

ユーザーは「サービス紹介」をはじめに閲覧して、希望する施工の記載がないと離脱することが多いので、詳細にサービスを紹介する必要があります。

施工の流れ

野口塗装工業株式会社

出典:野口塗装工業株式会社

塗装会社のホームページには、施工の流れを記載したコンテンツも必要です。

「問い合わせ」から「塗装作業完了」までの流れを紹介すると、ユーザーのイメージが膨らむため、問い合わせにつながりやすくなります。

テキストだけではなく、画像付きで流れを紹介するのがベストです。

料金紹介(シミュレーター)

株式会社エース

出典:株式会社エース

塗装会社のホームページには、料金紹介(シミュレーター)も必要です。

料金がわかるだけで、問い合わせのハードルを下げることができます。

塗装会社の場合「坪数」や「施工方法」によっても、料金が変動するので、できるだけ詳細な料金提示ができるように料金シミュレーターを設置するホームページも増えています。

施工事例

街の外壁塗装やさん名古屋東店

出典:街の外壁塗装やさん名古屋東店

塗装会社のホームページには、施工事例も必要です。

施工事例がホームページに掲載されていると、信頼や安心感につながります。

施工事例を記載するときには「施工内容」「使用材料」「料金」など、できるだけ詳細に紹介するのがポイントです。

問い合わせフォーム

株式会社リペアマイスター

出典:株式会社リペアマイスター

塗装会社のホームページには、問い合わせフォームが必要です。

問い合わせフォームは、ホームページ上で、見込み客を獲得する重要な要素となるので、必ず設置しましょう。

どのコンテンツを閲覧していても、すぐにみつかる位置に設置するのがポイントです。

採用情報

河合塗装

出典:河合塗装

塗装会社のホームページには、採用情報も必要です。

定期的に、求人媒体に募集をかけている場合は、ホームページに採用情報を記載してみましょう。

塗装会社のホームページ作成に必要なもの

塗装会社のホームページ作成に必要なものを紹介します。

ホームページを作成する前に、下記3つを用意しておく必要があります。

  • 会社ロゴ
  • 画像コンテンツ
  • 分析ツール

会社ロゴ

塗装会社のホームページを作成する前に、会社のロゴを準備しておきましょう。

会社のロゴを作成すると「企業価値の向上」「他社との差別化」につながります。

ホームページでは、画面最上部の左側に会社ロゴを設置するのが一般的です。

画像コンテンツ

塗装会社のホームページを作成する前に、画像コンテンツを用意しておきましょう。

ホームページの「トップページ」「施工事例」「サービス紹介」で利用する画像を用意しておくと、スムーズにホームページを開設できます。

分析ツール

塗装会社のホームページを作成する前に、分析ツールを用意しておきましょう。

ホームページは、一度作成して終わりではありません。

定期的にアクセス数やユーザー行動を分析して、改善するとパフォーマンスが向上します。

Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」の2点が基本的な分析ツールとなるので、あらかじめアカウントを開設しておきましょう。

塗装会社のホームページを作成する方法

塗装会社のホームページを作成する方法を紹介します。

ホームページ作成方法は、複数あるので下記内容から自社にあったものを選定しましょう。

自社で作成する

塗装会社のホームページを自社で作成する方法と、ホームページ開設が難しい方向けの代替え案を紹介します。

1.ホームページ作成ソフト

1つ目は、ホームページ作成ソフトを活用する方法です。

ホームページ作成ソフトであれば、テンプレートを選択して「テキスト」「画像」を編集するだけで、かんたんにホームページを作成できます。

ただし「導線設計」や「SEO」など、問い合わせを獲得するための施策は、自社で実施する必要があります。

関連記事

ホームページ作成ソフトについては、以下のコラム記事で解説中です。

おすすめのホームページ作成ソフト14選【正しいソフトの選び方も解説】

2. Googleビジネスプロフィール(代替え)

ビジネスプロフィール

出典:ビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)とは、企業情報を「検索エンジン」や「Googleマップ」に掲載できるサービスです。

企業情報をGoogleビジネスプロフィールに登録すると、検索エンジン上で塗装会社をPRできるので、集客につながりやすくなります。

ただし、ホームページのように、多くの情報を記載できるわけではないので、あくまで代替え案となります。

3.Facebookビジネスページ(代替え)

Facebook for Business

出典:Facebook for Business

Facebookビジネスページとは、SNSのMeta(旧:Facebook)上に企業情報を掲載できるサービスです。

Facebookビジネスページには「問い合わせフォーム」や「広告キャンペーン作成」などのサービスもあるため、ホームページに近い役割があります。

ただし、ホームページのように信頼獲得につながる訳ではないと覚えておきましょう。

ホームページ制作会社に依頼する

ホームページ作成の経験がない方であれば、制作会社に依頼する方法が一番おすすめです。

制作会社に依頼すると「ユーザーがスムーズに問い合わせフォームに移動できる導線設計」や「競合と被らないデザイン」が実現できるためです。

費用はかかりますが、確実にホームページで成果を出したい方は、制作会社利用を検討してみましょう。

また、当サイトの「ビズサイ」でも、ホームページ制作を請け負っております。

ビズサイでは、ホームページの目的に応じて3種類のプランをご用意しており、全国にも対応しております(くわしいプラン内容はこちら)。

塗装会社のホームページ作成のコツ

最後に、塗装会社のホームページ作成のコツを紹介します。

ホームページを作成するときは、下記内容を参考にしてください。

  • デザインを意識する
  • 検索エンジン最適化
  • 問い合わせフォームの最適化

デザインを意識する

塗装会社のホームページを作成するときは、デザインを意識しましょう。

ホームページのデザインは、ユーザーの不安に影響を与えます。

たとえば、時代にあっていない古臭いデザインのホームページだと『今もちゃんと経営しているのか』という不安を与えてしまいます。

塗装会社のホームページを作成するのであれば、時代にあったデザインを採用する必要があると覚えておきましょう。

関連記事

以下のコラム記事では、塗装会社のホームページデザインをまとめています。

塗装会社のホームページデザイン25選【デザイン設計のコツも紹介】

検索エンジン最適化

塗装会社のホームページを作成するときは、検索エンジン最適化を実施しましょう。

検索エンジン最適化(SEO)とは、検索結果上位表示を狙うための施策です。

外壁塗装であれば「外壁塗装 相場」「外壁塗装 見積り」「地域名 外壁塗装」などのキーワードで検索したユーザーを、ホームページに集客できるようにコンテンツを作成します。

しかし、検索エンジン最適化は効果が出るまでに時間がかかるので、別の集客施策を平行して行う必要があります。

問い合わせフォームの最適化

塗装会社のホームページを作成するときには、問い合わせフォームの最適化にも力を入れましょう。

問い合わせフォームは、見込み客を獲得する最後の砦です。

問い合わせフォームにたどりついても「入力項目が多い」「エラーでフォームが送信できない」といった理由での離脱がないように最適化しなくてはいけません。

関連記事

問い合わせフォーム(入力フォーム)を最適化させる方法については、以下のコラム記事で公開中です。

入力フォーム最適化(EFO)の方法10選【フォームの成功事例も紹介】

まとめ

塗装会社のホームページ作成ガイドを紹介しました。

塗装会社にホームページが必要な理由は下記の通りです。

  • ユーザー信頼を獲得できる
  • 営業担当者として24時間機能する
  • 塗装会社はインターネット上で探されている
  • ユーザーとコミュニケーションが取れる
  • コストパフォーマンスが高い集客方法

塗装会社のホームページに必要なコンテンツは下記の通りです。

  • 会社情報・従業員紹介
  • 独自の強み
  • サービス紹介
  • 施工の流れ
  • 料金紹介(シミュレーター)
  • 施工事例
  • 問い合わせフォーム
  • 採用情報

今回のコラム記事を参考にして、塗装会社のホームページ開設を検討してみましょう。

また、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイでは、ホームページの目的に合わせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

塗装会社のホームページを作成したいが、自社では対応が難しいという方でも、安心してご利用いただけるように更新代行や手厚いサポートを行っております。

塗装会社のホームページをもちたい、リニューアルをしたい方は、当サイト(ビズサイ)からお気軽にご相談くださいませ。

>塗装会社ホームページ制作のご相談はこちら(無料)

ホームページに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規