お役立ちコラム

ECサイトのメルマガ活用法【効果を出すポイントを解説】

  
ECサイトメルマガ活用法

ECサイトで集客や顧客の育成などで使われる手法の一つが、メールマガジン(メルマガ)です。

ECサイトでメルマガを活用するにあたり、戦略を何も考えずにメールを作成しても効果は期待できません。

メルマガ担当者の中には、以下のような疑問が生じていると思います。

『ECサイトでメルマガをどう活用すればいいの?』
『効果を出すポイントは?』

今回のコラム記事では、ECサイトのメルマガ担当者様に向けています。
ECサイトのメルマガで効果を出すポイントに加えて、活用例も紹介していきます。

ECサイトでメルマガを活用する理由

ECサイトで買い物をするときには、基本的にメールアドレスの登録が必須です。

メールマガジンは顧客に同意を得て送る必要がありますが、取得できる顧客の情報であるメールアドレスをECサイトの販売促進に使わない手はありません。

新商品やおすすめ商品の紹介、セール案内、クーポン配信などを行い、直接購買を促すことが可能です。

また、商品に関する情報をメルマガで配信することで、興味や関心をもつ顧客を増やして購買へと促す効果も期待できます。

ECサイトのメルマガで有効なポイントとして、リピート注文につなげやすい点が挙げられます。

顧客にメルマガを配信することでECサイトのことを思い出してもらい、ECサイトへの訪問を促すことが可能です。

新規顧客からの注文獲得よりも、既存顧客からの注文のほうが必要なコストや労力が低いのは明らかです。

ですので、メルマガを有効に活用してリピート注文へとつなげ、効率よく販売を伸ばしましょう。

ECサイトのメルマガ活用例

ECサイトでメルマガを活用するときには、以下の例を参考にして内容の検討をおすすめします。

  • 新商品・限定商品・商品入荷のお知らせ
  • セール案内・クーポン配布・お誕生日メール
  • ECサイトへの再訪問を促す

それぞれの例について、くわしく説明をしていきます。

新商品・限定商品・商品入荷のお知らせ

新商品・限定商品・商品入荷のお知らせは、ECサイトのメルマガでは外すことのできない活用方法です。

取り扱う商品が多いECサイトでは、新商品や限定商品のお知らせは、有効な販売促進の手段です。

また、一時的に在庫を切らしていた商品が再入荷した場合、購入履歴やアクセス履歴を元にセグメント配信を行うことで、入荷を待っていた顧客に購入を促すこともできます。

セール案内・クーポン配布・お誕生日メール

セール案内・クーポン配布・お誕生日メールは、ECサイトのメルマガ活用例として、定番といえるものです。
なかでも、有効的に活用したい施策がクーポン配布です。

  • リピート購入がある商品を初めて購入した顧客に対して、リピート注文のタイミングをみてクーポンを配布する
  • しばらく購入がない顧客に対して、期間限定の割引クーポンを配布する
  • 注文完了の画面で、追加購入時の割引クーポンを配布する

上記ケースのように、クーポン配布では顧客の行動履歴を利用して、購買につなげやすい特徴があります。

ECサイトへの再訪問を促す

ECサイト内で商品を探していたものの、購入に至らずサイトから離脱した顧客に対して、メールを送って再訪問を促すことができます。

離脱していた顧客が閲覧していた商品の関連商品一覧をメルマガで送ることで、ECサイトへの再訪問を促せます。
ほかにも、商品の購入後にレビューの登録をメールで促すことも可能です。

レビューの有無は商品の購入に大きな影響を及ぼすため、メルマガの有効的な活用方法の一つだといえます。

ECサイトのメルマガで効果を出すポイント

ECサイトのメルマガで効果を出すためのポイントを6つ紹介していきます。

  1. 会員情報でセグメント配信をする
  2. メルマガのタイトルを工夫する
  3. メルマガの配信時間を工夫する
  4. メルマガの差出人名に注意する
  5. メール配信システムを利用する
  6. HTMLメールを活用する

これらのポイントを把握したうえでメルマガを作成すれば、効果的にECサイトでメルマガを配信できるでしょう。

会員情報でセグメント配信をする

セグメント配信とは、属性情報(住所・年代・性別・職業)や行動履歴(購入履歴・アクセス履歴)によって、メール配信の対象を絞り込んでメールを配信する方法のことです。

顧客ごとの興味や関心に応じてメールを配信できるため、開封率、クリック率、コンバージョン率などの向上が期待できます。

なお、セグメント配信には、一斉配信のメルマガよりも費用や労力がかかるデメリットがあります。

しかし、効果がよかったセグメント配信のメールをMA(マーケティングオートメーション)に流用して、コンバージョンを自動的に獲得できる体制を構築することで、効率的な運用が可能です。

関連記事

セグメント配信の詳細は、以下のコラム記事をご覧ください。

セグメント配信(メルマガ)とは?配信のメリット・成功事例を解説

メルマガのタイトルを工夫する

メルマガのタイトルを工夫することで、開封率の向上が期待できます。

開封率が上がれば、メルマガの中身を見る読者数が増加するため、最終的なコンバージョン数の増加が期待できます。

タイトルで活用したい効果的な訴求方法として挙げられるのが、メリットを明確に伝える、緊急性を訴求する、限定性を強調するなどです。

メルマガのタイトル案をいくつか考えて、社内会議でベストなタイトルができるように協議するとよいでしょう。

関連記事

メルマガのタイトルでお悩みの方は、以下のコラム記事をご覧ください。

メルマガのタイトルで開封率を上げるコツ・付け方【サンプルあり】

メルマガの配信時間を工夫する

同じ内容のメルマガを送ったとしても、配信する時間によっては開封率、クリック率、コンバージョン率が変化します。

たとえば、仕事中で手が離せないときにメルマガを送っても、メールを見てもらえないのは明らかです。

反対に、通勤中の電車の中であればメルマガを見る時間があるため、開封率によい影響が期待できます。

しかし、商品購入のような入力が必要なアクションに関しては、通勤時間帯は適していないタイミングだといえます。

せっかく作ったメルマガを効果的に配信するには、メルマガ読者のライフスタイルに合わせ、時間に余裕のあるタイミングでメルマガを送ることが重要です。

関連記事

メルマガで配信時間を決めるコツは、以下のコラム記事でくわしく解説をしています。

メルマガの効果的な配信時間とは?おすすめの時間帯と効果的な配信方法について

メルマガの差出人名に注意する

メルマガの差出人名は、開封率に影響する重要な要素の一つです。
差出人名は、ECサイトの名称になっているかどうかを確認してください。

よくある失敗例として、ECサイトの名称とは異なる企業名が差出人名になっているケースが挙げられます。

顧客はECサイトの名称を知っていても、その運営会社までは知らないケースがほとんどです。
身に覚えのない会社からメールが届いても、開封しないだけでなく、迷惑メールとして登録してしまう可能性も考えられます。

以上から、メルマガの差出人名はECサイトの名称にしましょう。

メール配信システムを利用する

メルマガを配信するときには、OutlookやGmailといったメールソフトではなく、メール配信システムの利用をおすすめします。

一般的なメールソフトを使ったメルマガの配信では、以下のようなデメリットがあります。

  • 誤入力による情報漏えいが発生する
  • スパムと判別される
  • メール配信後の効果測定ができない

一方、メール配信システムを利用すれば、上記のデメリットが解消されます。
くわえて、充実したセキュリティ管理機能や便利な顧客管理機能がそなわっているため、効果的なメルマガ配信が可能です。

関連記事

以下のコラム記事では、メール配信システムの選び方やおすすめの製品を紹介しています。

メール配信システムを徹底比較!おすすめの13製品を解説

 

HTMLメールを活用する

HTMLメールは、言語形式である「HTML」を用いて作られるメールです。

文字だけで作られるテキストメールとは異なり、HTMLメールは本文中に画像を埋め込むことができ、CSSでデザインの工夫ができます。

商品画像をHTMLメールの本文内に配置することで、商品の魅力を視覚的に訴えることが可能です。
そのため、ECサイトでメルマガを送る場合、HTMLメールは必須といえるでしょう。

また、HTMLメールはCTAボタンを画像でメール内に挿入できるため、テキストメールよりもクリック率が上昇する効果が期待できます。

HTMLメールを活用することで、商品の魅力を視覚的に訴え、クリックを促すCTAボタンを設置し、ECサイトへのアクセスを促すことが可能です。

関連記事

HTMLメールの作成方法は、以下のコラム記事で解説しています。

HTMLメールの作り方【手順と作成ポイント】

まとめ

ECサイトのメルマガについて、効果を出すポイントや活用例を紹介しました。

ECサイトのメルマガに関して、覚えておくべき点は以下のとおりです。

  • ECサイトのメルマガ活用例を参考にしてから、送るメルマガの内容を検討する
  • ECサイトのメルマガで効果を出すポイントを把握し、効果的にメルマガを配信する
  • メール配信システムを導入し、HTMLメールでメルマガを配信する

今回ご紹介したポイントに注意してメルマガ配信を実施することで、効果的にECサイトのメルマガを配信できるでしょう。

なお、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

低コストながらテンプレートを一切使わず、オリジナルデザインのECサイトを制作しています。

ドメインからメールアドレスを作成できるので、メルマガ配信と同時にECサイトを新規で立ち上げたい、ECサイトのリニューアルをしたい方は当サイトがぴったりです(くわしいサービスはこちら)。

関連記事

以下のコラム記事では、ECサイトのメールテンプレートを事例ごとに紹介しています。

ネットショップ向けメールテンプレート24選|すぐ使える例文集を紹介【保存版】

マーケティングに関する記事

ビズサイのホームページ制作で集客・収益アップ!

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規