ホームページリニューアルにかかる費用の相場【安く抑えるコツも】

      
ホームページリニューアル費用の相場

自社サイト(コーポレートサイト)を長年運営していると、いつかはホームページをリニューアルするタイミングが訪れます。

外注先(制作会社・個人事業者・フリーランス)にホームページリニューアルの依頼を検討している方の中には、

『ホームページリニューアルにどのくらいの費用がかかるのか分からない』
『そもそもリニューアルの相場ってどのくらいなの?』
『複数の業者に見積もりをとったけど、金額に大きな差が…』

など様々な悩みがあると思います。

ホームページのリニューアルは、現在のホームページの規模(ページ数)やリニューアル後のホームページの方向性、外注先(制作会社や個人事業主・フリーランス)などによって、リニューアル制作の費用が大きく変わります。

今回のコラム記事では、ホームページのリニューアルを検討している方へ向けて、ホームページリニューアルの費用相場(パターン別)やリニューアルの費用を抑える方法について解説をしています。

関連記事

ホームページリニューアルについて詳しく知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。

ホームページリニューアル【完全ガイド】

リニューアルの程度による費用相場

ここでは、ホームページのリニューアルの規模ごとに費用相場をご紹介していきます。

現在のコンテンツが数ページで情報の更新や少し情報やページを追加したい場合

費用相場:5万円~20万円程度

現在のコンテンツをそのまま利用して、情報変更やページを追加する場合の費用相場は、5万円~20万円程度です。

現在ホームページのページ数が膨大にある場合、変更箇所が増える可能性があるため、さらに費用がかかることもあります。

現在のページが数ページでWebからの集客に力を入れたい場合

費用相場:数十万円~100万円程度

現在の数ぺージをそのままリニューアルするだけでは、Webからの「集客」に力を入れられません。

Web戦略を企画立案し、しっかりとサイト設計を行う必要があります。
運営段階に入ってからコンテンツを定期的に更新・追加するために、CMSの導入も必要でしょう。

また、WEBから集客に力を入れる場合にはSEO対策やコンテンツの企画など「設計」部分に費用がかかるため、サイトの規模によって費用相場がぐっと高くなります。

ブランディングを意識してリニューアルをしたい場合

費用相場:100万円~

ブランディングを意識したリニューアルの場合、通常のホームページリニューアルとは性質が異なってきます。

ホームページのアクセス数や問合せ数など目標の数字を達成するのではなく「ブランドイメージの構築」が必要となってくる場合、ブランディングのノウハウを併せ持った制作会社にリニューアル制作の依頼が必要です。

ブランディングのノウハウをもった制作会社は、そもそもの制作単価が高いので費用相場が大幅に上がることを理解しておきましょう。

外注先による費用相場

ホームページリニューアルは制作会社(中小・大手)やフリーランス(個人事業主)によって、費用相場がことなります。

外注先ごとに、ホームページリニューアル制作の費用相場と特徴、注意点などを紹介してきます。

フリーランス(個人事業主)

費用相場:3万円~50万円

フリーランス(個人事業主)や個人の制作会社の場合、リニューアル制作を比較的安く依頼できます。
クラウドソーシングサービスを活用すれば、依頼先を見つけることも難しくありません。

高い技術を持つフリーランサーに依頼すると、リニューアル費用は高くなりがちですが、満足度の高いものを制作してもらえるでしょう。

ただし、フリーランスにホームページリニューアルを依頼する時には、人選に力を入れましょう。

フリーランサーによって大幅に制作技術に差が出てくるので、依頼する人の過去の実績を必ず確認して技術力を判別しましょう(絶対に安さだけで選んではいけません)。

中小規模の制作会社

費用相場:10万円~100万円

中小規模の制作会社にリニューアル制作を依頼する場合、安さとある程度の質を担保できます。

制作会社は1人でリニューアル制作をするわけではないので、納期の遅れが発生する可能性が低いので安心です。

ただし、中小規模の制作会社にホームページリニューアルを依頼する時には、デザインの自由度を確認しましょう。

中小規模の制作会社は少人数で対応しているので、デザインのフレームなどがテンプレートとして決まっていることがあります。

デザインがテンプレートの場合にはデザインの幅が狭まるので、事前にデザインの自由度を確認しておきましょう。

大手制作会社

費用相場:100万円~

大手制作会社へリニューアル制作の依頼をする場合は、100万円以上かかるのも珍しくありません。

大手制作会社では、各分野のプロフェッショナルが集結しているので、最新の技術を取り入れたホームページ制作が可能です。

大手制作会社は企画立案からブランディング、提案や運用まで行ってもらえるので、確実にホームページリニューアルを成功させる可能性が高いです。

ただし、大手制作会社にホームページリニューアルを依頼する時には、依頼内容を事前にまとめておきましょう。

大手制作会社は何もかも依頼をすると莫大な費用が発生します。
リニューアル費用を必要最低限に抑えるためには、前もって何を依頼したいのか資料(提案依頼書)にまとめておきましょう。

関連記事

大手制作会社に限らず、ホームページリニューアルを外注に依頼する場合には、提案依頼書(RFP)を用意しておくのが望ましいです。
提案依頼書について詳しくは、以下のコラム記事をご覧ください。

提案依頼書(RFP)とは?【ホームページ制作の外注に必要】

ホームページリニューアルを安く抑える4つのコツ

ここからはホームページのリニューアル費用を抑える4つのコツをお伝えしていきます。

  1. 既存のコンテンツをいかす
  2. コンテンツを取捨選択する
  3. 複数の外注先に相見積もりをとる
  4. 政府や地方自治体の助成金・補助金を利用する

既存のコンテンツをいかす

ホームページのリニューアルをするときには、既存のコンテンツを極力活かしましょう。

ホームページのリニューアルだからといって、全てのコンテンツを一新する必要はありません。

リニューアル後も使えるテキストや画像・イラスト素材などは極力使い回しましょう。

コンテンツを取捨選択する

リニューアルするページ数が増えれば費用はその分かさむので、本当に必要なコンテンツが何なのか取捨選択をしましょう。

質の低い不要なコンテンツを削除することはリニューアル費用を抑えるだけでなく、検索ユーザーにとってもホームページ内の利便性があがるので、SEO対策にも繋がります。

複数の外注先に相見積もりをとる

ホームページのリニューアルをする際は、必ず複数の外注先から相見積もりを取りましょう。

外注先を決めるときには、リニューアル費用だけでなく提案内容も含めて比較・検討することをオススメします。

ホームページ制作において費用相場はあって無いようなものなので、必ず複数の会社から相見積もりをとり、比較・検討のうえ決定をしましょう。

政府や地方自治体の助成金・補助金を利用する

政府や地方自治体が行っている助成金・補助金を利用して、ホームページのリニューアル費用を抑える方法があります。

政府や地方自治体では、ホームページ制作にかかる費用を何割か負担する制度があります。

ホームページリニューアルで受けられる助成金・補助金は主に3種類あります。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 各自治体の助成金・補助金

関連記事

リニューアルを含むホームページ制作の助成金・補助金について詳しくは、以下のコラム記事をご覧ください。

ホームページ制作の助成金・補助金まとめ

まとめ

ホームページのリニューアルにかかる費用相場について解説をしました。

ホームページのリニューアルは、基本的に現在のホームページの状況によって費用が大きく異なりますが、パターン別に費用相場を分けると下記になります。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

パターン別 費用相場
リニューアルの程度による費用相場 現在のコンテンツが数ページで情報の更新や少し情報やページを追加したい 5万円~20万円程度
現在のページが数ページでWebからの集客に力を入れたい 数十万円~100万円程度
ブランディングを意識してリニューアルをしたい 100万円~
外注先による費用相場 フリーランス 3万円~50万円
中小規模の制作会社 10万円~100万円
大手制作会社 100万円~

Webからの集客やブランディングを意識したホームページを目指すのであれば、リニューアルの制作費用は高くなりますが、自分自身でリニューアル費用を抑える方法はあります。

  • 既存のコンテンツをいかす
  • コンテンツを取捨選択する
  • 複数の外注先に相見積もりをとる

今回のリニューアル費用相場を参考にしていただき、リニューアル後にどんなホームページにするのかを決めてから外注先の選定をしましょう。

ホームページに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)

完全無料制作 2021年4月1日 受付開始!先着500件限定