月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

SEOライティングのコツ【初心者向けの書き方】

  
SEOライティングコツ紹介

SEOで集客を目的とした記事を作成するには、SEOライティングのスキルが必要です。 SEOの経験が少ない方であれば、以下のような疑問が生じるはずです。

『SEOライティングのコツは?』
『初心者向けの書き方は?』

今回のコラム記事では、SEOの経験がまだ少ない担当者様に向けています。
SEOライティングのコツだけでなく、初心者向けのSEOライティングの書き方についても解説をします。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、Googleをはじめとした検索エンジンでの検索順位を向上させることを目的として文章を書くことを指します。

SEOライティングを行う際は「検索エンジンにもわかりやすい」という点だけでなく「読者にわかりやすい」という点も重要になります。

読者にわかりやすいライティング

SEOを目的とした記事のライティングであっても、読者が読んでわかりにくい文章では、記事が目的とするコンバージョン獲得にはつながりません。

読者にとって良い文章とは、シンプルでわかりやすいです。
SDS法やPREP法などの文章テンプレートを活用することで、読者にとってわかりやすい文章を執筆できます。

また、文章を書き終えたあとは、文章の見た目を整えたり、推敲(すいこう)したりすることで完成度を高めることも忘れずに行いましょう。

関連記事

読者にわかりやすい文章を作成するには「Webライティング」のノウハウが必要です。
くわしくは、以下のコラム記事で解説しています。

Webライティングとは【基本的な書き方を解説】

検索エンジンにわかりやすいライティング

SEOを目的とした記事を執筆するにあたり、記事に書かれている内容が検索エンジンにとっても理解しやすい内容である点も重要です。

タイトル、導入文、見出し、メタディスクリプションなど、各項目でのポイントを理解したうえでライティングを行うことで、検索エンジンにとってもわかりやすいコンテンツを作成できます。
具体的なライティング方法は後述しています。

SEOライティングが大事な理由

SEOで検索の上位表示が実現すると、以下のメリットがあります。

  • 広告費をかけずに、検索エンジンから継続的に集客できる
  • 悩みが顕在化した顧客を獲得できる

先ほど説明したとおり、検索順位の向上を狙うためには、読者にも検索エンジンにもわかりやすい文章を執筆することが重要です。

検索順位が上昇すれば、キーワード「SEO コツ」のように悩みを抱えた顧客を、自社サイトに集客できます。

検索エンジン経由の顧客の特性として、悩みが顕在化している点があります。

ユーザーは悩みを実感しているからこそ、検索窓に知りたいことや悩みを入力して、検索を行っているのです。

そのため、SEOに注力して検索エンジンから集客することで、コンバージョンにつながりやすい顧客を集められるメリットがあります。

SEOライティングを用いてコンテンツを作成することにより、広告費をかけずに、検索エンジンから継続してコンバージョンにつながる顧客を集めることが可能になります。

SEOライティングのコツ

SEOライティングのコツを紹介します。
以下の3つの条件を満たした文章を書きましょう。

  • キーワードに沿った文章
  • 独自性のある文章
  • 専門性のある文章

キーワードに沿った文章

SEOライティングを行う際、最初にやることはキーワードの選定です。

検索ユーザーが抱える悩みを解決するためには、検索キーワードに潜んでいる検索意図を理解したうえでキーワードを選定する必要があります。

まずは「SEO」のように最終的に上位表示を狙いたいビッグキーワードを決め、ツールを用いて「SEO 文字数」「SEO 被リンク」といった関連キーワードを調査します。

調査した関連キーワードを整理しながら、競合サイトに勝てるコンテンツを作成できるかを確認し、キーワードを選定していきましょう。

キーワードを選定したら、タイトル、見出し、本文にキーワードを盛り込むことに注意しながらライティングを行います。

関連記事

キーワード選定のやり方は、以下のコラム記事でくわしく解説しています。

初心者でも分かるキーワード選定のコツ!SEOに効果的なやり方を5つのステップで解説

独自性のある文章

検索順位の上位にランクインするためには、競合のコンテンツにはない独自性をそなえた記事を執筆する必要があります。

検索順位は、競合サイトとの比較で決定されます。
そのため、競合サイトよりも情報が幅広く載っている、もしくは詳細な情報が載っている記事が上位表示化しやすいです。

また、執筆した記事が一次情報となるような調査データや体験談を追加することで、より独自性のある記事が執筆できるでしょう。

専門性のある文章

SEOライティングでは、専門性の高い記事を執筆することは大事です。

実際に、GoogleではE-A-Tと呼ばれる「専門性・権威性・信頼性」の3点が重要だと述べています。

E-A-Tは、Googleが記事の品質を判断する評価指針に使用しているといわれています。

Googleでは検索順位を決定するランキング要素にE-A-Tを含んでいないので、直接的なSEO効果は期待できません。
ただし、高品質な記事が検索順位の上位化になりやすい現在の検索エンジン(Google)では、E-A-Tも検索順位とまったく関係がないとは言い切れません。

検索順位の上位を狙うためには、E-A-Tを高めることも大事でしょう。

関連記事

E-A-Tの高め方は、以下のコラム記事で解説しています。

E-A-Tを高める方法11選+a!SEO対策にもたらす効果や関係性を解説

初心者でもできる!SEOライティングの書き方

SEOライティングを行う際には、以下の項目でそれぞれ注意すべき書き方があります。

  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文
  • メタディスクリプション
  • alt属性
  • アンカーテキスト

それぞれの書き方を、わかりやすく解説します。

タイトル

ここでいうタイトルとは、Webページの内容を端的に表す「タイトルタグ(titleタグ)」というHTMLタグを指します。

通常は、タイトルタグで設定した内容が検索エンジンの検索結果に表示されるはずです。
ユーザーの興味を引くタイトルを設定することで、ユーザーのクリックを促すことができます。

また、タイトルタグは、検索エンジンだけでなく、読者に対してもWebページの内容を伝える重要な要素です。

適切にタイトルタグを設定することで、以下3つの効果が期待できます。

  • 検索エンジンにWebページの内容を伝えられる
  • 検索順位の上昇、クリック率の向上
  • SNSからの流入数に影響する

関連記事

タイトルタグの付け方については、以下のコラム記事で解説しています。

SEOに効果的なタイトルタグの付け方【クリック率が上がるコツ】

導入文

導入文は、ユーザーがWebページを閲覧する際、最初に読む文章です。

ユーザーは導入文を読んで、そのまま記事を読み進めるかどうかを判断します。
そのため、導入文は本文を読みたいと思ってもらえるような内容にする必要があります。

導入文を書くときには、ターゲットとなるキーワードを文章内に入れるだけでなく、以下の点にも注意しましょう。

  • 検索キーワードから読み取れる、読者の悩みを記載する
  • 記事を読むことで、読者の悩みは解決できると伝える
  • 記事を読んだあとに「悩みが解決した」という良い状態をイメージさせる

最後にポジティブな未来を想像させる表現を文章内に入れることで、読者の興味関心をより強く引けます。

見出し

見出しを適切に設定することで、読者だけでなく検索エンジンに対しても記事の内容を正確に伝えられます。

SEOライティングの際は、見出しはhタグというHTMLタグを用いて設定します。
以下の点に注意して、見出しタグを設定するとよいでしょう。

  • Webページの内容がひと目でわかるように書く
  • わかりやすい日本語で書く
  • ターゲットユーザーに合ったキーワードを使用する

関連記事

見出しタグの設定方法は、以下のコラム記事で解説しています。

SEO対策に効果的な見出しタグの書き方・使い方!

本文

SEOライティングだからといって、むやみにキーワードを挿入する必要はありません。

見出しで設定した内容を丁寧に本文で説明することで、読者にも検索エンジンにとってもわかりやすい記事を執筆できます。

本文を書く際は、全体的な内容をまず伝え、そのあとに個別の内容を説明する流れでライティングを行うとよいでしょう。


SEOライティングを行う際は「検索エンジンにもわかりやすい」という点だけでなく、「読者にわかりやすい」という点も重要なポイントです。

1つ目のポイントである「読者にわかりやすい」。これは…
2つ目のポイントの「検索エンジンにもわかりやすい」。これは…

このように最初に本文の概要を伝え、そのあとに個別の内容に移ることで読者に理解してもらいやすい本文の執筆ができます。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、Webページの内容を端的に伝えることを目的としたHTMLタグです。

検索エンジンの検索結果には、記事タイトルのすぐ下に文章が表示されています。
記事タイトルの下にある文章は、メタディスクリプションで設定した内容が使われることがあります。

メタディスクリプションを適切に設定することで、ユーザーのクリックを促し自社サイトの訪問へと導けるでしょう。

メタディスクリプションを設定する際は、以下の点に注意して作成するとよいでしょう。

  • ユーザーに問いかける
  • 記事を読むメリットを伝える
  • 競合ページとの差別化を図る
  • SEOで狙うキーワードを使用する

関連記事

メタディスクリプションの記述方法やコツなどは、以下のコラム記事で解説しています。

メタディスクリプションの書き方【クリック誘導に効果的!】

alt属性

alt属性とは、Webサイトのページ内に掲載している画像が何を表しているのかを伝えるためのテキスト情報です。

今の検索エンジンでは、画像の内容を完全に理解することが難しいです。
画像にalt属性を設定することで、検索エンジンがどんな画像なのか内容を理解できます。

また、alt属性は検索エンジンのために設定するものではありません。
alt属性を設定することで、ユーザー側にもメリットがあります。

何らかの理由で画像が正しく表示されなくても、alt属性で設定したテキストが代わりに表示されます。
alt属性を適切に設定できていれば、画像が表示されていなくてもテキストで内容を理解できるでしょう。

ほかにも、画像にalt属性を設定することで、目に障害がある方への補助テキストとなったりもします。

alt属性を設定する際は、画像の内容にあったキーワードを入れ、ターゲットとしているキーワードを盛り込みすぎないように注意するとよいでしょう。

関連記事

alt属性の書き方やSEO効果については、以下のコラム記事で解説しています。

alt属性とは?SEO対策に効果的な書き方

アンカーテキスト

アンカーテキストとは、HTMLタグのaタグを用いてリンクを設定した際のテキストを指します。

<a href=”example.com”>アンカーテキストの例</a>

SEOの内部対策において、アンカーテキストは重要な要素の一つです。

Webサイト内の別ページへリンクを張る際には、リンク先の内容が把握できるアンカーテキストを設定することが重要です。
「詳細はこちら」のようなアンカーテキストはリンク先の内容がわからないので、避けましょう。

アンカーテキストを適切に設定することにより、検索エンジンにリンク先のページ内容を正しく伝えられます。

また、検索エンジンだけでなくユーザーにとっても、アンカーテキストはリンク先の内容がひと目で理解できます。

アンカーテキストを設定する際は、以下の点に注意して書くとよいでしょう。

  • リンク先のコンテンツがわかるテキストにする
  • クリックしたくなるようなテキストにする
  • リンク先のWebページのキーワードを含める
  • 画像にリンクを設置する場合は「alt属性」を設定する
  • リンク先が質と関連性の高いコンテンツであること

関連記事

アンカーテキストの書き方は、以下のコラム記事で解説しています。

アンカーテキストとは?SEOに効果的な書き方と注意点を解説

SEOと文字数の関係

『1記事あたりの文字数を多くしたほうがSEOに有利』という話を聞いたことがあるかもしれませんが、文字数とSEOに直接的な関係はありません。

実際に、文字数が競合よりも圧倒的に少ないWebページであっても、検索の1位に表示されるケースは存在します。

文字数が多い記事が上位表示されている場合は、ユーザーの検索ニーズを満たした網羅性の高いコンテンツを作成した結果、文字数が多くなったというケースが一般的です。

文字数よりも重視すべきことは、専門性が高く情報をより多く網羅しているコンテンツを作成することです。

ユーザーに有益な情報を提供することを意識して、記事を執筆しましょう。

関連記事

SEOと文字数の関係性をはじめ、コンテンツ作成のポイントは、以下のコラム記事で解説しています。

SEOに文字数は関係ある?検索上位化のために意識すべきこと

まとめ

今回はSEOライティングのコツだけでなく、初心者に向けたSEOライティングの書き方についても解説を行いました。

SEOライティングに関して、重要なポイントは以下のとおりです。

  • 検索エンジンだけでなく、ユーザー(読者)にとってもわかりやすい記事を執筆する
  • キーワードに沿った内容で、独自性や専門性も満たしたライティングを行う
  • タイトル、導入文、見出しなどの書き方を理解したうえで執筆する

ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを掲載していくことで、結果として情報が豊富でSEOに強いWebサイトになっていくでしょう。

SEO対策に関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規