ECサイトのパッケージとは?ASPとの違い・メリット・デメリットを徹底解説

      
ECサイトパッケージ

『ECサイトのパッケージとは何?』
『MakeShopやカラーミーショップなどのASPカートと何がどう違うのかわからない…』

ECサイトの「パッケージ」とは、企業向けECサイト構築方法の1つです。

今回は、ECサイトのパッケージついて、ASPとの違い、メリット・デメリットを含めて徹底解説致します。

関連記事

パッケージを含むECサイトの構築方法については、以下のコラム記事で解説中です。

ECサイト構築方法徹底解説!手順・開発会社に委託時に必要な情報もご紹介

ECサイトのパッケージとは?

ECサイトのパッケージとは、自社ECサイトを構築する上で必要な機能をパッケージにしたサービスのことです。

決済や集客ツールはもちろん、在庫管理や売上・受注管理など社内の基幹システムと連動させたりなど、企業向けの本格的なECサイト構築に向いている機能が一通り揃っています。

ECパッケージの大きな特徴は自社が欲しい機能を好きにカスタマイズできることであり、主に次の2種類に分かれています。

  • ECパッケージ型
  • パッケージ・クラウド型

ECパッケージ型は自社のサーバー、あるいはどこかに専用のサーバーを確保して構築する方法となり、自社サーバーを用意する場合はサーバーに詳しい専任担当者が必要になります。

パッケージ・クラウド型はクラウド上で業者のサービスを利用することになるため、サーバーの用意は不要です。

そのため、クラウド型の方が低予算で構築できるなどメリットが多く、近年ではクラウド型の方が主流になりつつあります。

ASP・他方法との違い

自社のECサイトを構築する方法はECパッケージ以外にも以下3つの方法があります。

  • フルスクラッチ
  • ASPカート
  • オープンソース

それぞれの方法と何がどう違うのかを比較してみましょう。

フルスクラッチ

フルスクラッチとはパッケージやASPなど既存のソフトウエアを一切使わず、完全オーダーメイド方式で構築する方法のことです。

一から作る訳ですから自社が欲する機能は全て実現可能な方法となり、他社に真似のできない世界に1つだけのオンリーワンサイトを作ることができます。

ただし開発費用は最低でも五百万~一千万円以上かかる構築方法となり、自社でのインフラ、サーバー、運用管理、アップデートや保守管理に至るまで高額なランニングコストが必要です。

パッケージサービスとの違いはカスタマイズ自由度の差です。

しかし、近頃ではパッケージサービスでほとんどのことが賄えるため、あえてフルスクラッチでの構築を選択肢に入れる企業はほとんど見なくなっています。

ASPカート

ASPカートとはECパッケージ同様に、ECサイト構築に必要な機能が一通り揃っているサービスです。

ASPカートには無料と有料のサービスがあり、無料サービスの代表例としてはBASE、STORES、有料サービスはMakeShop、カラーミーショップなどが挙げられます。

ASPカートはしばしばパッケージサービスと比較対象にされやすいですが、大きな違いは「カスタマイズのレベル」です。

ASPカートも費用数十万円以上のサービスの中には本格ECビジネス向けのものも含まれますが、年商50億以上~の企業要件を満たすレベルとしてはやや不向きなツールと言えます。

関連記事

ASPカート型のECサイトについて詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

ECサイトのASPとは?無料・有料・用途別カートシステムを徹底比較解説

オープンソース

オープンソースとはECサイト構築に必要な機能、テンプレートの大枠が揃っているフリーライセンスのCMSです。

ソースコードが公開されているため、技術のある人材がいれば自社でカスタマイズや更新が自由に行えます。

代表例としてはEC-CUBEが最も知られており、大企業の活用例も多く見受けられます。

ECパッケージとの違いはASPカートと同じくソースコードを使って構築、更新できる範囲に制限があることです。

しかし、ECパッケージで構築するECサイトと同等のサイトをオープンソースで制作するには、結果としてECパッケージと同等の予算が必要となります。

そのため、オープンソースかECパッケージにするかの見極めは、自社が求める機能や社内の人材状況によって使い分けを検討する必要があるでしょう。

関連記事

オープンソース型のECサイトについて詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

ECサイトのオープンソースとは?メリット・デメリット・5大CMSサービスも比較

ECサイトをパッケージで構築するメリット・デメリット

ECサイトをパッケージで構築するメリット・デメリットは次のようになります。

メリット

  • 本格ECサイト運営に必要な機能がフル装備
  • カスタマイズがほぼ自由にできる
  • セキュリティが万全

ECサイトのパッケージサービスを使って構築する一番のメリットは、フルスクラッチより低コストに本格ECサイト運営に必要な機能が全て揃うことです。

原則的にパッケージサービスはクライアントの要望に合わせたサイト構築を行うためのツールであるため、カスタマイズもほぼ自由にできます。

また、ECパッケージ型ならソースコードが公開されていないため、第三者にハッキングされる心配がまずなく、セキュリティ面も安心です。

デメリット

  • 初期費用が高額
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 専門技術をもつ人材が必須

ECパッケージサービスを使うデメリットは、ASPカートやモール型に出店する場合と比較すると初期費用が高額である点です。

ECパッケージ型を使った場合はセキュリティが万全なメリットはありますが、新しい機能やアップデートの際は専門の技術者による作業が発生します。

社内に専門の技術者がいない場合は外部の業者に作業を委託することになるため、メンテナンス料など定期的なランニングコストもみておく必要があります。

ECサイトパッケージサービスを選ぶポイント

ECサイトのパッケージサービス選ぶポイントは次の5点です。

  1. 自社の要望を満たせているか
  2. 拡張性の高さ
  3. コストパフォーマンス
  4. セキュリティ
  5. サポート体制

自社の要望を満たせているか

ECサイト向けパッケージサービスは最低百万円前後~と決して安価なサービスとは言えません。

費用相場も業者によってピンキリのため、自社に必要な機能をしっかりと事前に洗い出し、なるべく低コストで要件を満たしてくれる業者が望ましいでしょう。

拡張性の高さ

ECサイトは開設時だけでなく将来のビジョンも見据えた構築方法を選択するのが理想です。

Web業界は日進月歩で新しい技術や機能が随時更新されるため、将来のビジョンも見越したサイト構築を行うには新しいサービスや機能が追加しやすい「拡張性の高さ」も重視しておきたいものです。

コストパフォーマンス

ECサイトは機能の多さと売上は必ずしも比例するとは限りません。

機能を追加すればするほど開発コストもかさみますので、自社にとって本当に必要な機能と費用のバランスを考え、コストパフォーマンスに優れた開発業者を選ぶべきです。

初期費用以外に後々必要となるべきランニングコストも含めて比較検討するようにしましょう。

セキュリティ

ECサイトはお客様の個人情報、決済情報をお預かりする特性上、大規模なサイトになればなるほどセキュリティリスクと常に隣り合わせとなります。

顧客情報漏洩などのトラブルを絶対に防ぐためには、業者のセキュリティ対策の提供内容が肝心です。

ウイルス対策ソフトなど複数のセキュリティ製品を組み合わせるなど各業者のセキュリティ担保の内容をよく吟味し、万全な対策を行ってくれる業者を選定しましょう。

サポート体制

企業向けの大規模なECサイトの運営において絶対に避けたいトラブルはサーバーダウンやシステム障害です。

システムトラブルは販売機会損失を大幅に失うだけでなく、顧客の信頼も落とす事になりかねません。

社内に即座に対応できる人材がいれば問題ありませんが、サーバー管理を業者に委託している場合はサポート体制がビジネスの明暗を分けることになります。

万が一のトラブル発生時もできる限り迅速にスムーズな対応ができる業者を選ぶようにしましょう。

関連記事

ECサイトのパッケージサービスをお探しの方は、以下の関連記事をご覧ください。

ECパッケージサービス14社徹底比較|費用やサポート内容を用途・企業規模別にご紹介

ASPかパッケージか?ECサイト構築方法徹底比較

近頃ではASPカートにもECパッケージ並みの高機能なプラットフォームが構築できるサービスも続々登場しているため、どちらを選ぶべきか迷ってしまう企業様も少なくありません。

ASPカートかECパッケージかを選ぶ判断基準は単純に予算の問題です。

ASPカートで月額数万円~数十万レベルの高額料金プランの多くは基本機能のバラエティの豊富さに加え、デザインカスタマイズの自由度、SEOなど集客ツールの充実度が料金に反映されているケースが多く見受けられます。

パッケージサービスならではの機能例

ECパッケージサービスはASPカートで実現することが困難な「パッケージならでは」の機能が充実しています。

BtoC向けの機能例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高機能検索エンジン(表記ゆれ防止など)
  • チャットツールなどのWeb接客機能
  • サイト負荷分散機能
  • 多店舗ECサイト一元管理
  • 社内の基幹システム連携機能
  • 高機能メールマガジン配信システム
  • ソーシャルログイン機能(Facebook、googleアカウントなど)
  • アプリによるポイントシェア機能
  • 2クリック購入
  • アンケート管理機能

いずれもECサイトビジネスで年商1億以上のミッションを達成するべくユーザーの購買意欲アップと共に販売機会損失の取りこぼしを最小限にとどめる秘策が細部に盛り込まれています。

上記以外にも自社の要望に沿った機能を全て揃えることが可能なため、パッケージサービスを使って自社のオリジナルサイトを構築することができるのです。

まとめ

今回は、ECサイトのパッケージついて、ASPとの違い、メリット・デメリットを含めてお話させて頂きました。

まとめますと、ECサイトのパッケージとは、自社ECサイトを構築する上で必要な機能をパッケージにしたサービスのことです。

ECパッケージには「パッケージ型」と「パッケージ・クラウド型」の2種類があり、最近ではアップデートに強いクラウド型の方が人気になっています。

ECサイトをパッケージで構築するメリット・デメリットは次のようになります。

〇メリット

  • 本格ECサイト運営に必要な機能がフル装備
  • カスタマイズがほぼ自由にできる
  • セキュリティが万全

〇デメリット

  • 初期費用が高額
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 専門技術をもつ人材が必須

ECサイトのパッケージサービスを選ぶポイントは次の5点です。

  • 自社の要望を満たせているか
  • 拡張性の高さ
  • コストパフォーマンス
  • セキュリティ
  • サポート体制

ECサイトの構築をASPカートかECパッケージを使うかの判断基準は単純に予算の問題です。

パッケージサービスにはASPにない「ならではの機能」が充実しています。

主な機能例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高機能検索エンジン(表記ゆれ防止など)
  • チャットツールなどのWeb接客機能
  • サイト負荷分散機能
  • 多店舗ECサイト一元管理
  • 社内の基幹システム連携機能
  • 高機能メールマガジン配信システム
  • ソーシャルログイン機能(Facebook、googleアカウントなど)
  • アプリによるポイントシェア機能
  • 2クリック購入
  • アンケート管理機能

ECパッケージサービスは ECビジネスで年商1億以上のミッションを達成したい企業様に最適なサービスです。

自社が要望する機能も全て含めた理想のECサイト構築が可能となりますので、ECビジネスへの本格参入を目指す企業様はぜひ導入をご検討ください。

ECサイト・ネットショップに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)