月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

ホームページの各パーツ名称25選【Web上の動きでよく使う名称も紹介】

  
ホームページパーツ名称25選

ホームページは「トップページ」「下層ページ」「ヘッダー」など、複数のパーツによって構成されています。

ホームページの各パーツの名称を理解していないと、下記のような課題が生じやすくなります。

『制作会社に変更箇所の要望がうまく伝えられない』
『社内で名称の認識に差異があり、修正がスムーズに進まない』

今回のコラム記事では、企業のホームページ担当者様へ向けて「ホームページの各パーツの名称」「Web上の動きでよく使う要素の名称」を紹介しています。

ホームページのパーツ名称(基本編)

ホームページのパーツ名称「基本編」を紹介します。

基本編は、ホームページを作成するときに、よく使用する名称なので、必ず理解しておきましょう。

1.トップページ

ビズサイのトップページ

トップページは、ホームページの入り口となるWebページを指します。

基本的にトップページはユーザーが最も多く閲覧するWebページとなるため、ホームページ全体の要約や抜粋を掲載する必要があります。

「誰に向けたホームページなのか」「どんな内容が記載されているか」を明確にすると、このあとに紹介する下層ページに誘導しやすくなります。

2.下層ページ

下層ページ

下層ページとは、トップページから派生するWebページです。

企業のホームページであれば「会社紹介」や「サービス内容」などが下層ページとなります。

下層ページには、トップページで記載できなかった情報を紹介するのが一般的です。

トップページで全体の要約を説明して、下層ページで詳細を伝えると覚えておきましょう。

3.ヘッダー

ヘッダー

ヘッダーとは、ホームページ上部に表示される名称です。

ヘッダーには「グローバルナビ」や「ロゴ」が含まれ、すべてのWebページで同じ内容が表示されます。

ユーザーがホームページに訪問したときに、一番はじめに目に止まる要素となるので、注意を惹きつけるための工夫が必要です。

4.グローバルナビ

グローバルナビ

グローバルナビ(グローバルナビゲーション)とは、ホームページ上部に並んでいるメニューの名称です。

ホームページの概要が理解できて、目的の情報にたどり着きやすくする役割があります。

ホームページ設計時に、各Webページの階層を決めておくことが大切です。

5.バナー

楽天市場のバナー

出典:楽天市場

バナーは、ホームページ上での宣伝に利用する画像の名称です。

画像にはリンクが貼られており、クリックすると特定のWebページに移動できます。

バナーは、より多くのクリックを獲得できるように、目を惹くカラーやデザインで、構成されています。

6.メインコンテンツ

メインコンテンツ

メインコンテンツは、ホームページの主要となるコンテンツの名称です。

ユーザーに一番みてもらいたい情報を記載するため、他のコンテンツに比べても更新頻度が高くなります。

7.フッター

フッター

フッターとは、ホームページの最下部に表示するコンテンツの名称です。

メインコンテンツの補助的な役割があり「企業情報の紹介」「著作権情報の表示」を記載するケースが多いと覚えておきましょう。

また、サイトマップを掲載して、コンテンツを最後まで読んだあとの行動を誘導する役割もあります。

ホームページのパーツ名称(応用編)

続いて、ホームページのパーツ名称「応用編」を紹介します。

高品質なホームページを作成する場合、下記名称の理解も必要になってくるので、参考にしてみましょう。

8.アイキャッチ

アイキャッチ

アイキャッチとは、ホームページやブログ等で利用される画像の名称です。

ブログ記事が一覧で表示されているWebページで使われることが多く、アイキャッチで注目を集めて、記事に興味を持ってもらうのが目的です。

9.サイドバー

サイドバー

出典:au

サイドバーとは、ホームページの横に設置されたコンテンツの名称です。

スクロールしてもサイドバーを固定(追従)させることができるので、離脱率を軽減できるメリットがあります。

ただし、メインコンテンツの幅が狭くなるので、情報量が多いホームページには向いていません。

10.スライダー

スライダー

出典:Panasonic

スライダーとは、ホームページ上で複数の画像コンテンツを切り替えて表示する機能の名称です。

「左右スライド」「クロスフェード」など、さまざまな切り替え方法があります。

スライダーを採用すると、省スペースで複数の画像コンテンツを紹介できるメリットがあります。

11.パンくずリスト

パンくずリスト

パンくずリストとは、ホームページを閲覧している位置を簡易的に表示したリンクリストです。

パンくずリストを設置すると、ユーザーが迷子にならないため、ユーザビリティの向上が期待できます。

また、ホームページの情報を収集する「クローラー」にもよい影響を与えるので、SEO対策としても有効です。

関連記事

パンくずリストの作成方法を知りたい方は、以下のコラム記事で解説しています。

パンくずリストはSEO効果が期待できる?具体的な作り方を徹底解説

12.SNSシェアボタン

SNSシェアボタン

SNSシェアボタンとは、ホームページとSNSを連携するボタンの名称です。

ユーザーが気に入ったコンテンツ上で「SNSシェアボタン」をクリックすると、ユーザーのSNSアカウント上で拡散される仕組みになっています。

13.ファビコン

ファビコン

ファビコンとは、ホームページを立ち上げたときにタブに表示される画像の名称です。

ブラウザのブックマークにもファビコンが表示されます。

ファビコンを設置すると「ブランディング効果」があるだけではなく、ブックマークの中からWebページをみつけやすくなるメリットもあります。

関連記事

ホームページのファビコンを作成しようと考えている方は、以下のコラム記事が参考になるはずです。

ホームページアイコンの作り方を4STEPで解説【ファビコン作成に役立つヒントも紹介】

14.CTAボタン

CTAボタン

CTAボタンとは、ホームページ上の目的を達成するために必要なボタンの名称です。

「予約」「カート追加」「購入」など、ホームページの目的によってCTAボタンのテキストは変わります。

関連記事

CTAボタンの作り方を知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

CTAボタン作成方法を3STEPで解説【成功事例も紹介】

15.コピーライト

コピーライト

コピーライトとは、ホームページ上の著作権という意味です。

コピーライトをホームページに表記すると、その権利を保有していることを警告できます。

コピーライトは「©」「所有者の名前」「ホームページ開設日」で構成されています。

関連記事

コピーライトの書き方について知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

コピーライトの正しい書き方とは【表記例と表記場所についても解説】

16. サイト内検索窓

サイト内検索窓

サイト内検索窓とは、ホームページ内のコンテンツを検索できる機能です。

キーワードを入力すると、ユーザーが求めるコンテンツをすぐにみつけることができます。

商品数が多いECサイトや、コンテンツ量が多いブログなどに最適な機能です。

17. カテゴリー

カテゴリー

カテゴリーは、Webページを分類するための機能です。

たとえば、企業ブログでカテゴリーを設定しておくと、ユーザーが読みたいブログ記事を素早く探すことができます。

企業ブログなどを運営している方は、カテゴリーの設定をおすすめします。

関連記事

SEOを意識したカテゴリーの設定方法は、以下のコラム記事で解説しています。

SEOに効果的なカテゴリー分けの方法とは?

Web上の動きでよく使う要素の名称

最後にWeb上の動きでよく使う要素の名称を紹介します。

ホームページに動きがあると「ユーザビリティの向上」にもつながるので、下記名称を覚えておくようにしましょう。

18.ポップアップウィンドウ

ポップアップウィンドウ

出典:OptinMonster

ポップアップウィンドウとは、ホームページを閲覧しているときに、最前面に飛び出すように表示されるウィンドウです。

ユーザーに重要なメッセージを伝えたいときに使用する機能だと覚えておきましょう。

19.ハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューは、ホームページ内で表示される三本線のグローバルナビの名称です。

三本線をクリックすると、メニューが表示される仕組みになっています。

主にハンバーガーメニューは、スペースが限られているスマートフォンやタブレット向けのグローバルナビとして採用されるケースが多いです。

20.ドロップダウンメニュー

ドロップダウンメニュー

ドロップダウンメニューは、メニュー項目がクリックされると、直下にサブメニュー項目が表示されるグローバルナビです。

ホームページだけではなく、さまざまなソフトウェアでも採用されているため、最も一般的なグローバルナビといえます。

21.アコーディオン

アコーディオン

アコーディオンとは、コンテンツを折りたためるブロックのことです。

テキストをクリックすると、コンテンツが開閉する仕組みになっているので、情報量が多いコンテンツをスッキリみせたいときに有効となります。

22.タブメニュー

タブメニュー

出典:なんばパークス

タブメニューとは、タブをクリックするとコンテンツが切り替わるメニューの名称です。

Webページの移動が発生しないため、瞬時にコンテンツが切り替わるのがメリットといえます。

メニュー項目が2つ~5つ程度の場合には最適です。

23.ページネーション

ページネーション

ページネーションとは、ホームページ内のコンテンツを分割する機能の名称です。

コンテンツが多いWebページを分割することで、情報を読み取りやすくする目的があります。

テキストが長い記事やECサイトの商品カテゴリーページなどで、採用される場合が多いと覚えておきましょう。

関連記事

ページネーションについて、もっと知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

ページネーションとは何か?【必要性と実装時の注意点】

24. アニメーション

アニメーション

アニメーションとは、ホームページ上で「画像」や「イラスト」をスライドさせたり、フェードさせる技術の名称です。

以前までは「Flash」でアニメーションを作成するのが主流でしたが、サポート終了に伴い 「CSS」や「JavaScript」での実装がスタンダードになっています。

25. パララックス

パララックス

出典:Serta

パララックスは、アニメーションなどを活用することで、ホームページに奥行きやスピード感を出す表現手法です。

『おしゃれなデザインを全面に押し出したい』『ストーリーを立てて情報を伝えたい』というときに最適な方法となります。

まとめ

ホームページの各パーツの名称を25選ご紹介しました。

ホームページのパーツ名称を理解すると「制作会社に要望をきちんと伝えられる」「社内でのホームページ修正や更新作業がスムーズになる」といったメリットがあります。

「基本編」「応用編」「Web上の動き」でご紹介したパーツの名称はしっかり理解しておきましょう。

また、当サイト「ビズサイ」ではホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイでは、ホームページの目的に合わせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

『ホームページのことが全くわからない』という方でも、安心してご利用いただけるように更新代行や手厚いサポートを行っております(くわしいサービスプランはこちら)。

ホームページに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規