Googleフォームの使い方完全ガイド【マーケティングツールとしての使い方も紹介】

      
Googleフォームの使い方完全ガイド【マーケティングツールとしての使い方も紹介】

無料でさまざまなフォーム作成が可能なツール「Googleフォーム」の使い方を紹介しています。

Googleフォームでは「イベントや会議の出欠確認フォーム」「お客様アンケート」などのフォームが簡単に作成できますが、いざGoogleフォームを導入する上で、

『Googleフォームの特徴やメリットについて知りたい』
『フォームの作り方が分からない』
『Googleフォームの活用事例が知りたい』

上記のような課題が生じるかと思います。

本コラム記事では、Googleフォームの「特徴・メリット」「使い方」「活用事例」を紹介しています。

目次

Googleフォームとは

Googleフォーム

出典:Googleフォーム

Googleフォームは、Googleが提供する無料のフォーム作成ツールです。

簡単なオンラインフォームを使用して「出欠確認」「アンケート調査」「Webテスト」を作成することができます。

さらに、フォームの回答はGoogleスプレッドシートに接続して、自動的に記録できるので、チーム内で共有することも可能です。

Googleフォームのメリット

Googleフォームのメリットについて紹介します。

Googleフォームのメリットは下記5つです。

  • さまざまな用途のフォームが簡単に作成できる
  • レスポンシブデザインに対応
  • フォームの共有が可能
  • 回答の分析可能
  • 無料で利用可能

さまざまな用途のフォームが簡単に作成できる

Googleフォームでは、さまざまな用途のフォームが簡単に作成できるメリットがあります。

代表的なフォーム活用例は下記の通りです。

  • 会議・イベントの出欠確認
  • Webテスト作成
  • お客様アンケート
  • 求人の応募

Googleフォームには、項目作成数の制限がないので、幅広い用途での使用が可能です。

レスポンシブデザインに対応

Googleフォームで作成したフォームは、全てレスポンシブデザインに対応しています。

レスポンシブデザインは「スマートフォン」「パソコン」「タブレット」など、各デバイスに合わせて自動でレイアウトを調整することです。

これにより、ユーザービリティが向上するメリットもあります。

フォームの共有が可能

Googleフォームでは「フォーム作成」「回答集計」などの業務を共有することが可能です。

通常のフォーム作成ツールだと、有料プランに共有機能が設けられていることが多いですが、Googleフォームでは無料で共有機能を利用できます。

また、Googleスプレッドシートと同様、フォームにアクセス権限を付与できるのもメリットといえます。

回答の分析可能

Googleフォームでは、回答分析も可能です。

回答結果をグラフに可視化する作業を自動で実施します。

回答結果はリアルタイムで確認することもできるので、回答分析にかかる作業時間を軽減することもできます。

無料で利用可能

Googleフォームは、無料で全ての機能が利用可能です。

Googleフォームには、有料プランも設けられていますが、これは「Google Workspace(グーグル・ワークスペース)」でのGoogleドライブ利用料となります。

Google Workspaceとは「Gmail」「Googleドライブ」「Googleフォト」など、Googleが提供する各ツールの総称です。

Google Workspaceの無料プランでは15GBの制限があり、制限を超えない限りは無料にてGoogleフォームを利用することができます。

15GBを超える場合は、下記プランへの加入が必要です。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

プラン 月額料金 ストレージ容量
Business Starter 748円 30GB
Business Standard 1,496円 2TB
Business Plus 2,244円 5TB

※税込表示

Googleフォームのデメリット

続いて、Googleフォームのデメリットについて紹介します。

下記デメリットも理解した上で、Googleフォームの導入を検討しましょう。

  • デザイン性が低い
  • 管理画面上から返信対応ができない
  • 運用型広告用の計測タグ設置ができない
  • Googleフォームは問い合わせフォーム向きではない

デザイン性が低い

デザイン性の低い点がGoogleフォームのデメリットです。

Googleフォームは15種類のテンプレートを活用してデザインを変更することが可能ですが、デザインのカスタマイズ度は低いといえます。

どのテンプレートを使用しても、Googleフォームで作成したことが分かってしまうので、企業イメージを重要視する方には少しリスクがあります。

管理画面上から返信対応ができない

Googleフォームでは、問い合わせを受け付けることができますが、その後の返信対応はGoogleフォーム上で実施できません。

回答分析などには優れていますが、返信対応がGoogleフォーム上で実施できないと、顧客管理に支障が出る可能性もあります。

運用型広告用の計測タグ設置ができない

運用型広告用の計測タグ設置ができない点もGoogleフォームのデメリットです。

計測タグとは、Web広告から流入したユーザーがコンバージョン達成したかを計測するためのタグを指します。

計測タグ設置ができないと、Web広告から流入したユーザーが、Googleフォームでコンバージョンを達成しても計測ができません。

そのため、自社マーケティング施策の評価が難しくなります。

Googleフォームは問い合わせフォーム向きではない

Googleフォームは「管理画面上から返信対応」「計測タグの設置」ができないので、問い合わせフォームには不向きといえるでしょう。

問い合わせフォームを作成する場合は「フォームズ」など、他社ツールの選定をおすすめします。

関連記事

フォームズについて詳しく知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

フォームズの使い方ガイド【フォーム設置と注文フォームの作成方法を紹介】

Googleフォームの使い方

Googleフォームの使い方を紹介します。

Googleアカウント開設から回答集計までの手順を紹介しているので、下記手順に従ってフォームを作成してみましょう。

  1. Googleアカウント開設
  2. フォームを新規作成
  3. デザイン編集
  4. フォームの共有
  5. GoogleフォームをWebサイトに埋め込む
  6. 回答の集計

【STEP1】Googleアカウント開設

Googleフォーム作成には「Googleアカウント」が必要です。

アカウントを持っていない方は、こちらのフォームからアカウントを開設しましょう。

「Googleアカウント」の作成

出典:Google

「名前」「任意のユーザー名」「パスワード」を入力して「次へ」を選択してください。

電話番号認証

出典:Google

続いて、電話番号認証をします。

電話番号を入力すると、認証コードが届くので、手順に従って電話番号認証を実施しましょう。

プライバシーポリシーと利用規約に同意

出典:Google

プライバシーポリシーと利用規約に同意すれば、Googleアカウントの作成は完了となります。

【STEP2】フォームを新規作成

続いて、フォームを新規作成します。

「Googleフォームを使ってみる」を選択

出典:Googleフォーム

Googleフォームの公式サイトにアクセスして「Googleフォームを使ってみる」を選択します。

新しいフォームを作成

出典:Googleフォーム

フォーム作成では「空白のフォーム」と「テンプレート」のいずれかが選択できます。

目的に合ったものがあれば「テンプレート」がおすすめです。

項目編集

「フォームタイトル」と「フォームの説明」を編集

出典:Googleフォーム

新しいフォームの作成ができたら、画面上部の「フォームタイトル」と「フォームの説明」を編集しましょう。

編集したい箇所をクリックするだけで、テキストの編集が可能です。

質問の編集

出典:Googleフォーム

項目を選択すると「項目名」「質問タイプ」「項目内容」の編集ができます。

「質問タイプ」に関しては下記内容から選択しましょう。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

質問タイプ一覧 詳細
記述式 メールアドレス入力などの短い答えに最適な質問タイプ
段落 長文を回答するのみ適した質問タイプ
ラジオボタン 選択式の質問タイプ
チェックボックス チェックボックスを選択する質問タイプ
プルダウン ドロップダウンメニューから回答選択できる質問タイプ
ファイルのアップロード 質問に応じてファイルをアップロードが可能
均等目盛 0~10までの数字で回答する質問タイプ
選択式グリッド 行ごとに1つの回答を選択できるグリッドが作成される
チェックボックスグリッド 行ごとに複数の回答を選択できるグリッドが作成される
時刻 期間や時刻を選択する質問タイプ
日付 日付を選択する質問タイプ

「必須項目のあり・なし」のチェック

出典:Googleフォーム

各項目の編集が完了したら、最後に「必須項目のあり・なし」のチェックを選択しましょう。

チェックをオンにすると、この項目の質問回答が必須となります。

項目の追加

画面右側の「+」マークを選択

出典:Googleフォーム

項目を追加する場合は、画面右側の「+」マークを選択すると追加できます。

項目を編集

出典:Googleフォーム

項目の追加ができたら、先ほどと同様の手順で項目を編集しましょう。

【STEP3】デザイン編集

Googleフォームのテンプレートではなく、空白のフォームを作成した場合は、デザイン編集が必要です。

「パレットマーク」を選択

出典:Googleフォーム

画面右上に表示されている「パレットマーク」を選択します。

デザイン編集

出典:Googleフォーム

テーマオプションが立ち上がります。

こちらでは下記内容のデザイン編集が可能です。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

テーマオプション 詳細
ヘッダー ヘッダーに画像をアップロードできる
テーマ色 フォームの色を一括切り替え可能
背景色 背景色の編集
フォントスタイル フォントスタイルを変更

ヘッダーに画像挿入

出典:Googleフォーム

デザイン編集の自由度が低いですが、ヘッダーに画像挿入できるので、企業が活用する場合はロゴ挿入をおすすめします。

【STEP4】フォームの共有

Googleフォームでは、他ユーザーとフォームを共有して作業することが可能です。

「共同編集者を追加」を選択

出典:Googleフォーム

フォームを共有する場合は、Webページの上部にある「メニュータブ」をクリックして「共同編集者を追加」を選択してください。

ユーザーを追加

出典:Googleフォーム

編集者の追加画面が表示されるので、こちらからユーザーを追加します。

「リンクを知っている全員」に権限を変更

出典:Googleフォーム

「リンクを知っている全員」に権限を変更すれば、リンクを知っているインターネット上の全員がフォームを編集できる設定にも変更可能です。

【STEP5】GoogleフォームをWebサイトに埋め込む

Googleフォームで作成したフォームをWebサイト内に埋め込むには「リンクを貼り付ける」「HTMLとして埋め込む」の2つの方法があります。 それぞれの手順は下記の通りです。

リンクを貼り付ける方法

一つ目は、Webサイトに貼り付ける方法です。

作成したGoogleフォームのURLを発行して、そのリンクをWebサイトに張り付けます。

ユーザーを別ページに誘導させるので、質問量が多いフォームの場合に有効です。

「リンクマーク」内にあるURLをWebサイトに貼り付け

出典:Googleフォーム

右上の「送信」を選択して「リンクマーク」内にあるURLをWebサイトに貼り付けましょう。

「URLを短縮」にチェックをすれば、URLを短くできるので、こちらも上手く活用してください。

HTMLとして埋め込む方法

2つ目は、HTMLとして埋め込む方法です。

Webサイトの一部としてGoogleフォームを設置できるので、ユーザーのページ移動がなくなるのがメリットです。

しかし、Webサイトに合わせた「幅」「高さ」の調整が必要になります。

送信方法の「<>」を選択

出典:Googleフォーム

画面右上の「送信」を選択して、送信方法の「<>」を選択します。 任意の「幅」「高さ」を入力後に「HTML」をコピーしましょう。

自社WebサイトにHTMLを埋め込み

出典:Jimdo

自社WebサイトにHTMLを埋め込めば完了です。

【STEP6】回答の集計

画面上部にある「回答」を選択

出典:Googleフォーム

フォームの回答を確認する場合は、画面上部にある「回答」を選択します。

回答からでもデータ概要を確認することができますが、より詳細に分析する場合は「Googleスプレッドシート」を活用しましょう。

画面右側にある「スプレッドシートマーク」を選択

出典:Googleフォーム

画面右側にある「スプレッドシートマーク」を選択します。

「新しいスプレッドシートに作成するか」「既存のスプレッドシートに反映するか」の選択

出典:Googleフォーム

「新しいスプレッドシートに作成するか」「既存のスプレッドシートに反映するか」の選択ができます。

Googleスプレッドシートに回答詳細が反映すれば完了

出典:Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートに回答詳細が反映すれば完了です。

関連記事

上記でご紹介した以外にも、フォームの回答を確認する方法があります。
以下のコラム記事に解説しているので、ご自身にあった方法を選びましょう。

Googleフォーム回答の確認方法【分析に便利なアドオンも紹介】

Googleフォームを最大元活用するためのポイント

Googleフォームを最大元活用するためのポイントを紹介します。

Googleフォームには「自動返信機能」や「条件分岐」など、さまざまな機能を搭載しています。

これらの機能を合わせることで、Googleフォームを最大元活用することが可能です。

回答の通知を受け取る

「回答画面」のメニューから「メール通知を受け取る」を選択

出典:Googleフォーム

Googleフォームに回答が合った場合、通知を受け取るには「回答画面」のメニューから「メール通知を受け取る」を選択するだけです。

ただし、この方法で通知を受け取れるのは、Gmailのみとなります。

Gmail以外から通知を受け取る場合は「スクリプトエディタ」を活用する必要があります。

自動返信メール設定

Googleフォームでは、回答のあったユーザーに対して自動返信メールをすることもできます。

「メールアドレスを収集する」を編集

出典:Googleフォーム

Googleフォームの画面右上にある「歯車マーク」→「メールアドレスを収集する」→「回答のコピーを送信」→「常に表示」→「保存」を選択するだけで完了です。

自動返信の内容

ただし、自動返信の内容は、回答のコピーを送信するだけなのでシンプルな内容となっています。

Googleのアドオンを活用すれば、メールの内容を編集した自動返信も可能です。

関連記事

Googleフォームで自動返信の設定方法を詳しく知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

Googleフォームの自動返信設定方法を3種類紹介【例文で使えるテンプレート付き】

回答結果から質問を分岐させる

回答結果から質問を分岐させる

出典:Googleフォーム

Googleフォームでは、回答結果から質問を分岐させる条件分岐も可能です。

条件分岐とは、ユーザーが回答した答えに合わせて質問を変える手法です。

条件分岐を利用することで、ユーザーの本質を突いたアンケート調査が実施できます。

その他カスタマイズ機能を活用する

Googleフォームには、上記で紹介した機能以外にも様々なカスタマイズが可能です。

Googleフォーム機能を拡張するアドオンを活用すれば、下記のようなカスタマイズができます。

  • フォーム画面にカウントタイマーを設置
  • カレンダーと連携
  • スプレッドシートからデータを自動取得
  • QRコード発行
  • プルダウンのカスタマイズ

関連記事

Googleフォームのカスタマイズ方法については、以下のコラム記事で詳しく解説しています。

Googleフォームのカスタマイズ18選【アドオンやHTMLのカスタマイズも紹介】

スマホでGoogleフォームを作成する

スマホ版のGoogleフォーム

出典:Googleフォーム

Googleフォームでは、スマートフォンからでも「フォーム編集」と「回答確認」ができます。

ブラウザからGoogleフォームの公式サイトにアクセスすれば、パソコンと同じように操作が可能です。

出先から回答を確認したい際に活用してみましょう。

Googleフォームの活用事例

Googleフォームに最適な事例を4ケース紹介します。

下記内容を参考にフォームを作成してみましょう。

会議・イベント出欠確認フォーム

会議・イベント出欠確認フォーム作成

出典:Googleフォーム

Googleフォームは、会議・イベント出欠確認フォーム作成に適しています。

メールでイベントを通知して、回答結果をGoogleスプレッドシートで管理すれば、情報処理業務を削減することが可能です。

イベントに参加する側も「参加」にチェックを入れるだけなので、両者ともにメリットがあります。

求人の応募

求人の応募フォーム作成

出典:Googleフォーム

Googleフォームは、求人の応募フォーム作成に適しています。

求人応募のデータをスプレッドシートにまとめて人事部でデータを共有すれば、採用業務を効率化することが可能です。

お客様アンケート

お客様アンケート作成

出典:Googleフォーム

Googleフォームは、お客様アンケート作成に適しています。

例えば、マーケティング施策として「ユーザーニーズ調査」や「市場調査」を実施するときに有効です。

Googleフォームの条件分岐を活用することで、ユーザーの本質を突いた質問ができます。

自社にて、納得のいくマーケティング調査ができていない場合は、お客様アンケートとしてGoogleフォームを活用してみましょう。

テストフォーム

テストフォーム作成

出典:Googleフォーム

Googleフォームは、テストフォーム作成に適しています。

作成できる項目数に制限がないため、テストのような情報量が多いフォームにピッタリです。

また、回答をGoogleスプレッドシートに反映すれば、添削業務を効率化することができます。

Googleフォームをマーケティングツールとして使用する3つの方法

ここまでは、Googleフォームの使い方や活用事例について紹介しました。

Googleフォームは、問い合わせフォームとして活用するよりも「マーケティング施策のための調査」に活用するのが最も適しています。

Googleフォームをマーケティングツールとして活用したい場合は、下記3つの方法を試してみましょう。

  • 満足度調査
  • 提案ボックス
  • メルマガリスト作成

満足度調査

Googleフォームは、企業が満足度を調査する上で最適なツールです。

フローチャートを設計した上で、アンケートを作成すれば、プロ並みの調査ができます。

企業が成長するにはユーザーからのフィードバックが重要です。

Googleフォームを上手に活用できれば、ユーザーからの声をリアルタイムで把握できるため、すぐに課題を改善する体制を整えることもできます。

提案ボックス

Googleフォームは、ユーザーの声を聞く、提案ボックスとしても活用できます。

『こんな機能を導入してほしい』『こんな新商品が欲しい』などを集計し、分析することで「ユーザーニーズ」「市場ボリューム」を把握することができます。

ユーザーからの声をたくさん集めて、自社商品開発の新しいアイデアにしましょう。

メルマガリスト作成

Googleフォームは、メルマガリスト作成に適しています。

アンケートからアドレスを入手して、Googleスプレッドシートの「スクリプトエディタ」を活用すれば、一斉メールを送信することもできます。

「見込み客へのアプローチ」「リピーター集客のためのメルマガ」などの施策がGoogleフォーム上で完結できます。

GoogleフォームのQ&A

最後にGoogleフォームに関するQ&Aを紹介します。

Q.フォームはいくつでも作成できるの?

A. Googleフォームでは、フォーム制限数が設けられていないので、いくつでもフォームを作成することが可能です。

しかし、無料プランの場合には15GBの制限があります。

この15GBの制限は「Googleドライブ」「Gmail」「Googleフォト」で共通となっているので、こちらからご自身のストレージを一度確認してみましょう。

15GBを超える場合は、別途有料プランへの加入が必要になります。

Q.有料プランと無料プランの違いは?

A. Googleフォームの有料プランと無料プランの違いは、ストレージ容量のみです。

Googleフォームの機能面に関しては、有料プランと無料プランでも違いはありません。

Q.郵便番号による住所の自動入力は対応している?

A. Googleフォームでは、郵便番号による住所の自動入力は対応していません。

従来のフォーム作成ツールでは、郵便番号からの住所自動入力に対応しているものが多いですが、Googleフォームではアドオン機能を活用しても、郵便番号からの自動入力が不可となっています。

まとめ

Googleフォームの作り方完全ガイドを紹介しました。

Googleフォームは下記のようなフォーム作成に最適です。

  • 会議・イベントの出欠確認
  • Webテスト作成
  • お客様アンケート
  • 求人の応募

Googleフォームのメリットとデメリットは下記の通りです。

▼スマホの場合は横にスクロールしてご覧ください

メリット デメリット
・さまざまな用途のフォームが簡単に作成できる
・レスポンシブデザインに対応
・フォームの共有が可能
・回答の分析可能
・無料で利用可能
・デザイン性が低い
・管理画面上から返信対応ができない
・運用型広告用の計測タグ設置ができない

Googleフォームを最大限活用するには、下記内容を実践しましょう。

  1. 回答の通知を受け取る
  2. 自動返信メール設定
  3. 回答結果から質問を分岐させる
  4. スマートフォンでGoogleフォームを作成する

Googleフォームは、さまざまな用途で使用できますが、一番効果を発揮するのはマーケティングツールとして活用した場合です。

そのため、問い合わせフォームを作成するといった目的ではなく「ユーザーの満足度調査」や「企業への提案ボックス」などの目的で利用することをおすすめします。

また「Webテスト作成」「会議・イベント出欠」「求人フォーム」などのデータ集計を目的としたケースにも向いているので、社内や校内の作業効率化ツールとしても最適です。

ホームページに関する記事
人気記事ランキング
インカムを付けている女性

まずは無料でご相談ください。

011-640-1122(受付時間9:00~17:30)