月額定額制(サブスク)ホームページ制作 | ビズサイ
お役立ちコラム

LP(ランディングページ)とは【特徴・メリットや作成方法の流れを紹介】

  
ランディングページとは

LP(ランディングページ)は、潜在顧客の獲得や売り上げ増加に効果のあるWebマーケティングです。

しかし、LPは通常のホームページとは違った特徴があるため、作成前に理解しておく必要があります。

これからLP作成を検討する上で、

『LPの必要性がわからない』
『LPとホームページの違いが知りたい』
『LPの作成方法が知りたい』

上記のような課題が生じるかと思います。

今回のコラム記事では、企業の担当者様へ向けて「LPの定義」「ホームページとの違い」「メリット・デメリット」「作成の流れ」を紹介しています。

LP(ランディングページ)とは 

Landing Page の頭文字をとったLPとは、ユーザーが「検索エンジン」「SNS」などの流入元から最初に到着するWebページのことです。

しかし、LPには「広義のLP」と「狭義のLP」の2つの意味があります。

「広義のLP」「狭義のLP」では、それぞれの役割がことなるので、下記内容で違いを学びましょう。

広義のLP(ランディングページ)

広義のLPとは、ユーザーが最初に到着するWebページのことです。

ユーザーが検索エンジンからトップページにアクセスした場合は「トップページ=LP」となります。

また、ユーザーが検索エンジンからブログページにアクセスした場合でも「ブログページ=LP」となります。

アクセス数を増やすには、ユーザーに対して多くの「広義のLP」を設けてあげることが大切です。

狭義のLP(ランディングページ)

狭義のLPは、ユーザーにアクションを促すためのWebページです。
Web業界では一般的にLPというと、この「狭義のLP」を指します。

狭義のLPは単一の目標を設定して作成され、アクションを促すために「CTA」が設置されています。

広義のLPとの違いとして「商品紹介」から「購入」までが、1つのWebページで完結する点です。

そのため、狭義のLPは縦長でリンクが少ないといった特徴があります。

※今回のコラム記事では、この「狭義のLP」を深く掘り下げています

LP(ランディングページ)が必要な理由

LPはアクセス数を増やしてSEOを改善し、ブランドを構築するためにも必要な手法です。

LPとリスティング広告との相性もよいので、効果的なWebマーケティング戦略の武器にもなります。

また、LPというと商品購入を目的とした戦略のイメージが強いですが、リード獲得にも優れています。

たとえば、BtoB(対企業向け)のビジネスでは、約68%の企業がLPを使用して見込み客を獲得しています(※)。

LPはユーザーを特定の商品・サービスに導き、アクションを起こすように促してくれるので、将来的なコンバージョン獲得のための機会にもなるでしょう。

※参照:Landing Page Handbook

LP(ランディングページ)とHP(ホームページ)の違い

LPとHP(ホームページ)の違いを紹介します。 下記内容を理解して、自社にLPが必要か判断してみましょう。

目的の違い

LPとホームページには目的の違いがあります。

LPの目的は「ユーザーにアクションを起こしてもらうこと」ですが、ホームページは「情報提供」が主な目的です。

ホームページは企業の総合カタログのような役割があるため、自社の情報をよりユーザーにくわしく知ってもらえます。

一方、LPはアクションに特化しているため、商品の単品カタログのような役割があると理解しておきましょう。

集客方法の違い

LPとホームページは集客方法にも違いがあります。

LPはWeb広告からの集客がメインですが、ホームページは検索エンジンからの流入がメインです。

LPはコンテンツのボリュームが少ないため、検索エンジンから評価が受けづらく、Web広告がメインの流入元になります。

一方、ホームページはボリュームも多くて、ユーザーに有益な情報を提供できるため、検索エンジンからの評価が受けやすくなると覚えておきましょう。

ユーザーの違い

LPとホームページはユーザーにも違いがあります。

LPは特定のユーザーに向けてコンテンツを作成するため、ターゲットは狭いです。
ホームページは複数のページに分けて情報を提供できるので、ターゲットは広いです。

たとえば、LPの場合「特定の商品やサービスに興味をもつユーザー」が訪問するため、そのユーザーにあったコンテンツに特化します。

しかし、ホームページの場合、別の商品やサービスを紹介するなど、ユーザーに選択肢を与えることができます。

関連記事

ホームページの意味を知りたい方は、以下のコラム記事をご覧ください。

ホームページとは【初心者でも5分で理解できます】

LP(ランディングページ)の特徴

続いて、LPの特徴を紹介します。
下記内容理解した上で、LPの作成に取りかかりましょう。

  • リンクが少ない
  • デザインが縦長
  • 大きなCTA
  • テキストより画像が多い

リンクが少ない

リンクの数が少ないのがLPの特徴です。

一般的なホームページでは、画面上部にグローバルナビゲーションがあり、フッターにも複数のリンクがあります。

ただし、LPにはグローバルナビゲーションを設けるケースは少なく、場合によってはユーザーがコンバージョンを達成するためのCTAのリンクだけになります。

デザインが縦長

縦長のデザインもLPの特徴です。

LPは1ページのみの構成となるため、必然的に縦長のデザインになります。

構成としては「こんな悩みはありませんか?」とユーザーの悩みに訴えかけたあとに、商品購入メリットなどを伝え、口コミを紹介してコンバージョンに誘導する流れが一般的です。

縦長のデザインは、ユーザーに伝えたいことを順序立てて伝えるために最適なデザインです。

テキストより画像が多い

テキストより画像が多いのもLPの特徴です。

LPのデザインはインパクトを重視しているため、画像を多く利用する傾向があります。

画像によるビジュアル訴求を多くすることで、ユーザーが商品を購入したあとの自分をイメージしやすくなるメリットがあります。

大きなCTA

大きなCTAもLPの特徴です。

LPから設定したコンバージョンを獲得するには、CTAが重要です。
CTAをクリックしてもらうために、大きくて目立つCTAを設置するのが基本です。

「問い合わせはコチラ」「無料ダウンロード」など、コンバージョンにつながる大きなCTAをファーストビューやページ下部に設置します。

関連記事

コンバージョンが増えるCTAボタンの作成方法は、以下のコラム記事で解説しています。

CTAボタン作成方法を3STEPで解説【成功事例も紹介】

LP(ランディングページ)への代表的な流入経路は4つ

続いて、LPへの代表的な流入経路を4つ紹介します。

LPへの経路はWeb広告がメインとなりますが、それ以外の経路もあります。
以下の流入経路を理解して、最適なコンテンツ作成の役に立てましょう。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • メールキャンペーン
  • 検索エンジン

リスティング広告

LPへの流入経路1つ目は「リスティング広告」です。

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上にテキスト広告を出稿するサービスです。

事前に自社が設定したキーワードを、検索ユーザーに対して表示します。

リスティング広告はコンバージョンに近い顕在ユーザー獲得に優れたWeb広告なので、LPとの相性もよいと覚えておきましょう。

SNS広告

LPへの流入経路2つ目は「SNS広告」です。

SNS広告は、FacebookやInstagramなどのSNS上に広告表示するサービスです。

画像または動画を活用したビジュアル訴求に強い特徴があります。

リスティング広告とは違い「商品の認知」など、潜在ユーザーへのアプローチに優れています。

メールキャンペーン

LPへの流入経路3つ目は「メールキャンペーン」です。

メールキャンペーンは、一般的にメールマガジンと呼ばれています。

自社と接点があるユーザーへの販促活動となるため「リピーターの獲得」や「顕在ユーザー獲得」に最適な方法といえます。

検索エンジン

LPへの流入経路4つ目は「検索エンジン」です。

冒頭でも紹介したとおり、狭義のLPでは「被リンクが集めにくい」「Webページ数が少ない」といった理由で、検索エンジンからの流入は困難といえるでしょう。

しかし、多くのWebページで構成される広義のLPであれば、検索エンジンからでもアクセスの獲得が期待できます。

LP(ランディングページ)を作成するメリット

続いて、LPを作成するメリットを紹介します。
下記内容を参考にLPの作成を検討してみましょう。

  • コンバージョンを獲得しやすい
  • 成果の把握がかんたん
  • デザイン性の高いLPを作成できる

コンバージョンを獲得しやすい

LPには、コンバージョンを獲得しやすいメリットがあります。

LPではユーザーにとって必要な情報が1ページで完結しているため、別のWebページへの移動もなく、コンバージョンまでスムーズに誘導できるためです。

ユーザーはLPに訪れて上部からスクロールしてコンテンツを閲覧するだけです。
なので、通常のWebページに比べて、LPは離脱率が低くコンバージョンが発生しやすいです。

成果の把握がかんたん

成果の把握がかんたんなのもLPのメリットです。

LPの場合、ユーザーが閲覧するWebページは1つだけなので、成果を把握するのが非常にかんたんです。

一方、ホームページはユーザーがアクションを達成するまでに閲覧するWebページがバラバラなため、ユーザー行動の分析が困難になります。

デザイン性の高いLPを作成できる

デザイン性の高いLPを作成できるメリットがあります。

ホームページでは「サイドバー」や「グローバルナビゲーション」などのレイアウト制限がありますが、LPにはレイアウト制限はありません。

そのため、LPはホームページよりもデザイン性が高くて訴求効果の高いWebページが作成可能です。

LP(ランディングページ)を作成するデメリット

続いて、LPを作成するデメリットを紹介します。
デメリットもしっかり理解した上で、LPの作成を検討しましょう。

  • 費用がかかる
  • 運用リソースが発生する

費用がかかる

LPを作成すると、当然費用がかかります。

制作会社に依頼すれば、最低でも10万円程度の制作費用が発生します。

また、サーバー代やドメイン代など、維持費が発生するのもデメリットといえるでしょう。

関連記事

LPの作成にかかる費用相場は、以下のコラム記事で解説中です。

LP(ランディングページ)制作の費用相場とは【維持費についても解説】

運用リソースが発生する

LPを作成すると、運用リソースが発生するデメリットがあります。

LPは公開して終わりではなく、定期的にコンバージョン数を確認して課題を見つけていかなければなりません。

そのため、ホームページとは別にLPを作成すると、運営担当者の負担は増加するでしょう。

関連記事

LPの公開後、コンバージョンを向上させていくには「LPO(ランディングページ最適化)」という施策が必要です。
LPOの詳細は、以下のコラム記事で解説中です。

LPOとは?CVRを向上させる具体的な対策方法と成功事例を紹介

LP(ランディングページ)作成の流れ

最後に、LP作成の全体の流れを紹介します。
LP作成は、下記3STEPで実施します。

  • 【STEP①】目標を定義する
  • 【STEP②】ツール選びテンプレートを選択
  • 【STEP③】コンテンツ作成(テキスト・ビジュアル・CTA)

関連記事

自分でLPを作成する方法や、制作会社に依頼してLPを作ってもらう方法についての詳細は、以下のコラム記事をご覧ください。

LP(ランディングページ)の作り方ガイド【ツール・制作会社別に徹底解説】

【STEP①】目標を定義する

LPを作成するには、まず目標を定義しましょう。
目標は必ず、明確で計測可能なものにしてください。

一般的なLPでは、下記のような目標を設定します。

  • 商品購入
  • サービスの申し込み
  • 見積もり依頼
  • 無料サンプルのダウンロード
  • 資料請求

また、設定する目標は1つに絞ります。
目標が1つであれば、ユーザーにも迷いが生まれずにアクションを達成しやすくなるためです。

【STEP②】ツール選びテンプレートを選択

続いて、LPを作成するツールやテンプレートを選定します。

ツールとテンプレートを活用すると、かんたんにLPを作成できます。

ニーズに最適なツールやテンプレートを選択してみましょう。

【STEP③】コンテンツ作成(テキスト・ビジュアル・CTA)

テンプレートが決まれば、最後にコンテンツを作成します。

テンプレートに沿って「テキスト」「画像」「CTA」を設置しましょう。

LP上に掲載するコンテンツは、なるべく流入元と統一させるのもポイントです。

たとえば、Web広告とLP上に記載している「キャッチコピー」がことなると、ユーザーが混乱してしまい離脱しやすくなるためです。

関連記事

LPのコンテンツ作成には、以下のコラム記事が参考になります。

ランディングページの構成を7STEPで紹介【成果の見込めるLPが作れます】

まとめ

LP(ランディングページ)について紹介しました。

まとめますと、LPには下記2つの意味があります。

  • 広義のLP=ユーザーが最初に到着するWebページ
  • 狭義のLP=ユーザーにアクションを促すためのWebページ

Web業界では、一般的に「LP=狭義のLP」という認識がほとんどです。

LPとHP(ホームページ)の違いは下記のとおりです。

LP(ランディングページ)HP(ホームページ)
目的ユーザーのアクションを起こしてもらう情報提供
集客方法Web広告がメイン検索エンジンがメイン
ユーザー狭いターゲット少し広めのターゲット

LPの特徴は下記のとおりです。

  • リンクが少ない
  • デザインが縦長
  • テキストより画像が多い
  • 大きなCTA LPを作成する

メリット・デメリットは下記の通りです。

LPを作成するメリットLPを作成するデメリット
・コンバージョンを獲得しやすい
・成果の把握がかんたん
・デザイン性の高いLPを作成できる
・運用リソースが発生する
・費用がかかる

今回のコラム記事を参考にして、LPの作成を検討してみましょう。

また、当サイト「ビズサイ」では、ホームページ制作サービス(サブスクリプション)を提供しています。

ビズサイではホームページの目的にあわせて3種類のプランを用意しており、お申込みから公開まで最短5営業日でホームページ制作ができます。

目的にあった最適なLP(ランディングページ)制作もお任せください(くわしいプラン内容はこちら)。

ホームページに関する記事

まずは無料でご相談ください。

※年末年始・土日祝は休業日となります
※受付時間 9:00~17:30
※担当者:佐藤 順規